Top > Search of Japanese Patents > ZEOLITE-NANO CARBON COMPOSITE LUMINOUS BODY AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

ZEOLITE-NANO CARBON COMPOSITE LUMINOUS BODY AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

Patent code P180015573
File No. 5178
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2015-157630
Publication number P2017-036380A
Patent number P6608216
Date of filing Aug 7, 2015
Date of publication of application Feb 16, 2017
Date of registration Nov 1, 2019
Inventor
  • (In Japanese)山根 康之
  • (In Japanese)田中 秀樹
  • (In Japanese)宮原 稔
Applicant
  • (In Japanese)大阪ガスケミカル株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title ZEOLITE-NANO CARBON COMPOSITE LUMINOUS BODY AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel zeolite-nano carbon luminous body with easy manufacturing operation having excellent luminous property and a manufacturing method therefor.
SOLUTION: There is provided a zeolite-nano carbon luminous body containing a zeolite skeleton and nano carbon with carbon content of 10 wt.% or less based on whole zeolite-nano carbon luminous body, where the nano carbon contains an oxygen atom. There is provided a manufacturing method of the zeolite-nano carbon luminous body with a simple manufacturing method by chemical vapor phase depositing an organic article to zeolite.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

カーボンナノチューブ、コロネン程度のサイズのグラフェン等のナノカーボンは、紫外光を照射することで蛍光を発することが知られており、近年、ナノカーボンを利用した発光体に関する研究が盛んに行われている。しかし、網面サイズが過度に成長したものや網面同士が凝集したものでは、十分な蛍光を得ることができない。ナノカーボンは、サイズの制御が困難であり、また、極めて凝集しやすいため、十分な蛍光を発するナノカーボンを得ることは極めて難しい。

これに対して、活性炭を過酸化水素等の薬品により酸化してナノカーボンを得る方法、及び得られたナノカーボンをポリビニルアルコール(PVA)又は樹脂等に分散して凝集を防ぐ方法が提案されている。これらの方法では、薬品による処理を必要とするため、製造における操作が煩雑となることを避けることができない。

また、メソポーラスシリカ-炭素複合体を同様に酸化処理して、シリカ壁面にナノカーボンを固定し、分散する方法も提案されている(特許文献1)。この方法でも、製造において多くの工程が必要である。加えて、この方法により得られた発光体は発光スペクトル幅が広くなるため、発光スペクトル幅を狭くすることにより単色光を得ることは困難である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ゼオライト-ナノカーボン複合発光体及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ゼオライト骨格及びナノカーボンを含むゼオライト-ナノカーボン複合発光体であって、
前記ゼオライトが、Y型ゼオライト、X型ゼオライト、A型ゼオライト、β型ゼオライト、L型ゼオライト、モルデナイト及びEMTよりなる群から選ばれる少なくとも1種であり、
前記ゼオライト-ナノカーボン複合発光体全体に対する炭素含有量が10重量%以下である、ゼオライト-ナノカーボン複合発光体

【請求項2】
 
ゼオライト骨格及びナノカーボン(ただし、カーボンナノチューブを除く)を含むゼオライト-ナノカーボン複合発光体であって、
前記ゼオライト-ナノカーボン複合発光体全体に対する炭素含有量が10重量%以下である、ゼオライト-ナノカーボン複合発光体。

【請求項3】
 
前記ナノカーボンが酸素原子を含むナノカーボンである、請求項1又は2に記載のゼオライト-ナノカーボン複合発光体。

【請求項4】
 
ゼオライトに有機物を化学気相蒸着する工程を含む、請求項1~3のいずれかに記載のゼオライト-ナノカーボン複合発光体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015157630thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close