TOP > 国内特許検索 > NR5A1発現抑制剤および医薬組成物

NR5A1発現抑制剤および医薬組成物 (未公開特許出願) NEW

国内特許コード P180015331
整理番号 FU-310
掲載日 2018年10月11日
出願番号 特願2018-038982
出願日 平成30年3月5日(2018.3.5)
発明者
  • 柳瀬敏彦
  • 大江賢治
  • 田中智子
出願人
  • 学校法人福岡大学
発明の名称 NR5A1発現抑制剤および医薬組成物 (未公開特許出願) NEW
発明の概要 NR5A1は、ステロイドホルモン受容体スーパーファミリーに属する核内転写因子であり、ステロイド合成酵素遺伝子の発現調節や副腎皮質細胞の核内で発現していることが知られているが、NR5Aを作用標的とする薬剤は知られていない。本発明は、NR5A1の発現を抑制可能なNR5A1発現調節剤を提供する
参考情報 (研究プロジェクト等) 福岡大学医学部内分泌・糖尿病内科
未公開特許(まだ出願公開されていない特許)については、上記項目のみについて公開しています。詳細内容の開示にあたっては、別途、福岡大学と秘密保持契約を締結していただくことが必要となります。
その手続き等について、詳しくお知りになりたい方は下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close