Top > Search of Japanese Patents > EXTRACELLULAR POTENTIAL MEASURING DEVICE, AND EXTRACELLULAR POTENTIAL MEASURING METHOD

EXTRACELLULAR POTENTIAL MEASURING DEVICE, AND EXTRACELLULAR POTENTIAL MEASURING METHOD UPDATE_EN commons meetings

Patent code P180015368
File No. KIT14013
Posted date Oct 29, 2018
Application number P2014-140645
Publication number P2016-015912A
Patent number P6550694
Date of filing Jul 8, 2014
Date of publication of application Feb 1, 2016
Date of registration Jul 12, 2019
Inventor
  • (In Japanese)安田 隆
  • (In Japanese)八尋 寛司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
  • (In Japanese)STEMバイオメソッド株式会社
Title EXTRACELLULAR POTENTIAL MEASURING DEVICE, AND EXTRACELLULAR POTENTIAL MEASURING METHOD UPDATE_EN commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an extracellular potential measuring device and an extracellular potential measuring method which enable potential measurement of a cellular tissue for a long period of time, and control of medication stimulus to the cellular tissue.
SOLUTION: An extracellular potential measuring device 10 comprises a cell culture membrane 11 which mounts a cell A on a surface and cultures the cell, in which the cell culture membrane 11 has: a membrane body 14 formed of an insulation material; at least one micro-electrode 15 which is placed on the surface of the membrane body 14 in an exposed manner; and electrode wiring 16 connected to the micro-electrode 15. At least one supply hole 17 for supplying a predetermined component B from a rear surface side to the cell A is formed in the membrane body 14.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

細胞外の多点の電位を同時計測することが可能なデバイスが、再生医療分野における細胞機能評価、創薬分野における薬効評価、神経生理学分野における細胞機能の解明などを目的に広く利用されている。このデバイスは、細胞培養面に多数の微小電極がアレイ状に配置された構造を有し、この面上に載置された神経系細胞や心筋細胞及びこれらの組織の細胞外電位を測定することができる(特許文献1~4参照)。

しかしながら、上述の従来の細胞外電位計測デバイスにおいては、比較的大きな細胞組織片の電位計測を行う際に、細胞組織と細胞培養面とが接触する領域で、栄養分や酸素等が枯渇して細胞組織が部分的に壊死してしまうことがある。そのため、長期的に安定した電位計測を行うことが困難である。また、従来の細胞外電位計測デバイスにおいては、細胞組織に対して薬剤刺激を行う際に、薬剤を均一に溶解した溶液を全ての細胞に対して均等に作用させることしかできず、薬剤刺激を時間及び場所的に制御することが難しい。例えば、細胞組織の特定部位に対して局所的に薬剤刺激をするためには、外部からガラスピペットなどの先端をその特定部位に近づけ、その先端から薬剤放出するなどの手法をとらざるを得ない。この手法は、複雑かつ慎重な操作を伴い、薬剤刺激の量や位置の制御性が良くない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、細胞外電位計測デバイス及びこれを用いた細胞外電位計測方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
表面に細胞の集合体である細胞組織を載置して培養する細胞培養膜を備え、
該細胞培養膜が、
絶縁材料から形成される膜本体と、
該膜本体の表面に露出して配置される複数の微小電極と、
該各微小電極に接続される電極配線とを有する細胞外電位計測デバイスにおいて、
前記膜本体を形成する前記絶縁材料は透明であり、
前記膜本体には、裏面側から所定成分を前記細胞組織へ供給するための複数の供給孔が形成され
前記細胞培養膜表面側に、前記複数の微小電極及び前記複数の供給孔を含む領域を囲むように配置された細胞培養用筒状体を備え、
前記細胞培養膜裏面側に、前記複数の供給孔を含む領域を囲むように配置された所定成分供給用容器を備えることを特徴とする細胞外電位計測デバイス。

【請求項2】
 
請求項1記載の細胞外電位計測デバイスを用い、
前記細胞培養膜の裏面側から前記供給孔を介して、前記細胞培養膜の表面に載置された前記細胞組織に前記所定成分を供給する工程、及び
前記細胞組織の前記微小電極と接触する部位の電位を計測する工程
を有することを特徴とする細胞外電位計測方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014140645thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) (In Japanese)九州工業大学 安田隆研究室
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close