Top > Search of Japanese Patents > LEARNING MANAGEMENT PROGRAM, LEARNING MANAGEMENT DEVICE, LEARNING MANAGEMENT SYSTEM AND DATA STRUCTURE

LEARNING MANAGEMENT PROGRAM, LEARNING MANAGEMENT DEVICE, LEARNING MANAGEMENT SYSTEM AND DATA STRUCTURE UPDATE_EN commons meetings

Patent code P180015397
File No. (FU696)
Posted date Nov 2, 2018
Application number P2017-200089
Publication number P2018-124979A
Date of filing Oct 16, 2017
Date of publication of application Aug 9, 2018
Priority data
  • P2017-016382 (Jan 31, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)坂井 豊彦
  • (In Japanese)田中 雅人
  • (In Japanese)木村 浩彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title LEARNING MANAGEMENT PROGRAM, LEARNING MANAGEMENT DEVICE, LEARNING MANAGEMENT SYSTEM AND DATA STRUCTURE UPDATE_EN commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a learning management program, a learning management device, a learning management system and a data structure which manage information for evaluating learning conditions of a plurality of subjects longitudinally even in the case that respective different persons evaluate learning conditions of the plurality of subjects in each subject and that items which may be subjected to learning in any of the plurality of subjects exists in an education process performed over the plurality of subjects.
SOLUTION: A learning management device 1 includes: evaluating information preparation means 102 for preparing, for each student, evaluating information 113 provided with an evaluation sheet having a special item requiring evaluation in each subject about a plurality of subject and a common item to be evaluated regardless of a subject in each of the plurality of subjects; evaluating information editing means 104 for evaluating special times and common items of an evaluation sheet corresponding to each subject to edit the evaluating information 113; and evaluating information display means 103 for respectively integrating evaluation results of the edited evaluating information 113 about the same item over the plurality of subjects to display the evaluation results.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来の技術として、学生の進路先に関連づけられた授業科目及び履修情報を管理する学習管理装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

特許文献1に開示された学習管理装置は、学生の進路先情報毎に、学生毎の履修情報を特定し、特定した学生の履修情報に含まれる複数の授業項目について一定の算出規則に基づいて複数の授業項目の数値を計算して学生の進路先情報と関連づけて記憶するとともに、各教育目標に授業項目が関連付けられて各教育目標がツリー構造化された教育目標情報を記憶し、ある学生の進路先情報と授業項目の関係を表示することが要求されると、ある学生の進路先情報に関連付けられた授業項目を、教育目標情報のツリー構造に合わせてツリー構造で表示する。また、各授業項目は計算された数値に基づいた優先順位をもって表示される。

上記した学習管理装置は、学生の進みたいと思う進路先情報について過去の学生が履修した授業項目を表示するようにすることで、過去の学生がどのような授業を履修していたかを、これから授業を履修する学生及び当該学生を指導する教育機関に提示する。また、各授業項目を、優先順位をもって表示するようにすることで、教育機関に対し、どの授業項目が維持・継続すべき授業項目であるか、廃止すべき授業項目であるかを把握させる。

また、従来の技術として、それぞれ遠隔地にいるクライアントとコンサルタントの双方向のやりとりを実現する医療サポートシステムが提案されており(例えば、特許文献2参照)、当該医療サポートシステムを臨床実習に利用することが記載されている(特許文献2の段落[0062]参照)。

特許文献2に開示された医療サポートシステムは、医療現場に設置されたクライアントと、クライアントからアクセス可能なサーバと、サーバとネットワークを介して接続されてクライアントの要求に応じて医療に関するサポートを提供可能な複数の医療機関に位置するコンサルタントとを有し、クライアントが医療に関するサポートを求める場としてカンファレンスルームの開設をサーバに要求すると、サーバはカンファレンスルームを開設するとともにカンファレンス参加者のアクセス権を設定し、医療サポートに対応可能なコンサルタントがカンファレンスルームに接続してカンファレンスに参加することで、クライアントとコンサルタントとがカンファレンスルームにおいて双方向にやりとりする環境を作る。また、当該クライアントを臨床実習の学生が、当該システムをカンファレンスや症例発表の場として利用する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、学習管理プログラム、学習管理装置、学習管理システム及びデータ構造に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コンピュータを、
複数の科に渡って行われる教育課程において、科毎に評価が必要な専門項目を前記複数の科について有するとともに科に関わらず評価される共通項目を有する科別評価情報を、前記複数の科のそれぞれについて備える評価用情報を前記教育課程の履修者毎に作成する評価用情報作成手段と、
科毎に該当する前記科別評価情報の前記専門項目及び前記共通項目を評価して前記評価用情報を編集する評価用情報編集手段と、
前記評価用情報編集手段が編集した前記評価用情報の評価結果を前記複数の科に渡って同一項目についてそれぞれ統合して表示する評価用情報表示手段として機能させるための学習管理プログラム。

