Top > Search of Japanese Patents > TRANSDIFFERENTIATION CONTROL METHOD AND SUBSTRATE

TRANSDIFFERENTIATION CONTROL METHOD AND SUBSTRATE

Patent code P180015315
File No. 08161
Posted date Oct 2, 2018
Application number P2013-138298
Publication number P2015-008701A
Patent number P6399734
Date of filing Jul 1, 2013
Date of publication of application Jan 19, 2015
Date of registration Sep 14, 2018
Inventor
  • (In Japanese)三好 洋美
  • (In Japanese)西村 美紀
  • (In Japanese)安達 泰治
  • (In Japanese)山形 豊
  • (In Japanese)菅原 路子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人理化学研究所
Title TRANSDIFFERENTIATION CONTROL METHOD AND SUBSTRATE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for controlling transdifferentiation of a cell, wherein a remaining chemical element does not adversely affect a living body at a time of transplantation of the cell that is the object to be controlled to the living body in such a case that cell differentiation and the like are to be controlled using chemical elements in liquid.
SOLUTION: A cell is differentiated or transformed into a desired cell by the steps of: preparing a substrate having a shape with recesses/protrusions that induces at least any one of stress fiber, lobopodium, and filopodium of an original cell on the basis of the combination of type of the original cell having any one of differentiation potency and transformation potency and type of the desired cell obtained by differentiating or transforming the original cell; and inducing at least any one of stress fiber, lobopodium, and filopodium of the original cell by means of the shape with recesses/protrusions by placing the original cell on the substrate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

細胞の分化、生存、増殖、免疫活性制御等を、液中の化学因子で制御することが知られている(例えば、文献1参照)。
文献1:Stella Pearson, Patrycja Sroczynska, Georges Lacaud and Valerie Kouskoff (2008)
"The stepwise specification of embryonic stem cells to hematopoietic fate is driven by sequential exposure to Bmp4, activin A, bFGF and VEGF, Development, 135, 1525-1535

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、分化転換制御方法および基板に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
間葉系幹細胞又は線維芽細胞の葉状仮足を優位に誘導する方法であって、
前記方法は、柱状体の凹凸形状が一軸方向及び該一軸方向と異なる軸方向にそれぞれ主間隙及び該主間隙と異なる幅の副間隙を設けて矩形格子状に配設された基板上に前記の間葉系幹細胞又は線維芽細胞を載置する方法であり、
前記主間隙の幅は5μmから10μmであり、
前記副間隙の幅は5μmから10μmの範囲内前記主間隙の幅より小さく、
前記柱状体の側面は細胞接着性物質でコートされ、上面は細胞非接着性物質でコートされている、方法。

【請求項2】
 
間葉系幹細胞又は線維芽細胞の糸状仮足を優位に誘導する方法であって、
前記方法は、柱状体の凹凸形状が一軸方向及び該一軸方向と異なる軸方向にそれぞれ主間隙及び該主間隙と異なる幅の副間隙を設けて矩形格子状に配設された基板上に前記の間葉系幹細胞又は線維芽細胞を載置する方法であり、
前記主間隙の幅は5μmから10μmであり、
前記副間隙の幅は3μmから5μm未満であり、
前記柱状体の側面は細胞接着性物質でコートされ、上面は細胞非接着性物質でコートされている、方法。

【請求項3】
 
間葉系幹細胞又は線維芽細胞の葉状仮足を優位に誘導するための基板であって、
前記基板上には柱状体の凹凸形状が一軸方向及び該一軸方向と異なる軸方向にそれぞれ主間隙及び該主間隙と異なる幅の副間隙を設けて矩形格子状に配設されており、
前記主間隙の幅は5μmから10μmであり、
前記副間隙の幅は5μmから10μmの範囲内前記主間隙の幅より小さく、
前記柱状体の側面は細胞接着性物質でコートされ、上面は細胞非接着性物質でコートされている、基板。

【請求項4】
 
間葉系幹細胞又は線維芽細胞の糸状仮足を優位に誘導するための基板であって、
前記基板上には柱状体の凹凸形状が一軸方向及び該一軸方向と異なる軸方向にそれぞれ主間隙及び該主間隙と異なる幅の副間隙を設けて矩形格子状に配設されており、
前記主間隙の幅は5μmから10μmであり、
前記副間隙の幅は3μmから5μm未満であり、
前記柱状体の側面は細胞接着性物質でコートされ、上面は細胞非接着性物質でコートされている、基板。

【請求項5】
 
ガラス、シリコン、又は樹脂により一体的に形成された請求項3又は4に記載の基板。

【請求項6】
 
請求項3又は4に記載の基板が底面に配されたシャーレ。

【請求項7】
 
請求項3又は4に記載の基板が底面に配されたウェルプレート。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013138298thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close