Top > Search of Japanese Patents > FLEXIBLE RADIO CAP

FLEXIBLE RADIO CAP commons meetings

Patent code P180015258
File No. 2017001080
Posted date Sep 14, 2018
Application number P2017-106883
Publication number P2018-204122A
Date of filing May 30, 2017
Date of publication of application Dec 27, 2018
Inventor
  • (In Japanese)福田 伸子
  • (In Japanese)白川 直樹
Applicant
  • NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY
Title FLEXIBLE RADIO CAP commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a means for attaching a radio or a speaker to a body so as not to fall or hinder movement or visibility, when listening to radio broadcasts etc., during playing sports or work, or during watching sports.
SOLUTION: A radio is embedded in the hat, a brim portion of a baseball cap, the radio being made on a freely bendable material such as a plastic film, paper, nonwoven fabric, cloth etc., or the radio is made on a core material of the brim itself.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ハンズフリーに放送を聞き音楽を楽しむために小型ラジオ、携帯型ラジオを装着する帽子が報告されている(特許文献1、特許文献2)。

しかし、帽子側面のシート状ラジオの特別な嵌合手段(特許文献1)が必要であり、および、ゴムバンドによる(特許文献2)装着法では、ラジオ本体が剥き出しになっている。

また、着用可能で、かつ高品質なオーディオ・システム(携帯スピーカー)の例が報告されている(特許文献3)。

しかし、変換器(スピーカー用)を着脱可能なヘッドバンド等のアダプターに配置する必要がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はフレキシブルラジオを内蔵した帽子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
そのフレキシブルに湾曲するまたは固定的に湾曲した芯材と外装材とから成るつばまたはクラウンの内部に、前記芯材の湾曲する形状に沿って、ラジオ回路とその操作部を配置したフレキシブルな基板を固定、または直接ラジオ回路とその操作部を固定したことを特徴とする帽子。

【請求項2】
 
前記帽子は、野球帽、バイザー、ヘルメットであることを特徴とする請求項1に記載の帽子。

【請求項3】
 
前記芯材に所定の穴を設け、
前記所定の穴の底部に前記フレキシブルな基板をあるいは直接ラジオ回路とその操作部を固定したことを特徴とする請求項2に記載の帽子。

【請求項4】
 
前記芯材はフレキシブルなプラスチックフィルム、紙、不織布、または布からなる単層、または前記単層を重ねて接合した積層された芯材であって前記穴は前記単層に穴を穿ち、または前記単層をくり抜いたように設けたことを特徴とする請求項3に記載の帽子。

【請求項5】
 
さらに前記芯材に他の穴を設けてその穴に前記ラジオ回路に電力を供給する電池を保持する電池ホルダを固定したことを特徴とする請求項4に記載の帽子。

【請求項6】
 
さらに前記外装材の内側あるいは前記芯材に前記ラジオ回路に接続されるアンテナを縫い込むことを特徴とする請求項5に記載の帽子。

【請求項7】
 
さらに前記芯材に他の穴を設けてその穴の底部に前記ラジオ回路のオーディオ出力に接続されるスピーカーを固定したことを特徴とする請求項6に記載の帽子。

【請求項8】
 
前記外装材の一部から前記ラジオ回路のオーディオ出力に接続されイヤホン端子を終端とするケーブルを引き出したことを特徴とする請求項6に記載の帽子。

【請求項9】
 
前記フレキシブルな基板に前記ラジオ回路のオーディオ出力を無線送信する無線送信部を配置したことを特徴とする請求項6に記載の帽子。

【請求項10】
 
前記穴および他の穴が開口する面に対応する外装材を面ファスナまたはボタンで開閉可能な蓋に構成したことを特徴とする請求項7乃至請求項9のいずれか1項に記載の帽子。

【請求項11】
 
前記固定は、両面接着テープ、接着剤または縫合により固定したことを特徴とする請求項7乃至請求項10のいずれか1項に記載の帽子。

【請求項12】
 
前記ラジオ回路に代わってデジタルオーディオプレーヤー回路を前記配置しまたは前記固定したことを特徴とする請求項1から11に記載の帽子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017106883thum.jpg
State of application right Published
Reference ( R and D project ) (In Japanese)産総研フレキシブルエレクトロニクス研究センター
(In Japanese)ライセンス等を御希望の方又は特許の内容に興味を持たれた方は,下記「問合せ先」まで直接お問い合わせくださいますよう,お願い申し上げます。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close