Top > Search of Japanese Patents > CROSSLINKED POLYMER STRUCTURE AND USE FOR SAME

CROSSLINKED POLYMER STRUCTURE AND USE FOR SAME commons foreign

Patent code P180015268
File No. 2017001200
Posted date Sep 19, 2018
Application number P2017-512594
Patent number P6370996
Date of filing Apr 15, 2016
Date of registration Jul 20, 2018
International application number JP2016062099
International publication number WO2016167342
Date of international filing Apr 15, 2016
Date of international publication Oct 20, 2016
Priority data
  • P2015-085322 (Apr 17, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)須丸 公雄
  • (In Japanese)高木 俊之
  • (In Japanese)森下 加奈
  • (In Japanese)金森 敏幸
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人産業技術総合研究所
Title CROSSLINKED POLYMER STRUCTURE AND USE FOR SAME commons foreign
Abstract (In Japanese)基板上に光溶解性ポリマー層を積層する工程(a)と、前記光溶解性ポリマー層上に架橋性ポリマーを含有する層を積層する工程(b)と、前記架橋性ポリマーを含有する層に、架橋条件下でパターン状に光を照射して、前記架橋性ポリマーをパターン状に架橋させて架橋ポリマーシートを得る工程(c)と、架橋しなかった前記架橋性ポリマーを洗浄除去し、パターン状の前記架橋ポリマーシートを得る工程(d)と、前記光溶解性ポリマー層に、溶解条件下でパターン状に光を照射して、前記光溶解性ポリマー層をパターン状に溶解させ、前記架橋ポリマーシートをパターン状に基板から剥離させる工程(e)と、を備える、架橋ポリマー構造体の製造方法。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

バイオ・医療をはじめとする様々な分野において、表面に微細構造を有する材料の応用が盛んに検討されている。特に、細胞等を扱うマイクロ流体システムやデバイス等では、μmスケールの構造形成技術が注目されている。例えば、特許文献1には、細胞を保持するための細胞保持チャンバーを有し、前記細胞保持チャンバーは、少なくとも一つの組織体形成領域を含む底面と、当該細胞保持チャンバーに培養液を流入させるための流入口と、当該細胞保持チャンバーから当該培養液を流出させるための流出口と、を有し、前記組織体形成領域は、細胞接着性を示す1つの第一領域と、当該第一領域を囲み、当該第一領域に比べて低い細胞接着性を示す第二領域と、を含み、その面積が100~1×106μm2の範囲であることを特徴とする細胞組織体マイクロデバイスが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、架橋ポリマー構造体及びその使用に関する。より具体的には、架橋ポリマー構造体の製造方法、架橋ポリマー構造体製造用積層体、架橋ポリマー構造体、細胞培養用架橋ポリマー構造体、細胞培養方法、細胞隗の製造方法及び細胞隗に関する。本願は、2015年4月17日に、日本に出願された特願2015-085322号に基づき優先権を主張し、その内容をここに援用する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基板上に光溶解性ポリマー層を積層する工程(a)と、
前記光溶解性ポリマー層上に架橋性ポリマーを含有する層を積層する工程(b)と、
前記架橋性ポリマーを含有する層に、架橋条件下でパターン状に光を照射して、前記架橋性ポリマーをパターン状に架橋させて架橋ポリマーシートを得る工程(c)と、
架橋しなかった前記架橋性ポリマーを洗浄除去し、パターン状の前記架橋ポリマーシートを得る工程(d)と、
前記光溶解性ポリマー層に、溶解条件下でパターン状に光を照射して、前記光溶解性ポリマー層をパターン状に溶解させ、前記架橋ポリマーシートをパターン状に基板から剥離させる工程(e)と、
を備える、架橋ポリマー構造体の製造方法。

【請求項2】
 
パターン状に基板から剥離した前記架橋ポリマーシートを破断除去する工程(f)を更に備える、請求項1に記載の架橋ポリマー構造体の製造方法。

【請求項3】
 
前記架橋性ポリマーが、複数の水酸基を有する重量平均分子量2,000以上の化合物である、請求項1又は2に記載の架橋ポリマー構造体の製造方法。

【請求項4】
 
前記架橋性ポリマーが水溶性である、請求項1~3のいずれか一項に記載の架橋ポリマー構造体の製造方法。

【請求項5】
 
前記架橋性ポリマーが多糖又はその誘導体である、請求項1~4のいずれか一項に記載の架橋ポリマー構造体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017512594thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) Biotechnology Research Institute for Drug Discovery, Drug Assay Device Research Group


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close