TOP > 国内特許検索 > 光源装置、及び、光素子

光源装置、及び、光素子 NEW

国内特許コード P180015385
整理番号 S2017-0357-N0
掲載日 2018年11月1日
出願番号 特願2017-037083
公開番号 特開2018-142658
出願日 平成29年2月28日(2017.2.28)
公開日 平成30年9月13日(2018.9.13)
発明者
  • 北 智洋
  • 山本 直克
  • 松本 敦
出願人
  • 国立大学法人東北大学
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 光源装置、及び、光素子 NEW
発明の概要 【課題】制御量を迅速に変更することが可能な光源装置を提供すること。
【解決手段】光源装置1は、誘導放出によって光を増幅する光増幅器21と、光増幅器21と光学的に接続された第1光導波路11と、環状光導波路12と、第1光導波路11及び環状光導波路12とともにリング共振器を構成する共振部131を一方の端部に有するとともに、所定の波長域を有する光を反射する反射部134を他方の端部に有する第2光導波路13と、を備える。第2光導波路13は、第2光導波路13を通過する光の振幅、及び、当該光の位相の少なくとも1つを制御する制御部132,133を反射部134及び共振部131の間に有する。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


誘導放出によって光を増幅する光増幅器と、光増幅器と光学的に接続された光導波路と、を備えるとともに、所定の目標波長を有する光を生成する光源装置が知られている。特許文献1に記載の光源装置は、光導波路とともに、2個のリング共振器をそれぞれ構成する2個の環状光導波路を備える。



光導波路は、光増幅器から出力された光が、2個のリング共振器を順次に通過した後に、当該光増幅器に入力される(換言すると、戻る)ように構成される。2個のリング共振器は、共振する波長が互いに異なる。



更に、光導波路は、光の振幅を制御する制御部を、2個のリング共振器の間に有する。制御部は、目標波長と異なる所定の波長域の光の振幅を小さくする。この光源装置によれば、目標波長を有する光を生成できる。

産業上の利用分野


本発明は、光源装置、及び、光素子に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
誘導放出によって光を増幅する光増幅器と、
前記光増幅器と光学的に接続された第1光導波路と、
環状光導波路と、
前記第1光導波路及び前記環状光導波路とともにリング共振器を構成する共振部を一方の端部に有するとともに、所定の波長域を有する光を反射する反射部を他方の端部に有する第2光導波路と、
を備え、
前記第2光導波路は、
前記第2光導波路を通過する光の振幅、及び、当該光の位相の少なくとも1つを制御する制御部を前記反射部及び前記共振部の間に有する、光源装置。

【請求項2】
請求項1に記載の光源装置であって、
前記環状光導波路及び前記第2光導波路を含むモジュールを複数備え、
前記複数のモジュールは、前記第1光導波路に沿って整列する、光源装置。

【請求項3】
請求項2に記載の光源装置であって、
前記第1光導波路は、第1方向にて延び、
前記複数のモジュールのそれぞれは、前記第1方向と直交する第2方向にて前記反射部及び前記制御部が整列する、光源装置。

【請求項4】
請求項2又は請求項3に記載の光源装置であって、
前記第1光導波路は、第1方向にて延び、
前記共振部は、前記第1方向と直交する第2方向にて前記環状光導波路が前記共振部及び前記第1光導波路の間に挟まれるように、前記共振部が前記第1方向にて延びる、光源装置。

【請求項5】
請求項1乃至請求項4のいずれか一項に記載の光源装置であって、
前記環状光導波路の温度を制御する第1温度制御部を備える、光源装置。

【請求項6】
請求項1乃至請求項5のいずれか一項に記載の光源装置であって、
前記制御部は、温度が制御されることにより前記光の振幅を制御する振幅制御部を含み、
前記光源装置は、前記振幅制御部の温度を制御する第2温度制御部を備える、光源装置。

【請求項7】
請求項1乃至請求項6のいずれか一項に記載の光源装置であって、
前記制御部は、温度が制御されることにより前記光の位相を制御する位相制御部を含み、
前記光源装置は、前記位相制御部の温度を制御する第3温度制御部を備える、光源装置。

【請求項8】
請求項1乃至請求項7のいずれか一項に記載の光源装置であって、
前記光増幅器は、量子ドット光増幅器である、光源装置。

【請求項9】
第1光導波路と、
環状光導波路と、
前記第1光導波路及び前記環状光導波路とともにリング共振器を構成する共振部を一方の端部に有するとともに、所定の波長域を有する光を反射する反射部を他方の端部に有する第2光導波路と、
を備え、
前記第2光導波路は、
前記第2光導波路を通過する光の振幅、及び、当該光の位相の少なくとも1つを制御する制御部を前記反射部及び前記共振部の間に有する、光素子。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2017037083thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close