Top > Search of Japanese Patents > THREAD-ATTACHED GAUZE FOR MEDICAL TREATMENT

THREAD-ATTACHED GAUZE FOR MEDICAL TREATMENT meetings

Patent code P180015463
File No. 156-P2010-130-JP01
Posted date Nov 19, 2018
Application number P2010-293316
Publication number P2012-139322A
Patent number P5710963
Date of filing Dec 28, 2010
Date of publication of application Jul 26, 2012
Date of registration Mar 13, 2015
Inventor
  • (In Japanese)渡邉 千春
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人北海道大学
Title THREAD-ATTACHED GAUZE FOR MEDICAL TREATMENT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a safe gauze whose insertion into or removal from human bodies is easy and in which in operation, there are cases where it is difficult to insert a gauze into blooding body positions, or it is left within the body after an operation because it is hardly discovered, and though a gauze or absorbent cotton is used for the disposal of blooding within the mouth of a patient treated by a dentist for the removal of saliva, body fluid, etc., infants, children or old patients have the danger of swallowing them by mistake and getting them clogged in their throats.
SOLUTION: The insertion of a gauze becomes easy by sewing and fixing the gauze center wound into a roll with a thread. A thread extending from the roll end is useful to prevent misplacement or swallowing by mistake, or making the gauze taken out of the body easy. Moreover, the use of a high molecular water absorption material allows the gauze to enhance the water absorbability and retentivity.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

外科手術では、出血した血液を吸収させるためガーゼが使用されるが、血液を吸収したガーゼが見分けにくいため、術後、体内に残されてしまう場合がある。例えば、特許文献1、特許文献2、特許文献3では術後、体内に残されるのを防ぐためのX線造影繊維を含む医療用ガーゼが開発されている。又、特許文献4では鏡視下手術を施行際の挿入しやすいガーゼが記述されている。
【特許文献1】
特開2003-093432
【特許文献2】
特開2003-096248
【特許文献3】
特開2005-008991
【特許文献4】
特開2005-296562

歯科や口腔内の出血や唾液、体液等の除去にもガーゼ、脱脂綿等が用いられているが、幼児、小児、高齢者の患者では誤飲して、喉に詰まらせたりする危険がある。このような医療用の問題を解決する安全で挿入も容易で、取り除くのも容易なガーゼはない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、手術、口腔、歯科等の用いる医療用糸付きガーゼに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ロール状のガーゼが、巻軸と連続的に往復交差してガーゼを貫通する糸によって巻軸の方向に縫われており、かつその糸の両端が長さ10cm乃至100cmの自由端であるか又は前記長さを有する自由端の先端が互いに結ばれていることを特徴とする、手術用、口腔用又は歯科用糸付きガーゼ。

【請求項2】
 
高分子吸水材を含むロール状のガーゼが、巻軸と連続的に往復交差してガーゼを貫通する糸によって巻軸の方向に縫われており、かつその糸の両端が長さ10cm乃至100cmの自由端であるか又は前記長さを有する自由端の先端が互いに結ばれていることを特徴とする、手術用、口腔用又は歯科用糸付きガーゼ。

【請求項3】
 
円形若しくは楕円形のロール状に巻かれた10乃至200mm×50乃至600mmのガーゼが、巻軸と連続的に往復交差してガーゼを貫通する糸によって巻軸の方向に縫われており、かつその糸の両端が長さ10cm乃至100cmの自由端であるか又は前記長さを有する自由端の先端が互いに結ばれていることを特徴とする、手術用、口腔用又は歯科用糸付きガーゼ。

【請求項4】
 
円形若しくは楕円形のロール状に巻かれた高分子吸水材を含む10乃至200mm×50乃至600mmのガーゼが、巻軸と連続的に往復交差してガーゼを貫通する糸によって巻軸の方向に縫われており、かつその糸の両端が長さ10cm乃至100cmの自由端であるか又は前記長さを有する自由端の先端が互いに結ばれていることを特徴とする、手術用、口腔用又は歯科用糸付きガーゼ。

【請求項5】
 
円形若しくは楕円形のロール状に巻かれたシート若しくは繊維状の高分子吸水材を含む10乃至200mm×50乃至600mmのガーゼが、巻軸と連続的に往復交差してガーゼを貫通する糸によって巻軸の方向に縫われており、かつその糸の両端が長さ10cm乃至100cmの自由端であるか又は前記長さを有する自由端の先端が互いに結ばれていることを特徴とする、手術用、口腔用又は歯科用糸付きガーゼ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010293316thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) (In Japanese)誤嚥防止ロール状ガーゼの開発
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close