Top > Search of Japanese Patents > CHILDCARE WORD USE TENDENCY MEASURING APPARATUS, METHOD, AND PROGRAM

CHILDCARE WORD USE TENDENCY MEASURING APPARATUS, METHOD, AND PROGRAM

Patent code P180015554
File No. 4239
Posted date Nov 21, 2018
Application number P2014-001193
Publication number P2015-129849A
Patent number P6241821
Date of filing Jan 7, 2014
Date of publication of application Jul 16, 2015
Date of registration Nov 17, 2017
Inventor
  • (In Japanese)小林 哲生
  • (In Japanese)板倉 昭二
  • (In Japanese)池田 彩夏
Applicant
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title CHILDCARE WORD USE TENDENCY MEASURING APPARATUS, METHOD, AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To measure a childcare word use tendency from features specific to a childcare word of an input speech with high accuracy.
SOLUTION: Features (existence of the childcare word, a subject not accompanied with a particle, and a predicate not accompanied with a predicate ending) specific to a childcare word used toward an infant are detected from an input speech by a feature detection part 362. A score indicating a use tendency of the childcare word is calculated on the basis of the features specific to the detected childcare word by a score calculation part 364.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

育児語とは、養育者などが幼い子どもに向けて発する特別な語彙形式のことを言い、擬音語・擬態語、音韻反復、接尾辞付加(さん、ちゃん)などの形態的特徴を持った語がある。例えば、犬に対する「ワンワン」や、車に対する「ブッブー」は育児語の代表例である。従来、こうした育児語の使用傾向は、質問紙にある語彙リストに対しどんな語を子どもに与えているかを、養育者が1つずつ回答するという形式で測定されていた(非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、育児語使用傾向測定装置、方法、及びプログラムに係り、特に、幼い子に対して使用される育児語の使用傾向を測定する育児語使用傾向測定装置、方法、及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
入力された発話から、幼児に対して使用する育児語に特有の特徴として、
入力された前記発話における主語又は目的語に助詞が付随されていないこと、若しくは入力された前記発話における前記育児語である述部に語尾が付随されていないことと、
入力された前記発話内に存在する、予め定められた前記育児語と、
それぞれ検出する特徴検出手段と、
前記特徴検出手段により検出された前記育児語に特有の特徴の数が多いほど、育児語の使用傾向が高いことを表すスコアを算出するスコア算出部と、
を含む、育児語使用傾向測定装置。

【請求項2】
 
前記特徴検出手段は、被測定者に画像が提示されたときに前記被測定者から入力された発話から、前記画像に対して予め定められた前記育児語を検出する請求項1記載の育児語使用傾向測定装置。

【請求項3】
 
前記特徴検出手段は、被測定者に動画像が提示されたときに前記被測定者から入力された発話から、前記動画像に対して予め定められた前記育児語を検出する請求項2記載の育児語使用傾向測定装置。

【請求項4】
 
特徴検出手段と、スコア算出手段と、を含む育児語使用傾向測定装置における育児語使用傾向測定方法であって、
前記特徴検出手段は、入力された発話から、幼児に対して使用する育児語に特有の特徴として、
入力された前記発話における主語又は目的語に助詞が付随されていないこと、若しくは入力された前記発話における前記育児語である述部に語尾が付随されていないことと、
入力された前記発話内に存在する、予め定められた前記育児語と、
それぞれを検出し、
前記スコア算出手段は、前記特徴検出手段により検出された前記育児語に特有の特徴の数が多いほど、育児語の使用傾向が高いことを表すスコアを算出する
育児語使用傾向測定方法。

【請求項5】
 
コンピュータを、請求項1~3の何れか1項記載の育児語使用傾向測定装置を構成する各手段として機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014001193thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close