Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF PREPARING ENDOTHELIAL PROGENITOR CELL

METHOD OF PREPARING ENDOTHELIAL PROGENITOR CELL

Patent code P180015290
File No. S2017-0211-N0
Posted date Sep 21, 2018
Application number P2017-002691
Publication number P2018-110548A
Date of filing Jan 11, 2017
Date of publication of application Jul 19, 2018
Inventor
  • (In Japanese)松永 民秀
  • (In Japanese)坡下 真大
  • (In Japanese)青木 啓将
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人名古屋市立大学
Title METHOD OF PREPARING ENDOTHELIAL PROGENITOR CELL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide novel means for conveniently and inexpensively preparing endothelial progenitor cells.
SOLUTION: An endothelial progenitor cell is prepared through the steps in which: (1) an induced pluripotent stem cell is cultured to form a bursal structure, (2) a cell population constituting the bursal structure is separated, (3) the separated cell population is inoculated on a culture surface coated with a material containing a basal membrane component, and in the presence of a vascular endothelial growth factor, cultured is a cell showing adhesiveness to the culture surface.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

血管内皮前駆細胞(EPC)は骨髄や血液中に存在する未分化な細胞であり、その機能ないし役割に関して、血流に乗って虚血部位に集積し、血管内皮細胞に分化して新しい血管を形成することや、血管新生を促す因子を分泌して新生血管の形成を促進することが知られている。新生血管形成という特性から、EPCは冠動脈疾患や下肢虚血性疾患等の重傷虚血性疾患に対する再生療法に用いることが可能であり、実際に虚血性疾患に対する臨床試験で良好な成績が得られている。EPCは研究対象として非常に注目されており、EPCの生体からの効率の良い選別・単離方法や、虚血性疾患モデルマウスを用いたEPCの注入実験等様々な実験が行われている。さらに、胚性幹細胞(ES細胞)及び人工多能性幹細胞(iPS細胞)から分化させたEPCと虚血性疾患モデルマウスを用いた血管再生実験や、リンパ管内皮細胞や脳毛細血管内皮細胞などの特殊な内皮細胞への分化方法の確立など、EPCの研究内容は多岐に渡っている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem:iPS)から血管内皮前駆細胞を調製する方法及びその用途に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の工程(1)~(3)を含む、血管内皮前駆細胞の調製方法:
(1)人工多能性幹細胞を培養し、嚢状構造物を形成させる工程、
(2)前記嚢状構造物を構成する細胞集団を分離する工程、
(3)分離した細胞集団を、基底膜成分を含む材料でコートした培養面上に播種し、血管内皮増殖因子の存在下、培養面に接着性を示す細胞を培養する工程。

【請求項2】
 
工程(1)の培養が、フィーダー細胞の存在下で行われる、請求項1に記載の調製方法。

【請求項3】
 
工程(1)の培養が、フィーダー細胞の非存在下で行われる、請求項1に記載の調製方法。

【請求項4】
 
工程(1)の培養期間が8日間~20日間である、請求項1~3のいずれか一項に記載の調製方法。

【請求項5】
 
前記基底膜成分が、フィブロネクチン、コラーゲンタイプIV、コラーゲンタイプI、ビトロネクチン、ラミニン、エンタクチン及びバーレクチンからなる群より選択される一以上の物質である、請求項1~4のいずれか一項に記載の調製方法。

【請求項6】
 
前記基底膜成分がフィブロネクチンとコラーゲンタイプIVである、請求項1~4のいずれか一項に記載の調製方法。

【請求項7】
 
工程(3)の培養期間が5日間~30日間である、請求項1~6のいずれか一項に記載の調製方法。

【請求項8】
 
工程(3)において、少なくとも1回の継代培養が行われる、請求項1~7のいずれか一項に記載の調製方法。

【請求項9】
 
前記継代培養の回数が1回~7回である、請求項8に記載の調製方法。

【請求項10】
 
工程(3)の前、及び/又は工程(3)の途中で不要成分が除去される、請求項1~9のいずれか一項に記載の調製方法。

【請求項11】
 
人工多能性幹細胞がヒト人工多能性幹細胞である、請求項1~10のいずれか一項に記載の調製方法。

【請求項12】
 
請求項1~11のいずれか一項に記載の調製方法で得られた血管内皮前駆細胞。

【請求項13】
 
請求項12に記載の血管内皮前駆細胞を含む、細胞製剤。

【請求項14】
 
請求項12に記載の血管内皮前駆細胞の、in vitroでの血管の構築又はヒト血液脳関門モデルの構築への使用。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close