TOP > 国内特許検索 > 耐震構法、耐震構造体および耐震家屋

耐震構法、耐震構造体および耐震家屋 NEW 新技術説明会

国内特許コード P180015484
整理番号 2402
掲載日 2018年11月21日
出願番号 特願2008-297916
公開番号 特開2010-121398
登録番号 特許第5166217号
出願日 平成20年11月21日(2008.11.21)
公開日 平成22年6月3日(2010.6.3)
登録日 平成24年12月28日(2012.12.28)
発明者
  • 河田 惠昭
  • 川瀬 博
  • 松本 義勝
  • 山口 秋生
出願人
  • 社団法人大阪府木材連合会
  • 国立大学法人京都大学
発明の名称 耐震構法、耐震構造体および耐震家屋 NEW 新技術説明会
発明の概要 【課題】既設の家屋に対しても、比較的容易に耐震構造を組み込むことができるようにする。
【解決手段】軸組構法により既に完成した家屋の耐震性を向上させるために壁を補強する耐震構法であって、立設した隣り合う2つの柱4、5と、床面11よりも上側に設けられた下側水平梁6と、天井12よりも上側に設けられた上側水平梁7とで構成され、内側が空スペースCとなった矩形枠10を得る工程と、前記矩形枠10の内部であって天井12よりも下側部分に、下側水平梁6の上に載せるとともに前記2つの柱4、5で挟まれた状態に矩形状の補強壁20を嵌め込むとともに、補強壁20を矩形枠10に固定する工程とを含む。
【選択図】図3
従来技術、競合技術の概要


従来から耐震性を考慮して、図15に示すように柱100と柱100との間に筋交い101や間柱102が設けられたり、或いは水平な梁103とその下側に平行に設けられる横架材104との間に間柱105が設けられたりしている。



ところで、近年においては、より耐震性能に優れる家屋が提案されている(例えば、特許文献1等参照)。この提案は、家屋と基礎部分とを非固定状態にして基礎部分により家屋をスライド可能に支持する構法であり、新規に家を建築する際にそのような構造を容易に組み込むことができる。
【特許文献1】
特開平08-218677号

産業上の利用分野


本発明は、例えば軸組構法により既に完成した家屋の耐震性を向上させるために壁を補強する耐震構法に関する。また、そのような耐震構法により得られる耐震構造体および耐震家屋に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
軸組構法により既に完成した家屋の耐震性を向上させるために壁を補強する耐震構法であって、
立設した隣り合う2つの柱と下側水平梁と上側水平梁とで構成され、内側が空スペースとなった矩形枠を得る工程と、
前記矩形枠の内部に、前記下側水平梁の上に載せるとともに前記2つの柱で挟まれた状態に矩形状の補強壁を嵌め込むとともに、前記補強壁を前記矩形枠に固定する工程とを含み、
両側の柱の間の下側水平梁の上に前記柱と平行に複数の角材を設けるとともに、1又は2以上の角材からなる中央部以外の角材を順次柱側のものに対して取り付け、一方前記中央部の角材を、前記中央部を挟む両側の角材に設けられた通しボルトを介し前記両側の角材により挟持することで、前記補強壁の嵌め込みと固定とを行うことを特徴とする耐震構法。

【請求項2】
前記下側水平梁をその上面が床面よりも上側となるように設けることを特徴とする請求項1に記載の耐震構法。

【請求項3】
前記上側水平梁として天井よりも上側に配設されたものを用いることを特徴とする請求項1または2に記載の耐震構法。

【請求項4】
前記補強壁を前記天井よりも下側部分に固定することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか一項に記載の耐震構法。

【請求項5】
前記下側水平梁の上面に凹状または凸状の係合部を形成するとともに前記補強壁の下面に前記係合部に係合する凸状または凹状の被係合部を形成し、前記係合部を前記被係合部に係合させて前記補強壁を前記下側水平梁の上に載せた状態で嵌め込むことを特徴とする請求項1乃至のいずれか一項に記載の耐震構法。

【請求項6】
前記矩形枠の軸心方向の両側であって片方が屋外、もう片方が屋内に壁部材が設けられている場合、屋内側の壁部材を外すことにより前記矩形枠を得ることを特徴とする請求項1乃至のいずれか一項に記載の耐震構法。

【請求項7】
前記2つの柱、前記下側水平梁および前記上側水平梁のうちの少なくとも1つを別途設けて前記矩形枠を得ることを特徴とする請求項1乃至のいずれか一項に記載の耐震構法。

【請求項8】
軸組構法により既に完成した家屋の耐震性を向上させるために壁を補強する耐震構造体であって、
立設した隣り合う2つの柱と下側水平梁と上側水平梁とで構成され、内側が空スペースとなった矩形枠と、
前記矩形枠の内部に、前記下側水平梁の上に載せるとともに前記2つの柱で挟まれた状態に嵌め込まれた矩形状の補強壁と、
前記補強壁を前記矩形枠に固定する固定手段とを具備し、
両側の柱の間の下側水平梁の上に前記柱と平行に複数の角材を設けるとともに、1又は2以上の角材からなる中央部以外の角材を順次柱側のものに対して取り付け、一方前記中央部の角材を、前記中央部を挟む両側の角材に設けられた通しボルトを介し前記両側の角材により挟持することで、前記補強壁の嵌め込みと固定とを行うことを特徴とする耐震構造体。

【請求項9】
請求項に記載の耐震構造体が組み込まれた耐震家屋。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008297916thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close