Top > Search of Japanese Patents > LABELING METHOD OF MEMBRANE PROTEIN OF CELL, CATALYST COMPOUND, AND LABELLED CELL

LABELING METHOD OF MEMBRANE PROTEIN OF CELL, CATALYST COMPOUND, AND LABELLED CELL

Patent code P180015533
File No. 4698
Posted date Nov 21, 2018
Application number P2014-178679
Publication number P2016-053485A
Patent number P6454105
Date of filing Sep 3, 2014
Date of publication of application Apr 14, 2016
Date of registration Dec 21, 2018
Inventor
  • (In Japanese)林 隆宏
  • (In Japanese)高岡 洋輔
  • (In Japanese)浜地 格
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title LABELING METHOD OF MEMBRANE PROTEIN OF CELL, CATALYST COMPOUND, AND LABELLED CELL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for selectively labeling a target membrane protein on a viable cell.
SOLUTION: A method includes a process of reacting an acyl donor group represented by a catalyst compound represented by a general formula (I) and the following formula (III) Ar-X-CO-L2-Fl (III) (In the formula, Ar represents an aryl group or a hetero aromatic ring group that may be substituted. L2 represents a single bond or a bivalent linking group. Fl represents a marker group. X represents S or O.) on a cell, where Ab1 in the general formula (I) labels the membrane protein having compatibility by -CO-L2-Fl group.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

標的タンパク質のリガンドとジメチルアミノピリジン(DMAP)からなる触媒部分を含む化合物をタンパク質に作用させてリガンド-タンパク質複合体を形成し、前記触媒の基質であるプローブ含有化合物を添加してプローブにより標的タンパク質を標識する触媒型ラベル化法が知られている(非特許文献1)。また、リガンドに代えて糖タンパク質の糖鎖を認識するレクチンを触媒部分と適当なリンカーを介して結合した化合物を用いて糖タンパク質を標識化する方法が知られている(非特許文献2)。

これらの方法は、リガンド又は糖鎖を有する標的タンパク質には適用可能であるが、適当なリガンド又は糖鎖を持たないタンパク質を選択的に標識することはできない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、細胞の膜蛋白質の標識方法、触媒化合物及び標識された細胞に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一般式(I)
【化1】
 
(省略)
(式中、Ab1-S-は、ジスルフィド結合に関与しない-SH基を有するシステイン残基を有するscFvまたはアフィボディ(Ab1-SH)からHが脱離した基を示す。L1は単結合又は2価の連結基を示す。Zは下記式(II)
【化2】
 
(省略)
で表される触媒部分(moiety)を少なくとも1つ含む基である)で表される触媒化合物と下記式(III)
Ar-X-CO-L2-Fl (III)
(式中、Arは置換されていてもよいアリール基若しくはヘテロ芳香環基を示す。L2は単結合又は2価の連結基を示す。Flは標識基を示す。XはS又はOを示す。)
で表されるアシルドナー化合物を細胞に作用させる工程を含む、一般式(I)中のAb1が親和性を有する膜たんぱく質を-CO-L2-Fl基で標識する方法。

【請求項2】
 
Z基が下記式(IIIa)で示される基である請求項1に記載の方法。
【化3】
 
(省略)

【請求項3】
 
一般式(I)
【化4】
 
(省略)
(式中、Ab1-S-は、ジスルフィド結合に関与しない-SH基を有するシステイン残基を有するscFvまたはアフィボディ(Ab1-SH)からHが脱離した基を示す。Lは単結合又は2価の連結基を示す。Zは下記式(II)
【化5】
 
(省略)
で表される触媒部分(moiety)を少なくとも1つ含む基である)で表される触媒化合物。

【請求項4】
 
前記Lが、2価の連結基を示す、請求項3に記載の触媒化合物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014178679thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close