Top > Search of Japanese Patents > WIND TURBINE GENERATOR SYSTEM

WIND TURBINE GENERATOR SYSTEM foreign

Patent code P180015514
File No. 4342
Posted date Nov 21, 2018
Application number P2013-176088
Publication number P2015-046984A
Patent number P6257960
Date of filing Aug 27, 2013
Date of publication of application Mar 12, 2015
Date of registration Dec 15, 2017
Inventor
  • (In Japanese)岡崎 徹
  • (In Japanese)中村 武恒
Applicant
  • (In Japanese)住友電気工業株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title WIND TURBINE GENERATOR SYSTEM foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wind turbine generator system capable of generating power both electrically and thermally by utilizing the wind power, while controlling power generation depending on the power demand, and capable of utilizing wind energy effectively.
SOLUTION: A wind turbine generator system 1 includes a wind turbine 10, an induction rotary machine 20 coupled with the rotating shaft of the wind turbine 10, a power converter 30 for supplying an exciting current to the induction rotary machine 20, a heating medium distribution mechanism 40 for distributing a heating medium receiving the heat generated in the induction rotary machine 20, a heat accumulator 50 for accumulating the heat of the heating medium, a heat generator 60 for converting the heat of the heating medium stored in the heat accumulator 50 into electricity, and an armature control unit for controlling the exciting current depending on the power demand of a power system 100. The armature control unit performs one or both of power generation mode control for operating the induction rotary machine 20 as an electric generator, and a heat generation mode control for operating the induction rotary machine 20 as a heat generator.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、再生可能エネルギーを利用した発電システムが注目されており、その一つとして、風車の回転エネルギーを発電機で電気エネルギーに変換する風力発電システムが知られている。また最近では、風車の回転エネルギーを誘導加熱(渦電流)による発熱を利用した発熱機で熱エネルギーに変換し、その熱を電気エネルギーに変換する風力熱発電システムが提案されている(例えば特許文献1、2参照)。

また、例えば特許文献3、4には、再生可能エネルギーを利用した発電システムにおいて、発電効率を向上させる技術、発電電力を有効活用する技術が提案されている。特許文献3には、風力発電装置において、風車に軸結合した発電機の損失による排熱を利用してタービンを駆動し、このタービンに軸結合した発電機から発電電力として回収することで、装置の効率を向上させる技術が提案されている。一方、特許文献4には、自然エネルギー利用発電システムにおいて、発電手段(太陽光発電、風力発電)で発電した余剰の電力を電熱体で熱に変換し蓄熱手段(電気温水器)に蓄えることで、発電電力を熱エネルギーとして有効に活用する技術が提案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、風力発電システムに関する。特に、風力を利用して電気と熱の両方で発電でき、電力需要に応じた発電電力の制御が可能で、風力エネルギーを有効に利用できる風力発電システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
風車と、
前記風車の回転軸に連結される誘導回転機と、
前記誘導回転機に励磁電流を供給する電力変換装置と、
前記誘導回転機で発生した熱を受け取る熱媒体を流通させる熱媒体流通機構と、
前記熱媒体流通機構に流通する前記熱媒体の熱を蓄える蓄熱器と、
前記蓄熱器に蓄えられた前記熱媒体の熱を電気に変換する熱発電機と、
電力系統の電力需要に応じて、前記励磁電流を制御する電機子制御部と、を備え、
前記誘導回転機は、
界磁鉄心とその周囲に配置された界磁導体を有する界磁と、
前記界磁に対して間隔をあけて配置され、前記界磁に対向する突極を有する電機子鉄心とその突極に巻回された電機子巻線を有する電機子とを備え、
前記電機子制御部は、
前記励磁電流として前記電力系統から無効電流を供給する制御により、前記誘導回転機を発電機として動作させる発電モード制御と、
前記励磁電流として負荷トルクを生じるすべりとなるトルク電流を供給する制御により、前記誘導回転機を発熱機として動作させる発熱モード制御との一方又は両方を行う風力発電システム。

【請求項2】
 
前記電機子制御部は、前記発熱モード制御において、前記トルク電流を直流又は交流に制御する請求項1に記載の風力発電システム。

【請求項3】
 
前記電機子制御部は、前記発熱モード制御において、前記トルク電流を定格トルクから停動トルクまでとなる周波数の交流に制御する請求項1に記載の風力発電システム。

【請求項4】
 
前記誘導回転機を収納する断熱容器を備え、
前記熱媒体流通機構が、前記断熱容器内に前記熱媒体を流通させる請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の風力発電システム。

【請求項5】
 
前記電力系統の電力需要に応じて、前記熱発電機の発電電力を制御する電力制御部を備える請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の風力発電システム。

【請求項6】
 
前記界磁導体がかご形導体である請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の風力発電システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013176088thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close