TOP > 国内特許検索 > 免疫応答を制御する核酸および核酸の加工法

免疫応答を制御する核酸および核酸の加工法 NEW

国内特許コード P180015391
整理番号 S2017-0441-N0
掲載日 2018年11月1日
出願番号 特願2017-049827
公開番号 特開2018-154556
出願日 平成29年3月15日(2017.3.15)
公開日 平成30年10月4日(2018.10.4)
発明者
  • 大石 由美子
  • 早川 清雄
出願人
  • 国立大学法人 東京医科歯科大学
発明の名称 免疫応答を制御する核酸および核酸の加工法 NEW
発明の概要 【課題】 動物の自然免疫応答を増強するための組成物を提供すること。
【解決手段】 真核生物から得られるDNA、特に野菜のDNAを原材料として用いて、動物の自然免疫応答を増強するための組成物を提供することにより、上記の課題を解決する。特に100-350bp以下のサイズのDNAが、動物の自然免疫応答を強く活性化することができる。DNAのサイズが100-350bp以下になるように処理する際には、超音波処理法等を利用することができる。原料となる野菜は、容易に入手可能であり、安定的な材料供給源として優れ、安全性上の懸念も小さい。野菜のDNAを原材料として用いて、動物の自然免疫応答を増強するための組成物の製造方法も提供される。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


自然免疫応答は、異物を排除するために生体に備わっている防御反応である。病原体(ウイルス、細菌)の感染のみならず、発がんや生活習慣病の発症や進展にも自然免疫応答が関与することが近年注目されている。自然免疫応答を引き起こすのはマクロファージに代表される免疫細胞であり、常日頃から組織に常駐している。



自然免疫応答には、パターン認識受容体(PRR)と呼ばれる分子が関わっており、これらが微生物の侵入等を察知していることが知られている。PRRは、特定の細胞小器官で機能するTLR(Toll like receptors)と細胞質内で機能するRIG-I(Retinoic acid inducibel gene-I)などの受容体にわけることができる(非特許文献1~3)。PRRのうち、核酸の認識に関わる分子としてはTLR3、TLR7、TLR9、RIG-Iなどが知られている。ウイルス由来のDNAは宿主のDNAに比べてCG配列のシトシンがメチル化されている割合が有意に少ない。このような非メチル化CpG-DNAはエンドソームに存在するTLR9によって認識される。一方、TLR3とTLR7はRNAを認識するセンサー分子である。二本鎖RNAを感知するTLR3は、ウエストナイルウイルスなどによる感染によって活性化され、サイトカインの産生を誘導する。TLR7はウイルス由来の一本鎖RNAを認識するセンサー分子であり、HIVなどのウイルスを感知することが報告されている。また、RIG-Iなどの細胞質内の受容体は、インフルエンザウイルスなどのRNAを認識する。これらの核酸認識受容体は、I型インターフェロンの遺伝子やサイトカインの発現を誘導し、細菌感染やウイルス感染防御のために働いている。

産業上の利用分野


本発明は、動物の自然免疫応答を増強するための組成物およびその製造方法に関する。より具体的には真核生物から得られるDNA、特に野菜から得られるDNAを含有する、動物の自然免疫応答を増強するための組成物およびその製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
DNAを含有する、動物の自然免疫応答を増強するための組成物であって、該DNAのサイズが100~350bpである、組成物。

【請求項2】
DNAが野菜から得られるDNAである、請求項1記載の組成物。

【請求項3】
野菜が緑豆モヤシ、ブロッコリー、またはアスパラである、請求項1または2記載の組成物。

【請求項4】
LL37ペプチドをさらに含有する、請求項1~3のいずれか記載の組成物。

【請求項5】
動物が、ヒト、サル、イヌ、ネコ、ウサギ、マウス、ラット、モルモット、ウマ、ウシ、ヤギ、およびヒツジから成る群より選択される、請求項1~4のいずれか記載の組成物。

【請求項6】
請求項1~5のいずれか記載の組成物を含有する、食品組成物。

【請求項7】
請求項1~5のいずれか記載の組成物を含有する、動物用飼料。

【請求項8】
請求項1~5のいずれか記載の組成物を含有する、口腔粘膜免疫賦活剤。

【請求項9】
DNAを含有する動物の自然免疫応答を増強するための組成物の製造方法であって、DNAを断片化する工程を含む、方法。

【請求項10】
DNAが野菜から得られるDNAである、請求項9記載の製造方法。

【請求項11】
DNAを断片化するために超音波処理する工程を含む、請求項9または10記載の製造方法。

【請求項12】
DNAのサイズが100~350bpとなるようにDNAを断片化する工程を含む、請求項9~11のいずれか記載の製造方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2017049827thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close