Top > Search of Japanese Patents > AQUATIC LIFE REARING SYSTEM AND AQUATIC LIFE REARING METHOD

AQUATIC LIFE REARING SYSTEM AND AQUATIC LIFE REARING METHOD

Patent code P180015392
File No. S2017-0491-N0
Posted date Nov 1, 2018
Application number P2017-043542
Publication number P2018-143195A
Date of filing Mar 8, 2017
Date of publication of application Sep 20, 2018
Inventor
  • (In Japanese)小谷 知也
  • (In Japanese)片山 大祐
  • (In Japanese)宮内 翔二郎
  • (In Japanese)中島 潔
  • (In Japanese)一ノ瀬 武宏
  • (In Japanese)藤田 知一
  • (In Japanese)深川 光介
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
  • (In Japanese)三相電機株式会社
Title AQUATIC LIFE REARING SYSTEM AND AQUATIC LIFE REARING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an aquatic life rearing system and an aquatic life rearing method capable of stabilizing a dissolved oxygen concentration in rearing water at a supersaturation state.
SOLUTION: An aquatic life rearing system 100 includes a first supply part for supplying an oxygen saturation water W1 in which a dissolved oxygen concentration is saturated to a rearing tank 10, and a second supply part for supplying high oxygen concentration water W2 having a dissolved oxygen concentration higher than the oxygen saturation water W1 to the rearing tank 10. The second supply part may supply the high oxygen concentration water W2 from the bottom of the rearing tank 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

魚類等の水生生物の飼育では、飼育水中の溶存酸素濃度を維持するために、飼育水に空気を送り込む通気が行われている。飼育水における懸濁物の濃度又は微生物の密度が上昇した場合、通気を行っていても溶存酸素濃度が減少することがある。溶存酸素濃度の減少は、飼育魚の活性低下又は大量斃死を引き起こすことがある。

飼育水における溶存酸素濃度の減少を防ぐために、溶存酸素濃度が過飽和になった水が利用される。特許文献1では、原水と、酸素を原水に溶解させて得られる高濃度酸素水とを混合した飼育水で魚介類を飼育する方法が提案されている。特許文献2には、飼育水の酸素飽和度が90%以下になった場合に、高濃度酸素水を、循環している飼育水に混合する魚介類の養殖装置が開示されている。魚類に酸素を十分に供給すれば、低酸素状態によるストレスを与えることなく魚類を飼育することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、水生生物の飼育システム及び水生生物の飼育方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
溶存酸素濃度が飽和した第1の水を飼育水槽に供給する第1の供給部と、
前記第1の水よりも高い溶存酸素濃度を有する第2の水を前記飼育水槽に供給する第2の供給部と、
を備える、水生生物の飼育システム。

【請求項2】
 
前記第2の供給部は、
前記飼育水槽の底部から前記第2の水を供給する、
請求項1に記載の水生生物の飼育システム。

【請求項3】
 
前記飼育水槽内に空気を供給する空気供給部をさらに備える、
請求項1又は2に記載の水生生物の飼育システム。

【請求項4】
 
前記第2の水は、
前記第1の水よりも高い溶存酸素濃度を有する水に酸素をさらに溶解させた水である、
請求項1から3のいずれか一項に記載の水生生物の飼育システム。

【請求項5】
 
前記第1の供給部は、
単位時間あたりに100体積部の第1の水を前記飼育水槽に供給し、
前記第2の供給部は、
単位時間あたりに100体積部の第2の水を前記飼育水槽に供給する、
請求項1から4のいずれか一項に記載の水生生物の飼育システム。

【請求項6】
 
前記飼育水槽内で前記第1の水と前記第2の水とが混合された水の溶存酸素濃度は、
120~130%である、
請求項1から5のいずれか一項に記載の水生生物の飼育システム。

【請求項7】
 
前記水は、海水である、
請求項1から6のいずれか一項に記載の水生生物の飼育システム。

【請求項8】
 
溶存酸素濃度が飽和した第1の水を飼育水槽に供給する第1の供給ステップと、
前記第1の水よりも高い溶存酸素濃度を有する第2の水を前記飼育水槽に供給する第2の供給ステップと、
を含む、水生生物の飼育方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017043542thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close