Top > Search of Japanese Patents > RADIO COMMUNICATION SYSTEM

RADIO COMMUNICATION SYSTEM

Patent code P180015567
File No. 5288
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2015-242046
Publication number P2017-108333A
Date of filing Dec 11, 2015
Date of publication of application Jun 15, 2017
Inventor
  • (In Japanese)藤原 純
  • (In Japanese)川田 拓也
  • (In Japanese)坂元 賢太郎
  • (In Japanese)土屋 創太
  • (In Japanese)原田 博司
  • (In Japanese)水谷 圭一
Applicant
  • (In Japanese)東京瓦斯株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title RADIO COMMUNICATION SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To suppress power consumption and to make a radio communication system immune to interference from the other system in order to perform carrier sense.
SOLUTION: A radio communication system 100 performs a communication in a RIT mode. A receiver C is brought into a reception waiting state for a period WD after a RIT Data Request Frame (frame RFc) is transmitted to a transmitter. The transmitter is brought into a reception waiting state if there are target data TDF subjected to transmitted, and transmits the target data TDF to the receiver C when the frame RFc is received from the receiver C in the reception waiting state. Before transmitting the frame RFc, the receiver C performs carrier sense CS for measuring a received radio field intensity. If the received radio field intensity exceeds a threshold value, the reception waiting state is not continued but the reception waiting state is cancelled and the present transmission of the frame RFc is stopped. The carrier sense CS is stopped until next transmission timing of the frame RFc.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ガス事業者は、需要者が消費したガスの使用量を積算するため、需要箇所にガスメータを配置している。また、近年では、ガスメータに無線機を設け、ガス事業者との間で双方向にデータ通信を行い、ガスの使用量を自動的に遠隔検針することが可能なスマートメータが脚光を浴びている。かかるスマートメータは、例えば、水道メータにも利用でき、ガスや水道などのインフラ網の安全性や利用効率を高めるための情報源としても利用できる。

また、上述したスマートメータとガス事業者とのデータ通信を実現すべく様々な手段が提案されている。例えば、スマートメータに近距離の無線機を設け、無線機同士によるマルチホップ通信を行うネットワークを構築することが考えられている。このようなマルチホップ通信に関し、例えば、RIT(Receiver Initiated Transmission)を利用した方式が検討されている(例えば、特許文献1)。このRIT方式は、受信側から送信側にRIT Data Request Frameを間欠送信し、送信側は、このFrameに同期してデータを送信する方式である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複数の無線機がRIT方式の通信を行う無線通信システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
受信機が送信機に向けて周期的にRIT Data Request Frameの送信を試みるRIT方式の通信を行う無線通信システムであって、
前記受信機は、
前記送信機に対して前記RIT Data Request Frameを送信した後、所定期間、受信待受状態となる受信側制御部を備え、
前記送信機は、
送信対象となるデータである対象データがあれば受信待受状態となり、受信待受状態において前記受信機から前記RIT Data Request Frameを受信すると、該対象データを該受信機に送信する送信側制御部を備え、
前記受信側制御部は、
前記RIT Data Request Frameの送信前に、送信に利用する周波数帯域の受信待受状態に移行することで該周波数帯域の受信電波強度を測定するキャリアセンスを行い、該周波数帯域の受信電波強度が閾値を超えていると、該受信待受状態を継続せずに該受信待受状態を解除し、今回のRIT Data Request Frameの送信を中止し、次回のRIT Data Request Frameの送信タイミングまで、該キャリアセンスを休止することを特徴とする無線通信システム。

【請求項2】
 
前記受信側制御部は、
アドレス情報として前記受信機のアドレス情報のみが含まれる前記RIT Data Request Frameを前記送信機に対して送信することを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。

【請求項3】
 
前記送信側制御部は、
前記RIT Data Request Frameを受信した後、前記対象データを送信する前に、該RIT Data Request Frameに示される前記受信機のアドレス情報を該受信機に送信し、
前記受信側制御部は、
受信待受状態において自機のアドレス情報を受信した場合にのみ、続いて送信された前記対象データを受信することを特徴とする請求項1または2に記載の無線通信システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015242046thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close