Top > Search of Japanese Patents > INTESTINAL BACTERIAL FLORA IMPROVING AGENT AND USE THEREOF

INTESTINAL BACTERIAL FLORA IMPROVING AGENT AND USE THEREOF

Patent code P180015287
File No. S2017-0235-N0
Posted date Sep 21, 2018
Application number P2017-000245
Publication number P2018-108968A
Date of filing Jan 4, 2017
Date of publication of application Jul 12, 2018
Inventor
  • (In Japanese)中井 博之
  • (In Japanese)栗原 新
  • (In Japanese)片山 高嶺
  • (In Japanese)北岡 本光
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人新潟大学
  • (In Japanese)石川県公立大学法人
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title INTESTINAL BACTERIAL FLORA IMPROVING AGENT AND USE THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide intestinal bacterial flora improving agents which can specifically proliferate probiotics bacteria, as well as to provide efficient proliferation promoting methods of Bifidobacterium and proliferation inhibiting methods of Clostridium difficile.
SOLUTION: The intestinal bacterial flora improving agent of the present invention contains galactosyl-β-1,4-rhamnose, or an analog thereof, or a pharmaceutically acceptable salt thereof as an active ingredient. The pharmaceutical composition for improving intestinal bacterial flora according to the invention comprises at least either among the intestinal bacterial flora improving agent as well as a pharmaceutically acceptable carrier and a diluent. The proliferation promoting method of Bifidobacterium according to the invention comprises administering galactosyl-β-1,4-rhamnose or an analog thereof, or a pharmaceutically acceptable salt thereof. The proliferation inhibiting method of Clostridium difficile according to the invention comprises administering galactosyl-β-1,4-rhamnose or an analog thereof, or a pharmaceutically acceptable salt thereof to a subject who carries Clostridium difficile.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

腸内常在菌叢のバランスの崩壊により様々な疾病が発生すること、又は様々な疾病に特徴的な腸内常在菌叢が報告されてきており、腸内細菌叢制御の重要性への認識が近年高まってきている。
例えば、偽膜性腸炎患者の腸管内ではクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile;C.difficile)が異常増殖し、ディフィシル毒素を盛んに放出して炎症を誘発している。偽膜性腸炎は近年増加している疾患であるが、抗生剤が効果を示さないケースも多く、健常成人の糞便をカテーテル経由で十二指腸に注入する糞便移植が最も効果的な治療法である。

また、従来の腸内細菌叢制御する方法としては、プロバイオティクス及びプレバイオティクスが挙げられる。プロバイオティクスは、腸内細菌叢のバランスを改善し、体に良い作用をもたらす生きた細菌を示す。一方、プレバイオティクスは、宿主による消化に対する耐性をもつこと、及びプロバイオティクス細菌の資化性の条件を満たす摂食可能な化合物を示す。

現在までに、オリゴ糖(例えば、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノース、ラクチュロース、コーヒー豆マンノオリゴ糖、グルコン酸等)や食物繊維の一部(例えば、ポリデキストロース、イヌリン等)がプレバイオティクスとしての要件を満たす食品成分として認められている。プレバイオティクスの摂取により、乳酸菌及びビフィズス菌増殖促進作用、整腸作用、ミネラル吸収促進作用、炎症性腸疾患への予防及び改善作用、等の人の健康に有益な効果が報告されている。例えば、マンノオリゴ糖は、ビフィドバクテリウム(Bifidobacterium)菌とラクトバチルス(Lactobacillus)菌の両者を増殖させることが報告されている(例えば、特許文献1参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、腸内細菌叢改善剤、腸内細菌叢改善用の医薬組成物、飲食品、ビフィズス菌の増殖促進方法、及びクロストリジウム・ディフィシルの増殖抑制方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ガラクトシル-β-1,4-ラムノース若しくはその類縁体、又はそれらの薬学的に許容できる塩を有効成分として含有することを特徴とする腸内細菌叢改善剤。

【請求項2】
 
請求項1に記載の腸内細菌叢改善剤、並びに薬学的に許容できる担体及び希釈剤のうち少なくともいずれかを含むことを特徴とする腸内細菌叢改善用の医薬組成物。

【請求項3】
 
請求項1に記載の腸内細菌叢改善剤を含むことを特徴とする飲食品。

【請求項4】
 
ガラクトシル-β-1,4-ラムノース若しくはその類縁体、又はそれらの薬学的に許容できる塩を投与することを特徴とするビフィズス菌の増殖促進方法。

【請求項5】
 
増殖促進されるビフィズス菌がビフィドバクテリウム・インファンティスである請求項4に記載のビフィズス菌の増殖促進方法。

【請求項6】
 
クロストリジウム・ディフィシルを保菌する被検体にガラクトシル-β-1,4-ラムノース若しくはその類縁体、又はそれらの薬学的に許容できる塩を投与することを特徴とするクロストリジウム・ディフィシルの増殖抑制方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close