TOP > 国内特許検索 > 津波波源推定方法及び津波波高予測方法並びにその関連技術

津波波源推定方法及び津波波高予測方法並びにその関連技術 NEW

国内特許コード P180015491
整理番号 1445
掲載日 2018年11月21日
出願番号 特願2006-267103
公開番号 特開2008-089316
登録番号 特許第5007391号
出願日 平成18年9月29日(2006.9.29)
公開日 平成20年4月17日(2008.4.17)
登録日 平成24年6月8日(2012.6.8)
発明者
  • 高山 知司
  • 安田 誠宏
  • 東島 義郎
  • 永井 紀彦
  • 富田 孝史
  • 小谷野 喜二
出願人
  • 国立大学法人京都大学
  • 国土交通省近畿地方整備局長
  • 一般財団法人沿岸技術研究センター
  • 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 津波波源推定方法及び津波波高予測方法並びにその関連技術 NEW
発明の概要 【課題】 所定観測位置において観測される津波波高に基づき津波波源を推定する方法、システム及びプログラム、並びに、所定観測位置において観測される津波波高に基づき津波波源を推定し、推定された津波波源に基づき津波波高を予測する方法、システム及びプログラムの提供。
【解決手段】 想定津波波源域が細分割されて設定された各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により2以上の所定の観測位置のそれぞれに生じる時系列波高変動が対応する観測位置応答関数、及び、前記各観測位置において観測された津波波高の時系列変動に基づき、前記各小領域の初期水位変動を求め、前記各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により所定の予測対象位置に生じる時系列波高変動が対応する予測位置応答関数、及び、前記の求められた各小領域の初期水位変動に基づき、前記予測対象位置の津波波高を予測する。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


海底地震が発生した場合、津波も同時に発生して、場合によっては甚大な津波被害が生じる可能性がある。そのため、地震発生後即座にかつリアルタイムに津波予測を行い、予測結果に基づいて避難勧告を行う等の対策を行うことが重要である。



地震発生時の津波予測は、現状では地震情報(地震の揺れ)に基づいて行っている。しかしながら、地震の揺れと津波の発生状況は異なるため、津波を予報しても実際には津波が発生しない予報津波の不発生や、津波を引き起こす地震を見逃して津波の発生を予報し得ない津波予報漏れが生じ得る。



地震情報に依存しない津波予測技術として、特開平8-292273号公報(特許文献1)には、監視海域における海面流照射方向の平面分布および波浪特性の平面分布を観測する2台のレーダ装置と、その2台のレーダ装置で観測される各平面分布データを合成して、潮流、吹走流、沿岸流の予測パターンと津波来襲情報を用いて津波の存在の有無、津波の特性、津波の到着時刻を監視予測し、波浪特性を含む海象の予測パターンを用いて異常海象を監視する監視予測装置とを備える津波・海象監視予測装置が記載されている。



前記公報には、この津波・海象監視予測装置によれば、できるだけ沖で、面的な海面流速ベクトルを観測し、津波を検知し、特性を調べ、近くの海岸に来襲する津波の到着時刻、波高を予測することができると記載されている。しかしながら、この予測装置では、津波を引き起こす要因となった津波の波源を推定することはできない。
【特許文献1】
特開平8-292273号公報

産業上の利用分野


本発明は、所定観測位置において観測される津波波高に基づき津波波源を推定する方法、システム及びプログラム、並びに、所定観測位置において観測される津波波高に基づき津波波高を予測する方法、システム及びプログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
所定観測位置において観測される津波波高に基づき津波波源を推定する方法であって、
想定津波波源域が細分割されて設定された各小領域の所定の初期水位変動に対し、前記各小領域の初期水位変動により2以上の所定の観測位置のそれぞれに生じる時系列波高変動が対応する観測位置応答関数、及び、前記各観測位置において観測された津波波高の時系列変動に基づき、前記各小領域の初期水位変動を求めるステップを含む津波波源推定方法。

【請求項2】
上記各観測位置において観測される津波波高の時系列変動が、上記各小領域の初期水位変動に対する観測位置応答関数による各観測位置の津波波高の時系列変動を前記全小領域について重ね合わせたものに対応するものであるとして解析することにより、各小領域の初期水位変動を求める請求項1記載の津波波源推定方法。

