Top > Search of Japanese Patents > AXIAL FORCE MEASUREMENT METHOD FOR GROUND ANCHOR

AXIAL FORCE MEASUREMENT METHOD FOR GROUND ANCHOR

Patent code P180015528
File No. 4797
Posted date Nov 21, 2018
Application number P2014-234437
Publication number P2016-099153A
Patent number P6419543
Date of filing Nov 19, 2014
Date of publication of application May 30, 2016
Date of registration Oct 19, 2018
Inventor
  • (In Japanese)塩谷 智基
  • (In Japanese)藤原 優
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)西日本高速道路株式会社
Title AXIAL FORCE MEASUREMENT METHOD FOR GROUND ANCHOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a measurement method for an axial force of a ground anchor capable of easily measuring the axial force for many ground anchors without requiring a large-scale device.
SOLUTION: An axial force measurement method, for a ground anchor used for stabilization of a slope or the like, comprises the steps of: measuring the position, size, and area of an anchor hole on a bearing plate by oscillating ultrasonic waves at a lateral surface of the bearing plate; calculating a bearing area at which an anchor head installed on a head of the ground anchor, and the bearing plate are in contact; measuring reflected waves at plural points on an upper surface of the anchor head by oscillating ultrasonic waves toward the bearing plate; calculating stresses of the anchor head at the plural points from an amplitude of reflected waves; calculating an average stress by averaging stresses at the plural points; and calculating an axial force from the product of the bearing area and the average stress.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

斜面を安定化する方法として、図1に示すグラウンドアンカー工法が知られている。
グラウンドアンカー工法は、アンカー体31をセメントグラウト37によって地中に拘束し、自由長部32に軸力(引張り力)を付与した状態でアンカー頭部33やくさび34を介して支圧板35および受圧板36に定着することにより、斜面内部に圧縮力を与えて安定化するものである。
グラウンドアンカーは高度経済成長期より大量に打設されており、その数は、高速道路沿いの斜面を中心に12万本以上に達している。
現在、多数のグラウンドアンカーは施工から数十年を迎え、機能が低下しているものも多く、維持管理を行うためには残存緊張力(軸力)の測定が必要となる。
グラウンドアンカーの軸力の測定方法としては、従来のリフトオフ試験に代わるものとして、超音波による透過法が検討されている。
透過法はアンカー頭部33に自由長部32の軸とは垂直な方向に超音波を送信し、その対面で透過波を受信するものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、斜面の安定化などに用いるグラウンドアンカーの軸力を測定する方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ラウンドアンカーの軸力測定方法であって、
支圧板の側面で超音波を発振して、前記支圧板に設けた支圧板孔の位置、寸法および面積を測定し、
測定された前記支圧板孔の位置、寸法および面積を用いて、前記グラウンドアンカーの頭部に設けたアンカー頭部と前記支圧板とが接触している、支圧面積を算出し、
アンカー頭部の上面の複数点で、超音波を支圧板方向に発振して反射波を計測し、
前記反射波の振幅から、前記複数点における前記アンカー頭部の応力を算出し、
前記複数点の応力を平均して、平均応力を算出し、
前記支圧面積と前記平均応力の積から軸力を算出する、
グラウンドアンカーの軸力測定方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載のグラウンドアンカーの軸力測定方法において、
前記複数点の反射波のうち、受圧板表面からの反射波が計測できない点の反射波の値を、平均応力の算出時に除外することを特徴とする、
グラウンドアンカーの軸力測定方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014234437thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close