TOP > 国内特許検索 > αヘルペスウイルス感染を処置する方法及び医薬組成物

αヘルペスウイルス感染を処置する方法及び医薬組成物 (未公開特許出願) NEW

国内特許コード P180015330
整理番号 FU-307
掲載日 2018年10月11日
出願番号 特願2018-019505
出願日 平成30年2月6日(2018.2.6)
発明者
  • 田中 聖一
出願人
  • 学校法人福岡大学
発明の名称 αヘルペスウイルス感染を処置する方法及び医薬組成物 (未公開特許出願) NEW
発明の概要 Crispr-Cas9を用いた潜伏感染オーエスキー病ウイルス(PRV)の再活性化抑制の試みたところ、PRVの初感染だけでなく潜伏感染ウイルスの再活性化をも抑制できることがわかった。本発明によりヘルペスウイルの新たな治療・予防法を提供する。
参考情報 (研究プロジェクト等) 福岡大学研究者情報
未公開特許(まだ出願公開されていない特許)については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示にあたっては、別途、福岡大学と秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。
その手続き等について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close