【請求項3】
上記観測位置応答関数を求めるステップを含む請求項1又は2記載の津波波源推定方法。

【請求項4】
上記各観測位置において津波波高の時系列変動を観測するステップを含む請求項1、2又は3記載の津波波源推定方法。

【請求項5】
所定観測位置において観測される津波波高に基づき所定予測対象位置の津波波高を予測する方法であって、
想定津波波源域が細分割されて設定された各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により2以上の所定の観測位置のそれぞれに生じる時系列波高変動が対応する観測位置応答関数、及び、前記各観測位置において観測された津波波高の時系列変動に基づき、前記各小領域の初期水位変動を求めるステップと、
前記各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により所定の予測対象位置に生じる時系列波高変動が対応する予測位置応答関数、及び、前記の求められた各小領域の初期水位変動に基づき、前記予測対象位置の津波波高を予測するステップを含む津波波高予測方法。

【請求項6】
上記各観測位置において観測される津波波高の時系列変動が、上記各小領域の初期水位変動に対する観測位置応答関数による各観測位置の津波波高の時系列変動を前記全小領域について重ね合わせたものに対応するものであるとして解析することにより、各小領域の初期水位変動を求める請求項5記載の津波波高予測方法。

【請求項7】
上記の求められた各小領域の初期水位変動に対する予測位置応答関数による上記予測対象位置の津波波高の時系列波高変動を、前記小領域について重ね合わせることにより、前記予測対象位置の津波波高を予測する請求項5又は6記載の津波波高予測方法。

【請求項8】
上記観測位置応答関数を求めるステップを含む請求項5、6又は7記載の津波波高予測方法。

【請求項9】
上記各観測位置において津波波高の時系列変動を観測するステップを含む請求項5乃至8の何れかに記載の津波波高予測方法。

【請求項10】
上記予測位置応答関数を求めるステップを含む請求項5乃至9の何れかに記載の津波波高予測方法。

【請求項11】
所定観測位置において観測される津波波高に基づき津波波源を推定するシステムであって、
想定津波波源域が細分割されて設定された各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により2以上の所定の観測位置のそれぞれに生じる時系列波高変動が対応する観測位置応答関数、及び、前記各観測位置において観測された津波波高の時系列変動に基づき、前記各小領域の初期水位変動を求める手段を備える津波波源推定システム。

【請求項12】
所定観測位置において観測される津波波高に基づき所定予測対象位置の津波波高を予測するシステムであって、
想定津波波源域が細分割されて設定された各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により2以上の所定の観測位置のそれぞれに生じる時系列波高変動が対応する観測位置応答関数、及び、前記各観測位置において観測された津波波高の時系列変動に基づき、前記各小領域の初期水位変動を求める手段と、
前記各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により所定の予測対象位置に生じる時系列波高変動が対応する予測位置応答関数、及び、前記の求められた各小領域の初期水位変動に基づき、前記予測対象位置の津波波高を予測する手段を含む津波波高予測システム。

【請求項13】
所定観測位置において観測される津波波高に基づき津波波源を推定するために、コンピュータを、想定津波波源域が細分割されて設定された各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により2以上の所定の観測位置のそれぞれに生じる時系列波高変動が対応する観測位置応答関数、及び、前記各観測位置において観測された津波波高の時系列変動に基づき、前記各小領域の初期水位変動を求める手段として機能させるための津波波源推定プログラム。

【請求項14】
所定観測位置において観測される津波波高に基づき所定予測対象位置の津波波高を予測するために、コンピュータを、想定津波波源域が細分割されて設定された各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により2以上の所定の観測位置のそれぞれに生じる時系列波高変動が対応する観測位置応答関数、及び、前記各観測位置において観測された津波波高の時系列変動に基づき、前記各小領域の初期水位変動を求める手段、並びに
前記各小領域の所定の初期水位変動に対し、その各小領域の初期水位変動により所定の予測対象位置に生じる時系列波高変動が対応する予測位置応答関数、及び、前記の求められた各小領域の初期水位変動に基づき、前記予測対象位置の津波波高を予測する手段として機能させるための津波波高予測プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 2G105AA03
  • 2G105BB11
  • 2G105DD01
  • 2G105DD02
  • 2G105EE02
  • 2G105GG03
  • 2G105GG05
  • 2G105KK04
  • 2G105KK06
  • 2G105MM04
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006267103thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close