Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR RECOVERING METAL

METHOD FOR RECOVERING METAL meetings

Patent code P180015440
File No. B000077
Posted date Nov 6, 2018
Application number P2006-259938
Publication number P2007-113116A
Patent number P5090697
Date of filing Sep 26, 2006
Date of publication of application May 10, 2007
Date of registration Sep 21, 2012
Priority data
  • P2005-278021 (Sep 26, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)小西 康裕
  • (In Japanese)斉藤 範三
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人大阪府立大学
  • (In Japanese)独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
Title METHOD FOR RECOVERING METAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for rapidly and highly concentrating a desired metal and recovering the same, by inducing leaching of the metal contained in the group consisting of a metal oxide or a metal hydroxide.
SOLUTION: In the method for recovering the metal, trivalent iron is reduced to bivalent iron by the action of iron-reducing bacteria; the bivalent iron is used to induce leaching of the metal contained in the group consisting of a metal oxide or a metal hydroxide to produce a leachate and a debris, and the leachate is separated from the debris to recover the desired metal.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

低品位鉱物を製錬することは、経済的な理由から、実施することが困難である。このため、低品位鉱物から、微生物を用いて、金属を浸出させることが試みられている。生物浸出法(バイオリーチング)は、エネルギー消費がより少なく、環境に対する危険性が低いので、低品位鉱物から金属を回収する有効な手段として注目されている。

たとえば、金属含有鉱物を、硫黄を酸化するのに選択性である微生物と接触させ硫酸を系統的に生成させて、ニッケル、コバルト等の金属を浸出させる金属の回収方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。この文献には、白金等の貴金属を残渣として得ることが記載されている。
【特許文献1】
特表2003-514987号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生物浸出処理に供した金属酸化物および金属水酸化物からなる群から所望の金属の回収方法、および貴金属類および白金族金属類からなる群から選ばれる1種以上の金属イオンの還元に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
電子供与体と電子受容体として3価鉄を含む培地中で、
鉄還元細菌を作用させ、3価鉄を2価鉄に還元し、
前記2価鉄を用いて、金属酸化物および金属水酸化物からなる群に含まれる金属を浸出させ、浸出液と浸出されない金属を含む残渣を生成し、
前記浸出液と残渣とを分離し、前記浸出液および/または残渣から所望の金属を回収する金属回収方法。

【請求項2】
 
前記所望の金属が、コバルト、ニッケル、マンガン、鉄、亜鉛および鉛からなる群から選ばれる1種以上の金属または白金族金属類からなる群から選ばれる1種以上の金属である請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
電子供与体として炭素数1~7のカルボン酸塩を含む培地中で、前記浸出液のpHを調整して、白金族金属類からなる群から選ばれる1種以上の金属を浸出させる割合と残渣に濃縮させる割合を調整する請求項1または2に記載の金属回収方法。

【請求項4】
 
炭素数1~7のカルボン酸塩を含む緩衝液中で
鉄還元細菌を作用させ、
白金族金属類からなる群から選ばれる1種以上の金属イオンを含む液から、前記金属イオンを直接還元して、金属を回収する金属回収方法。

【請求項5】
 
前記鉄還元細菌が、シワネラ アルゲである請求項1ないし4のいずれかに記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006259938thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close