Top > Search of Japanese Patents > CROSSLINKABLE COMPOSITION AND CURED PRODUCT OBTAINED BY CURING THE SAME

CROSSLINKABLE COMPOSITION AND CURED PRODUCT OBTAINED BY CURING THE SAME meetings

Patent code P180015402
File No. (S2017-0360-N0)
Posted date Nov 2, 2018
Application number P2017-166154
Publication number P2018-127600A
Date of filing Aug 30, 2017
Date of publication of application Aug 16, 2018
Priority data
  • P2017-020209 (Feb 7, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)森長 久豊
  • (In Japanese)坂本 茉優
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山梨大学
Title CROSSLINKABLE COMPOSITION AND CURED PRODUCT OBTAINED BY CURING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a crosslinkable composition comprising a polyfunctional epoxy compound made from plant components as raw material, and a cured product obtained by curing the crosslinkable composition.
SOLUTION: There is provided a crosslinkable composition containing a plant-derived polyfunctional epoxy compound obtained by polyfunctionalizing limonene oxide, and polyalkyleneimine as a crosslinker.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

多官能エポキシ化合物は、接着剤や半導体などの封止剤、塗料、コーティング剤を目的としたエポキシ樹脂としての有用性が高い。また、テルペン系化合物の1つであるリモネンは、オレンジやグレープフルーツ等の柑橘類より抽出される植物性の成分であり、再生可能資源であるとして、化学工業製品の石油代替原料として注目されている。

封止剤、塗料、コーティング剤を目的としたリモネンを用いた架橋性組成物の合成に関し、例えばリモネンと多官能チオールとの架橋による架橋物の合成について開示された非特許文献1が知られている。非特許文献1には、リモネンと多官能チオールとのエン・チオール反応で架橋前駆体を作り、これにさらに多官能チオールを加えて加熱あるいは光照射することで架橋物を作ることが開示されている。特許文献1には、リモネンに重合性(メタ)アクリレート基を複数導入することで、架橋ポリマーのモノマーとして提供することが開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、植物成分を原料とした多官能エポキシ化合物による架橋性組成物及び架橋性組成物を硬化してなる硬化物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
リモネンオキシドを多官能化して得られる植物由来多官能エポキシ化合物と、架橋剤としてポリアルキレンイミンを含む架橋性組成物。

【請求項2】
 
前記架橋剤がポリエチレンイミンである、請求項1に記載の架橋性組成物。

【請求項3】
 
前記架橋剤が分岐構造を有するポリエチレンイミンである、請求項1又は請求項2のいずれかに記載の架橋性組成物。

【請求項4】
 
前記植物由来多官能エポキシ化合物が前記リモネンオキシドと多官能チオールとを反応させてなる化合物である請求項1乃至請求項3の1つに記載の架橋性組成物。

【請求項5】
 
前記リモネンオキシドが全リモネンオキシド中にトランス体のリモネンオキシドを40モル%以上含む、請求項1乃至請求項4の1つに記載の架橋性組成物。

【請求項6】
 
前記植物由来多官能エポキシ化合物が4官能エポキシ化合物である請求項1乃至請求項5の1つに記載の架橋性組成物。

【請求項7】
 
請求項1乃至請求項6の1つに記載の架橋性組成物を硬化してなる硬化物。

【請求項8】
 
請求項1乃至請求項6の1つに記載の架橋性組成物を有する接着剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017166154thum.jpg
State of application right Published
Please feel free to contact us by email or facsimile if you have any interests in this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close