TOP > 国内特許検索 > ポータブルな液体クロマトグラフ及び液体クロマトグラフィー

ポータブルな液体クロマトグラフ及び液体クロマトグラフィー NEW 新技術説明会 外国出願あり

国内特許コード P180015452
整理番号 31-P2010-100-JP02
掲載日 2018年11月19日
出願番号 特願2012-545690
登録番号 特許第5935696号
出願日 平成23年11月15日(2011.11.15)
登録日 平成28年5月20日(2016.5.20)
国際出願番号 JP2011076297
国際公開番号 WO2012070431
国際出願日 平成23年11月15日(2011.11.15)
国際公開日 平成24年5月31日(2012.5.31)
優先権データ
  • 特願2010-260192 (2010.11.22) JP
発明者
  • 石田 晃彦
  • 柳澤 一郎
出願人
  • 国立大学法人北海道大学
発明の名称 ポータブルな液体クロマトグラフ及び液体クロマトグラフィー NEW 新技術説明会 外国出願あり
発明の概要 測定対象の目的物質を含む試料液を分析するLC装置であって、移動相溶媒を搬送するためのEOポンプ21と、EOポンプ21の下流側に配置され、内部に充填剤を保持した分離カラム5と、分離カラム5の下流側に配置され、分離カラム5から出力された目的物質を分析する検出器7と、EOポンプ21の下流側に配置され、EOポンプ21の下流側に設けられた第2のリザーバ22に貯留された移動相溶媒の流体圧力又は流路に貯留された移動相溶媒の流体圧力を調整する圧力調整機構80と、を備える。
従来技術、競合技術の概要


従来、液体クロマトグラフ(LC装置)として、測定対象の目的物質を含む移動相溶媒を搬送するポンプを備えるものが知られている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1記載のLC装置は、送液するポンプ、ポンプの出口側に接続され分析試料(試料液)を移動相溶媒へ混入させる注入部、注入部に接続され試料液中の目的物質を分離するための充填剤を含む分離カラム、及び目的物質を検出するための検出器を備えている。ポンプによって送り出された移動相溶媒は、注入部を経由し、目的物質を含んだ試料液として分離カラムへ供給され、検出器によって目的物質に関する特性が検出される。



また、送液するポンプとして、電気浸透流ポンプ(EOポンプ)が知られている(例えば、特許文献2,3参照)。特許文献2,3記載のEOポンプは、搬送対象の液体を貯留するリザーバ、リザーバの出口側に取り付けられ液体を透過可能な電気浸透材及び電極を備えている。電気浸透材に対して電圧が印加されると、電気浸透材が負に帯電するとともに電気浸透材に浸透した液体が局所的に正に帯電するため、電界方向に電気浸透流が発生し、リザーバ内の液体がリザーバ外部へ搬出される。このEOポンプは、マイクロ流体チップ内へ液体を供給するために好適に採用される。また、特許文献2,3記載のEOポンプは、低電圧で駆動するものである。

産業上の利用分野


本発明は、液体クロマトグラフ及び液体クロマトグラフィーに関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
無機イオン又は溶解性有機化合物を目的物質として含む試料液を分析する液体クロマトグラフであって、
移動相溶媒を搬送するための電気浸透流ポンプと、
前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、内部に充填剤を保持した分離カラムと、
前記分離カラムの下流側に配置され、前記分離カラムから出力された目的物質を分析する検出器と、
前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、前記電気浸透流ポンプの下流側に設けられたリザーバに貯留された前記移動相溶媒の流体圧力又は流路に貯留された前記移動相溶媒の流体圧力を調整する圧力調整機構と、
を備え、
前記圧力調整機構は、前記電気浸透流ポンプの起動前又は定格流量に達するまでの前記電気浸透流ポンプ起動中に流体圧力を調整する液体クロマトグラフ。

【請求項2】
無機イオン又は溶解性有機化合物を目的物質として含む試料液を分析する液体クロマトグラフであって、
移動相溶媒を搬送するための電気浸透流ポンプと、
前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、内部に充填剤を保持した分離カラムと、
前記分離カラムの下流側に配置され、前記分離カラムから出力された目的物質を分析する検出器と、
前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、前記電気浸透流ポンプの下流側に設けられたリザーバに貯留された前記移動相溶媒の流体圧力又は流路に貯留された前記移動相溶媒の流体圧力を調整する圧力調整機構と、
を備え、
前記圧力調整機構は、前記リザーバの内部容積又は前記流路の内部容積を減少させることで加圧する液体クロマトグラフ。

【請求項3】
無機イオン又は溶解性有機化合物を目的物質として含む試料液を分析する液体クロマトグラフであって、
移動相溶媒を搬送するための電気浸透流ポンプと、
前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、内部に充填剤を保持した分離カラムと、
前記分離カラムの下流側に配置され、前記分離カラムから出力された目的物質を分析する検出器と、
前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、前記電気浸透流ポンプの下流側に設けられたリザーバに貯留された前記移動相溶媒の流体圧力又は流路に貯留された前記移動相溶媒の流体圧力を調整する圧力調整機構と、
を備え、
前記圧力調整機構は、
前記リザーバ又は前記流路に設けられ、内部まで貫通されたネジ穴と、
前記ネジ穴に挿入され、前記リザーバの内部又は流路内部へ突出するネジと、
を備える液体クロマトグラフ。

【請求項4】
無機イオン又は溶解性有機化合物を目的物質として含む試料液を分析する液体クロマトグラフであって、
移動相溶媒を搬送するための電気浸透流ポンプと、
前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、内部に充填剤を保持した分離カラムと、
前記分離カラムの下流側に配置され、前記分離カラムから出力された目的物質を分析する検出器と、
前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、前記電気浸透流ポンプの下流側に設けられたリザーバに貯留された前記移動相溶媒の流体圧力又は流路に貯留された前記移動相溶媒の流体圧力を調整する圧力調整機構と、
を備え、
前記電気浸透流ポンプ、前記リザーバ及び前記圧力調整機構が、ポンプモジュールとして一体化されている液体クロマトグラフ。

【請求項5】
前記圧力調整機構は、流体圧力を上昇させるように調整する請求項1~4の何れか一項に記載の液体クロマトグラフ。

【請求項6】
前記電気浸透流ポンプの電源となるバッテリを備える請求項1~5の何れか一項に記載の液体クロマトグラフ。

【請求項7】
前記分離カラムから出力された目的物質を流通させるフローセルを備え、
前記フローセル及び前記検出器が、前記分離カラムが内部に形成された基板に着脱可能に取り付けられている請求項1~6の何れか一項に記載の液体クロマトグラフ。

【請求項8】
無機イオン又は溶解性有機化合物を目的物質として含む試料液を電気浸透流ポンプにより分離カラムへ搬送して分析する液体クロマトグラフィーであって、
前記電気浸透流ポンプの起動前又は定格流量に達するまでの前記電気浸透流ポンプ起動中に、前記電気浸透流ポンプの下流側に配置され、前記電気浸透流ポンプの下流側に設けられたリザーバに貯留された移動相溶媒の流体圧力又は流路に貯留された前記移動相溶媒の流体圧力を調整する圧力調整ステップを備える液体クロマトグラフィー。

【請求項9】
前記圧力調整ステップは、前記リザーバの内部容積又は前記流路の内部容積を減少させることで加圧する請求項8に記載の液体クロマトグラフィー。
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012545690thum.jpg
出願権利状態 登録
参考情報 (研究プロジェクト等) ポータブルな液体クロマトグラフ
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close