Top > Search of Japanese Patents > POWER TRANSMISSION DEVICE AND MACHINING DEVICE IN ORAL CAVITY

POWER TRANSMISSION DEVICE AND MACHINING DEVICE IN ORAL CAVITY meetings

Patent code P180015319
File No. 17P049
Posted date Oct 2, 2018
Application number P2018-094261
Publication number P2019-198444A
Date of filing May 16, 2018
Date of publication of application Nov 21, 2019
Inventor
  • (In Japanese)菊地 聖史
Applicant
  • KAGOSHIMA UNIVERSITY
Title POWER TRANSMISSION DEVICE AND MACHINING DEVICE IN ORAL CAVITY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a power transmission device that can be implemented small though backlash is reduced, and relative displacement due to torque is hard to occur in a gear.
SOLUTION: A flexibility rotary shaft 20 for supporting a worm 10A is held in a state having flexure by a first bearing member 51 and a second bearing member 52. The worm 10A is pushed to a worm wheel 30A by the restoring force of the flexibility rotary shaft 20. The first bearing member 51 prevents the relative displacement in the in-plane direction parallel to the α γ plane being perpendicular to the length direction of the flexibility rotary shaft 20 in a first holding portion 21 of the first holding portion 21 of the flexibility rotary shaft 20. The second bearing member 52 prevents the relative displacement of the intersecting direction intersecting in the α β plane parallel to the length direction of the flexibility rotary shaft 20 in the first holding portion 21 and the direction where the worm 10A is forced on a worm wheel 30A of the second holding portion 22 of the flexibility rotary shaft 20.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1に開示されるように、互いに噛み合うウォーム及びウォームホイールと、それらウォームとウォームホイールとの間のバックラッシュを低減するために、ウォームをウォームホイールに押し付ける板ばねとを備える動力伝達装置が知られている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、動力伝達装置と、これを備える口腔内加工装置とに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
相手歯車と噛み合う歯車と、
可撓性を有する素材で形成され、前記歯車を支持する可撓回転軸と、
前記可撓回転軸の撓みに対する復元力によって、前記歯車が前記相手歯車に押し付けられるように、前記撓みを有する状態に前記可撓回転軸を保持する保持部材と、
を備え、
前記保持部材が、各々前記可撓回転軸を回転可能に保持し、かつ互いに前記可撓回転軸に沿う方向に離間して配置されている第1軸受け部材及び第2軸受け部材を有し、
前記第1軸受け部材が、前記可撓回転軸における前記第1軸受け部材によって保持される第1保持部分の、前記第1保持部分における前記可撓回転軸の長さ方向と直交する第1仮想平面に平行な面内方向の、前記相手歯車に対する相対変位を阻止しており、
前記第2軸受け部材が、前記可撓回転軸における前記第2軸受け部材によって保持される第2保持部分の、前記第1保持部分における前記可撓回転軸の長さ方向と前記歯車が前記相手歯車に押し付けられる方向とに平行な第2仮想平面に交差する交差方向の、前記相手歯車に対する相対変位を阻止している、
動力伝達装置。

【請求項2】
 
前記第2軸受け部材が、前記第2保持部分の、前記歯車が前記相手歯車に押し付けられる向きの、前記相手歯車に対する相対変位を許容している、
請求項1に記載の動力伝達装置。

【請求項3】
 
前記第2軸受け部材が、前記第2保持部分の、前記歯車が前記相手歯車に押し付けられる向き及び前記歯車が前記相手歯車から遠ざかる向きの、前記相手歯車に対する相対変位も阻止している、
請求項1に記載の動力伝達装置。

【請求項4】
 
前記歯車が、前記第1軸受け部材と前記第2軸受け部材との間に配置されている、
請求項1から3のいずれか1項に記載の動力伝達装置。

【請求項5】
 
歯牙及び骨を加工可能な加工ヘッドと、
請求項1から4のいずれか1項に記載の動力伝達装置によって構成されている第1動力伝達装置と、前記第1動力伝達装置を構成する前記歯車としての第1ウォームと噛み合う前記相手歯車としての第1ウォームホイールとを有し、前記第1ウォームの回転に伴う前記第1ウォームホイールの回転によって、前記加工ヘッドを、口腔の内部において第1方向に変位させる第1変位機構と、
請求項1から4のいずれか1項に記載の動力伝達装置によって構成されている第2動力伝達装置と、前記第2動力伝達装置を構成する前記歯車としての第2ウォームと噛み合う前記相手歯車としての第2ウォームホイールとを有し、前記第2ウォームの回転に伴う前記第2ウォームホイールの回転によって、前記加工ヘッドを、前記口腔の内部において前記第1方向と直交する第2方向に変位させる第2変位機構と、
を備える、口腔内加工装置。

【請求項6】
 
前記第1ウォームホイールを支持する役割と、前記第2ウォームホイールを支持する役割とを兼ねる共通回転軸をさらに備え、
前記第2動力伝達装置を構成する前記保持部材が、前記第1ウォームホイールに取り付けられており、
前記第1方向とは、前記第1ウォームホイールが回転するθ方向であり、
前記第2方向とは、前記共通回転軸に平行なz方向である、
請求項5に記載の口腔内加工装置。

【請求項7】
 
それぞれ前記口腔の外部に設置される第1モータ及び第2モータと、
前記第1モータの回転を、前記第1動力伝達装置を構成する前記可撓回転軸に伝達する第1フレキシブルシャフトと、
前記第2モータの回転を、前記第2動力伝達装置を構成する前記可撓回転軸に伝達する第2フレキシブルシャフトと、
をさらに備える、請求項5又は6に記載の口腔内加工装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018094261thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close