Top > Search of Japanese Patents > IPOMOEA BATATAS SEEDLING AND PREPARATION METHOD THEREOF, AS WELL AS IPOMOEA BATATAS CULTIVATION METHOD

IPOMOEA BATATAS SEEDLING AND PREPARATION METHOD THEREOF, AS WELL AS IPOMOEA BATATAS CULTIVATION METHOD

Patent code P180015363
File No. 1741-16P067
Posted date Oct 25, 2018
Application number P2017-043136
Publication number P2018-143188A
Date of filing Mar 7, 2017
Date of publication of application Sep 20, 2018
Inventor
  • (In Japanese)下田代 智英
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title IPOMOEA BATATAS SEEDLING AND PREPARATION METHOD THEREOF, AS WELL AS IPOMOEA BATATAS CULTIVATION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide Ipomoea batatas seedlings that have high storage properties, have specification properties suitable for machine planting, and can harvest tuberous roots having stable yield, high specification properties and high quality, and to provide preparation methods thereof.
SOLUTION: The present invention relates to a method for a preparing Ipomoea batatas seedling which has 2 to 4 nodes 12 and in which a petiole 14 of a node and a developed leaf blade 15 are removed, the method comprising a preparation step of preparing an Ipomoea batatas stem having two or more nodes; a removal step of removing the petiole of a node and the developed leaf blade from the Ipomoea batatas stem having two or more nodes; and a cutting step of cutting the Ipomoea batatas stem which has 2 or more nodes and in which the petiole of a node and the developed leaf blade are removed to obtain an Ipomoea batatas seedling which has 2 to 4 nodes and in which the petiole of a node and the developed leaf blade are removed. The invention also relates to an Ipomoea batatas seedling which has 2 to 4 nodes and in which a petiole of a node and a developed leaf blade are removed. The invention also relates to an Ipomoea batatas cultivation method using the Ipomoea batatas.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

サツマイモ又は甘藷(イポモエア・バタタス(Ipomoea batatas))は、ヒルガオ科サツマイモ属に分類される植物である。サツマイモの栽培においては、育苗及び採苗を経て定植するまでに、栽培の全労働時間の約半分を費やすとされている。このため、育苗及び定植の労力分散、省力化、並びに/又は完全自動化のための技術開発が求められている。

例えば、特許文献1は、塊根小切片による甘藷育苗法を記載する。当該文献に記載の方法は、塊根小切片から不定芽を形成させて、育苗する。当該文献は、前記方法により、芽長が3 cm~22 cmであり、節数が5~15節である甘藷の苗を得ることができると記載する。

非特許文献1及び2は、サツマイモのセル苗の生産法を記載する。当該文献は、伸長したサツマイモのほふく茎を各節の直下で切断し、腋芽を有した切断茎1節をセルトレイ中の培土に挿苗することにより、サツマイモのセル苗を大量に生産することができると記載する。

特許文献2、並びに非特許文献3及び4は、サツマイモの種芋又は塊根片を直播する方法を記載する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、サツマイモの苗及びその作成方法、並びにサツマイモの栽培方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2~4個の節を有し、且つ該節の葉柄及び展開した葉身が除去されているサツマイモの苗を作成する方法であって、
2個以上の節を有するサツマイモの茎を準備する、準備工程、
2個以上の節を有するサツマイモの茎から、該節の葉柄及び展開した葉身を除去する、除去工程、
2個以上の節を有し、且つ該節の葉柄及び展開した葉身が除去されているサツマイモの茎を切断して、2~4個の節を有し、且つ該節の葉柄及び展開した葉身が除去されているサツマイモの苗を得る、切断工程、
を含む、前記方法。

【請求項2】
 
2~4個の節を有し、且つ該節の葉柄及び展開した葉身が除去されているサツマイモの苗。

【請求項3】
 
3個の節を有する、請求項2に記載のサツマイモの苗。

【請求項4】
 
5~15 cmの範囲の茎長を有する、請求項2又は3に記載のサツマイモの苗。

【請求項5】
 
請求項2~4のいずれか1項に記載のサツマイモの苗を、10~20 cmの範囲の株間隔で定植する、定植工程、
を含む、サツマイモを栽培する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017043136thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close