【請求項2】
 
前記評価用情報の前記共通項目は、前記複数の科の全部又は一部で評価が必要な項目と、前記複数のいずれかの科で評価されればよい項目とを有し、当該複数のいずれかの科で評価されればよい項目は専門項目から抽出したものである請求項1に記載の学習管理プログラム。

【請求項3】
 
前記評価用情報の項目に表れない前記履修者の評価に関する履修者評価情報を作成する評価情報作成手段としてさらに機能させる請求項1又は2に記載の学習管理プログラム。

【請求項4】
 
前記評価用情報編集手段が編集した前記評価用情報を全て又は一部の学生について集計する評価情報集計手段としてさらに機能させる請求項1から3のいずれか1項に記載の学習管理プログラム。

【請求項5】
 
前記教育課程の複数の履修対象と前記履修者とを、前記複数の履修対象のそれぞれの同意情報に基づいて、対応付ける対応付手段としてさらに機能させる請求項1から4のいずれか1項に記載の学習管理プログラム。

【請求項6】
 
前記複数の履修対象に予め用意されたカルテ情報に基づいて作成される履修者用カルテ情報であって、前記カルテ情報が編集された場合に前記履修者用カルテ情報の内容が同期され、前記履修者用カルテ情報が編集された場合には前記カルテ情報の内容が同期されない、前記履修者用カルテ情報を作成するカルテ情報作成手段としてさらに機能させる請求項5に記載の学習管理プログラム。

【請求項7】
 
前記履修対象毎に前記履修者と当該履修者の評価者との対話情報を作成する対話手段としてさらに機能させる請求項5又は6に記載の学習管理プログラム。

【請求項8】
 
前記履修者の情報を予め定めた領域に表示するとともに、前記評価用情報表示手段が表示する内容を当該履修者に関する情報に表示制御する表示制御手段としてさらに機能させる請求項1~7のいずれか1項に記載の学習管理プログラム。

【請求項9】
 
前記履修者の情報を予め定めた領域に表示するとともに、前記履修者評価情報を表示する際、当該履修者に関する履修者評価情報を表示するように表示制御する表示制御手段としてさらに機能させる請求項3~7のいずれか1項に記載の学習管理プログラム。

【請求項10】
 
前記履修者の情報を予め定めた領域に表示するとともに、前記対応付手段が表示する内容を当該履修者に関する情報に表示制御する表示制御手段としてさらに機能させる請求項5~7のいずれか1項に記載の学習管理プログラム。

【請求項11】
 
前記履修者の情報を予め定めた領域に表示するとともに、前記カルテ情報作成手段が表示する内容を当該履修者に関する情報に表示制御する表示制御手段としてさらに機能させる請求項6又は7に記載の学習管理プログラム。

【請求項12】
 
前記履修者の情報を予め定めた領域に表示するとともに、前記対話手段が表示する内容を当該履修者に関する情報に表示制御する表示制御手段としてさらに機能させる請求項7に記載の学習管理プログラム。

【請求項13】
 
複数の科に渡って行われる教育課程において、科毎に評価が必要な専門項目を前記複数の科について有するとともに科に関わらず評価される共通項目を有する科別評価情報を、前記複数の科のそれぞれについて備える評価用情報を前記教育課程の履修者毎に作成する評価用情報作成手段と、
科毎に該当する前記科別評価情報の前記専門項目及び前記共通項目を評価して前記評価用情報を編集する評価用情報編集手段と、
前記評価用情報編集手段が編集した前記評価用情報の評価結果を前記複数の科に渡って同一項目についてそれぞれ統合して表示する評価用情報表示手段とを有する学習管理装置。

【請求項14】
 
操作部、表示部及び制御部を有する端末装置と、
前記端末装置の要求に応じて複数の科に渡って行われる教育課程において、科毎に評価が必要な専門項目を前記複数の科について有するとともに科に関わらず評価される共通項目を有する科別評価情報を、前記複数の科のそれぞれについて備える評価用情報を前記教育課程の履修者毎に作成する評価用情報作成手段と、前記端末装置の要求に応じて科毎に該当する前記科別評価情報の前記専門項目及び前記共通項目を評価して前記評価用情報を編集する評価用情報編集手段と、前記端末装置の要求に応じて前記評価用情報編集手段が編集した前記評価用情報の評価結果を前記複数の科に渡って同一項目についてそれぞれ統合して前記端末装置の表示部に表示する評価用情報表示手段とを有する学習管理サーバとを有する学習管理システム。

【請求項15】
 
複数の科に渡って行われる教育課程において、前記教育課程の履修者毎に、科毎に評価が必要な専門項目を前記複数の科について有するとともに科に関わらず評価される共通項目を有する科別評価情報を、前記複数の科のそれぞれについて備える評価用情報のデータ構造。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 5L049CC34
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017200089thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close