TOP > 国内特許検索 > 応力センサ

応力センサ NEW 新技術説明会

国内特許コード P180015302
整理番号 (S2016-0099-N0)
掲載日 2018年9月25日
出願番号 特願2017-548817
出願日 平成28年11月2日(2016.11.2)
国際出願番号 JP2016082631
国際公開番号 WO2017078083
国際出願日 平成28年11月2日(2016.11.2)
国際公開日 平成29年5月11日(2017.5.11)
優先権データ
  • 特願2015-216995 (2015.11.4) JP
発明者
  • 古川 怜
出願人
  • 国立大学法人電気通信大学
発明の名称 応力センサ NEW 新技術説明会
発明の概要 本応力センサは、第1の波長及び前記第1の波長とは異なる第2の波長の光を発する光源と、前記第1の波長及び前記第2の波長の光が入射する光導波路と、を有し、前記光導波路は、蛍光色素を分散させたコア、及び前記コアの周囲を覆うクラッド、を備え、前記蛍光色素は、前記第1の波長の光に励起されて第3の波長の光を発光し、前記第2の波長及び前記第3の波長は可視光域にある。
従来技術、競合技術の概要


近年、水素自動車の将来的普及に備え、水素用ボンベの開発が進んでいる。自動車に搭載するボンベは軽量である必要があるため、炭素繊維(カーボンファイバー)等の軽量さと高い機械的耐久性を兼ね揃える新素材の開発も著しい。一方で、このような新素材を用いたボンベに、一般的な鋼ボンベほどの機械的強度を持たせることは難しい。



又、水素は引火性の高い物質であるため、自動車へ搭載する際には、接触事故等の際の安全性を確保する必要がある。従って、水素用ボンベの膨張の検知は重要である。水素用ボンベの膨張の検知には、例えば、金属製ひずみゲージを用いることができる。



又、光ファイバーを用いたセンサが知られており(例えば、特許文献1、2参照)、水素用ボンベの膨張の検知には、例えば、波長シフトを利用するOTDR(Optical Time-Domain Reflectometer)式光ファイバー応力センサを用いることができる。

産業上の利用分野


本発明は、応力センサに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
第1の波長及び可視光域にある第2の波長の光を発する光源と、
前記第1の波長及び前記第2の波長の光が入射する光導波路と、を有し、
前記光導波路は、蛍光色素を分散させたコア、及び前記コアの周囲を覆うクラッド、を備え、
前記蛍光色素は、前記第1の波長の光に励起されて可視光域にある第3の波長の光を発光する応力センサ。

【請求項2】
第1の波長の光を発する光源と、
前記第1の波長の光が入射する光導波路と、
前記光導波路の側面を覆うように検知対象に貼り付けられる散乱性部材と、を有し、
前記光導波路は、蛍光色素を分散させたコア、及び前記コアの周囲を覆うクラッド、を備え、
前記蛍光色素は、前記第1の波長の光に励起されて可視光域にある第3の波長の光を発光する応力センサ。

【請求項3】
前記光導波路の側面を覆うように検知対象に貼り付けられる散乱性部材を有する請求項1に記載の応力センサ。

【請求項4】
複数の前記散乱性部材を有し、
夫々の前記散乱性部材は、前記光導波路の側面の複数箇所を覆うように検知対象に貼り付けられる請求項3に記載の応力センサ。

【請求項5】
検知対象はボンベであり、
前記光導波路を前記ボンベに巻きつけて使用する請求項1に記載の応力センサ。
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2017548817thum.jpg
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close