Top > Search of Japanese Patents > COMMUNICATION METHOD AND COMMUNICATION INSTRUMENT

COMMUNICATION METHOD AND COMMUNICATION INSTRUMENT foreign

Patent code P180015569
File No. 5219
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2015-215003
Publication number P2017-085512A
Date of filing Oct 30, 2015
Date of publication of application May 18, 2017
Inventor
  • (In Japanese)梅野 健
  • (In Japanese)津田 宏史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title COMMUNICATION METHOD AND COMMUNICATION INSTRUMENT foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a suitable almost periodic function code.
SOLUTION: A communication method using an almost periodic function code uses the number of almost periodic function codes corresponding to the number of users or channels for modulation in k almost periodic function codes. When K is an integer number of 1 to K, and is an identifier for identifying K almost periodic function codes, a parameter for determining each of K almost periodic function codes is expressed by δ+(k-1)/K. The K is equal to N or 2N (N is a code length of the almost periodic function code). δ is a real number which is larger than 0, and is less than 1/N.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

概周期関数は、フーリエ級数展開を一般化することによって得られる。概周期関数は、例えば、m番目の素数p(m)の1/2乗を周波数とする信号の和として構成される。このような信号は、通信で用いられたことはなかったが、非特許文献1は、通信への適用を初めて提案している。

非特許文献1は、概周期関数に基づく符号(概周期関数符号)を用いた多重アクセス通信を開示している。なお、非特許文献1では、概周期関数に基づく符号を、概周期拡散符号:APSS(Almost Periodic Spreading Sequence)と呼んでいる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、概周期関数符号を用いた通信に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
概周期関数符号を用いた通信方法であって、
K個の概周期関数符号のうち、ユーザ数又はチャネル数に応じた数の概周期関数符号を変調に用いること、
を含み、
kが、1からKまでの整数であって、前記K個の概周期関数符号を識別する識別子であるとした場合において、
前記K個の概周期関数符号それぞれを決定するパラメータは、δ+(k-1)/Kで表され、
Kは、N又は2N(Nは、前記概周期関数符号の符号長)であり、
δは、0よりも大きく、1/N未満の実数である
通信方法。

【請求項2】
 
1/4N≦δ≦3/4Nである
請求項1記載の通信方法。

【請求項3】
 
δ=1/2Nである
請求項1記載の通信方法。

【請求項4】
 
1/8N≦δ≦3/8Nである
請求項1記載の通信方法。

【請求項5】
 
δ=1/4Nである
請求項1記載の通信方法。

【請求項6】
 
5/8N≦δ≦7/8Nである
請求項1記載の通信方法。

【請求項7】
 
δ=3/4Nである
請求項1記載の通信方法。

【請求項8】
 
δは有理数である
請求項1~7のいずれか1項に記載の通信方法。

【請求項9】
 
概周期関数符号を用いた通信を行う通信機であって、
K個の概周期関数符号のうち、ユーザ数又はチャネル数に応じた数の概周期関数符号を変調に用いる変調器を備え、
kが、1からKまでの整数であって、前記N個の概周期関数符号を識別する識別子であるとした場合において、
前記K個の概周期関数符号それぞれを決定するパラメータは、δ+(k-1)/Kで表され、
Kは、N又は2N(Nは、前記概周期関数符号の符号長)であり、
δは、0よりも大きく、1/N未満の実数である
通信機。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015215003thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close