TOP > 国内特許検索 > 把持方法及び装置

把持方法及び装置 (未公開特許出願) 新技術説明会

国内特許コード P180015271
掲載日 2018年9月19日
出願番号 特願2018-108624
出願日 平成30年6月6日(2018.6.6)
発明者
  • 岩附 信行
  • 近藤 尚登
出願人
  • 国立大学法人東京工業大学
発明の名称 把持方法及び装置 (未公開特許出願) 新技術説明会
発明の概要 不定形状または脆弱な物体の簡便な把持を可能にするために、2つの円環を多数の弾性索で並列接続し、円環に相対角変位を与えて2円環の間に位置する物体に全ての弾性索を絡ませることによって物体を弾性把持するとともに、さらに円環間に相対的な並進変位・角変位を与えることにより、把持物体の位置・姿勢を操作する機構と、その把持・操作挙動の解析手法。
国際特許分類(IPC)
未公開特許については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示等について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close