Top > Search of Japanese Patents > POLYMER ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

POLYMER ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings

Patent code P180015538
File No. 4588
Posted date Nov 21, 2018
Application number P2014-137136
Publication number P2016-014105A
Date of filing Jul 2, 2014
Date of publication of application Jan 28, 2016
Inventor
  • (In Japanese)植村 卓史
  • (In Japanese)北川 進
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title POLYMER ALLOY AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a polymer alloy compatibilized at a molecular level and a method for producing the same.
SOLUTION: The method for producing a polymer alloy compatibilized at a molecular level comprises the following steps: a step 1 of charging a first monomer in pores of a porous metal complex; a step 2 of polymerizing the monomer in part of the pores; a step 3 of removing an unreacted monomer; a step 4 of charging a next monomer in pores from which the unreacted monomer has been removed; a step 5 of polymerizing the monomer in the pore partially or completely; a step 6 of repeating steps 3 to 5 for necessary times when there ia an unreacted monomer after the step 5; and a step 7 of recovering a polymer alloy by destroying a structure of the porous metal complex.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

複数のポリマーをアロイ化することで、機能の向上や創発的な物性が期待されるが、ほとんどのポリマーの組み合わせでは分子レベルで相溶化しない。一方、金属イオンと有機配位子からなる多孔性金属錯体の細孔を重合反応場として利用することで、得られるポリマーの一次構造や集積構造の制御ができることが報告されている(特許文献1~4)。しかしながら、特許文献1~4は、分子レベルで相溶化したポリマーアロイを得る方法は開示していない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はポリマーアロイ及びその製造方法に関し、詳しくは分子レベルで相溶化したポリマーアロイ及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
以下の工程を含む、分子レベルで相溶化したポリマーアロイの製造方法:
工程1:多孔性金属錯体の細孔内に最初のモノマーを充填する工程
工程2:一部の細孔内のモノマーを重合する工程
工程3:未反応のモノマーを除去する工程
工程4:未反応のモノマーが除去された細孔内に次のモノマーを充填する工程
工程5:細孔内のモノマーを部分的又は完全に重合する工程、
工程6:工程5の後で未重合のモノマーがある場合、工程3~工程5を必要な回数だけ繰り返す工程
工程7:多孔性金属錯体の構造を壊してポリマーアロイを回収する工程。

【請求項2】
 
多孔性金属錯体の細孔内に2種以上のポリマーが収容されてなる、多孔性金属錯体とポリマーの複合体。

【請求項3】
 
請求項2に記載の複合体において、多孔性金属錯体の構造を壊してポリマーアロイを回収することを特徴とする、分子レベルで相溶化したポリマーアロイの製造方法。

【請求項4】
 
2種以上のポリマーが分子レベルで相溶化したポリマーアロイ。

【請求項5】
 
2種以上のポリマー間の平均距離が3nm以下である、請求項4に記載のポリマーアロイ。

【請求項6】
 
2種以上のポリマーの溶解度パラメータが5以上異なることを特徴とする、請求項4又は5に記載のポリマーアロイ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close