TOP > 国内特許検索 > 固体微粒子で被覆された金属を含む複合体の製造方法

固体微粒子で被覆された金属を含む複合体の製造方法 (未公開特許出願) 新技術説明会

国内特許コード P180015322
整理番号 2017-024
掲載日 2018年10月3日
出願番号 特願2017-200202
出願日 平成29年10月16日(2017.10.16)
発明者
  • 西山 宏昭
  • 梅津 寛
出願人
  • 国立大学法人山形大学
発明の名称 固体微粒子で被覆された金属を含む複合体の製造方法 (未公開特許出願) 新技術説明会
発明の概要 酸化チタンやアパタイト、ITOなどのセラミックスの微粒子からレーザーを用いてマイクロ配線を描画できる。溶液中で実施するため粉体材料の飛散がなく、熱処理やエッチング工程が不要であり、光プロセスでありながら原材料に感光性が必要なく、限定されない。粒子は結晶性を維持するため、本来の機能を期待できる。
未公開特許(まだ出願公開されていない特許)については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示にあたっては、別途、大学と秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。
その手続き等について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」までお問い合わせ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close