Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING PARTICLE, PRODUCTION APPARATUS AND PARTICLE

METHOD FOR PRODUCING PARTICLE, PRODUCTION APPARATUS AND PARTICLE

Patent code P180015317
File No. 07748
Posted date Oct 2, 2018
Application number P2010-042423
Publication number P2011-179045A
Patent number P5614678
Date of filing Feb 26, 2010
Date of publication of application Sep 15, 2011
Date of registration Sep 19, 2014
Inventor
  • (In Japanese)工藤 聡
  • (In Japanese)折井 孝彰
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人理化学研究所
Title METHOD FOR PRODUCING PARTICLE, PRODUCTION APPARATUS AND PARTICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology for preventing the agglomeration of core particles which become cores of particles, without spoiling the original properties of the core particles.
SOLUTION: A method for producing particles includes: a dispersion step of dispersing the core particles in a gas containing a gaseous photopolymerizable monomer; and a photopolymerization step of irradiating the gaseous monomers with light in the state of making the gaseous monomers contact the surface of the core particles thereby to cause a photopolymerization reaction between molecules of the monomers on the surface of the core particles.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

粒子の特性を維持するためには、その凝集を防ぐ技術が必要とされている。

粒子の凝集を防ぐ方法として、粒子を溶液中に分散させるために、核となる粒子に結合可能な基(アミノ基、チオール基等)と、粒子の溶液への分散を促進する基(アルキル基、水酸基等)とを持つ分子(界面活性剤等)を、核となる粒子に結合させる方法が知られている(特許文献1および2、非特許文献1)。

また、特許文献3には、超微粒子を核として気相でSiO2を成長させてガラスカプセルを形成する方法が記載されている。この方法は、水素化シリコンあるいはシリコンアルコキシドと酸素との混合気体を、熱、プラズマ、光などで励起するものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、粒子の製造方法および製造装置ならびに粒子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光重合する気体状の単量体を含む気体中に核粒子を分散させる分散工程と、
上記核粒子の表面に上記気体状の単量体を接触させた状態で光を照射することによって、当該核粒子の表面において当該単量体を分子間において光重合させる光重合工程とを有し、
上記核粒子は、粒径が1nm~100nmの固体のナノ粒子であり、
上記単量体は、下記式(2)
【化1】
 
(省略)
(上記式(2)中、R4は置換基があってもよいアリール基を表し、R5はアルキル基またはアルケニル基を表す)
で表されることを特徴とする粒子の製造方法。

【請求項2】
 
上記式(2)において、R4は置換基があってもよいフェニル基を表し、R5は炭素数1~8のアルキル基、または炭素数1~6のアルケニル基を表すことを特徴とする請求項1に記載の粒子の製造方法。

【請求項3】
 
光重合する気体状の単量体を含む気体中に核粒子が分散されている混合気体が導入される反応容器と、
上記反応容器内に、上記単量体を光重合させるための光を照射する光源とを備えており、
上記核粒子は、粒径が1nm~100nmの固体のナノ粒子であり、
上記単量体は、下記式(2)
【化2】
 
(省略)
(上記式(2)中、R4は置換基があってもよいアリール基を表し、R5はアルキル基またはアルケニル基を表す)
で表されることを特徴とする粒子の製造装置。

【請求項4】
 
上記反応容器内の混合気体に含まれる粒子を分級するための分級手段をさらに備えていることを特徴とする請求項3に記載の粒子の製造装置。

【請求項5】
 
請求項1または2に記載の粒子の製造方法を用いて製造されたことを特徴とする粒子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010042423thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close