Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)Muse細胞動員剤及び心筋障害への利用

(In Japanese)Muse細胞動員剤及び心筋障害への利用 UPDATE_EN

Patent code P180015257
File No. S2018-0206-N0
Posted date Sep 11, 2018
Application number P2018-010813
Publication number P2019-127463A
Date of filing Jan 25, 2018
Date of publication of application Aug 1, 2019
Inventor
  • (In Japanese)湊口 信也
  • (In Japanese)山田 好久
  • (In Japanese)湊口 信吾
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岐阜大学
Title (In Japanese)Muse細胞動員剤及び心筋障害への利用 UPDATE_EN
Abstract (In Japanese)
【課題】
 Muse細胞動員作用を有する化合物及び該化合物の心筋障害への利用の提供。
【解決手段】
 (1-(2-(1-ピリジニル-2-メチル-2,5-ジメチル-1H-ピロール-3-イル)-2-オキソエチル)-5-(トリフルオロメチル)ピリジン-2(1H)-オン等を有効成分とする、Muse細胞動員剤であって、障害された心筋組織の修復・再生のための組織修復・再生剤とする。
【選択図】
 なし
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

間葉系細胞画分に存在し、誘導操作なしに得られる、SSEA-3(Stage-Specific Embryonic Antigen-3)を表面抗原として発現している多能性幹細胞(Multilineage-differentiating Stress Enduring cells;Muse細胞)が間葉系細胞画分の有する多能性を担っていることが知られている。そして、経脈管的に投与されたMuse細胞が、スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)受容体2(S1PR2)を活性化する化合物(例えば、SIP自体)の投与部位に誘導されることから、当該化合物がMuse細胞の遊走因子であり、Muse細胞は、組織再生に基づく各種疾患の治療に適用できる可能性があることがわかってきている(特許文献1)。

また、S1PR2アゴニストである化合物が、内因性Muse細胞を血流中に動員し梗塞心筋組織を再生させうることも報告されている(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本明細書は、Muse細胞動員剤及びその利用に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の式(1)~(3)で表される化合物からなる群から選択される1種又は2種以上を有効成分とする、Muse細胞動員剤。
【化10】
 
(省略)

【請求項2】
 
経皮投与製剤である、請求項1に記載のMuse細胞動員剤。

【請求項3】
 
(3)皮下注射剤又は筋肉注射剤である、(1)又は(2)に記載のMuse細胞動員剤。

【請求項4】
 
以下の式(1)~(3)で表される化合物からなる群から選択される1種又は2種以上を有効成分とする、組織修復・再生剤。
【化11】
 
(省略)

【請求項5】
 
障害された心筋組織の修復・再生のための、(4)に記載の組織修復・再生剤。

【請求項6】
 
以下の式(1)~(3)で表される化合物からなる群から選択される1種又は2種以上を有効成分とする、心筋梗塞の予防又は治療剤。
【化12】
 
(省略)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close