Top > Search of Japanese Patents > CONTRADICTION CREATION DEVICE, METHOD, AND PROGRAM

CONTRADICTION CREATION DEVICE, METHOD, AND PROGRAM

Patent code P180015578
File No. 5057
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2015-179839
Publication number P2017-054434A
Patent number P6597958
Date of filing Sep 11, 2015
Date of publication of application Mar 16, 2017
Date of registration Oct 11, 2019
Inventor
  • (In Japanese)東中 竜一郎
  • (In Japanese)松尾 義博
  • (In Japanese)黒橋 禎夫
  • (In Japanese)河原 大輔
  • (In Japanese)高畠 悠
Applicant
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title CONTRADICTION CREATION DEVICE, METHOD, AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To create a new contradiction situation pair.
SOLUTION: A relation extraction unit 20 extracts a relation of a noun pair for contradiction by checking a contradiction situation pair database 18 and a noun relation database 16 and creates a relation list in which the relation of the extracted noun pair is stored. Regarding a contradiction situation pair obtained from the contradiction situation pair database 18, if the relation of a noun pair included in the contradiction situation pair is included in the relation list 22, a noun pair replacement unit 28 acquires a noun pair having the same relation with the relation of the noun pair from the noun relation database 16 and creates a contradiction situation pair by replacing the noun pair of the contradiction situation pair with the acquired noun pair. A single noun replacement unit 30 extracts a coordinate term of a shared noun that the acquired contradiction situation pair has from the noun relation database 16 and creates the contradiction situation pair by replacing the shared noun of the contradiction situation pair with the acquired coordinate term.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

自然言語処理における言語生成の分野では一貫した内容を持つ文章を生成することが重要である。しかし、コンピュータの生成する文章が一貫した内容を持つかを判定することは常識的な知識が必要となり簡単ではない。

たとえば、一貫性を欠く場合として、生成された文章に矛盾が含まれる場合がある。たとえば、「パリに行ったことがないが、エッフェル塔に登った」という文は矛盾を含んでいる。「パリに行ったことがない」ことと「エッフェル塔に登ったこと」は矛盾するからである。

このような矛盾を含む文章の生成を避けるためには、矛盾の知識を用いてチェックする必要がある。

たとえば、「パリに行ったことがない」ことと「エッフェル塔に登ったこと」が矛盾しているという知識をコンピュータが持っていれば、先の例のような文は生成されることはない。

このような矛盾知識を取得する方法論として,コーパスから自動獲得する方法(非特許文献1参照)やクラウドソーシング(インターネット上のユーザにデータ作成を依頼する手法)を用いる方法などがある(非特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、矛盾作成装置、方法、及びプログラムに係り、特に、新たな矛盾事態ペアを作成するための矛盾作成装置、方法、及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
矛盾する事態を表す文のペアである矛盾事態ペアを格納した矛盾事態ペアデータベースから、前件と後件とで共通する共有名詞を持つ矛盾事態ペアを取得する矛盾事態ペア取得部と、
名詞ペア及び前記名詞ペアの関係を格納した名詞関係データベースから、前記矛盾事態ペア取得部によって取得した矛盾事態ペアが持つ共有名詞の同位語を抽出し、前記抽出した同位語により前記矛盾事態ペアの共有名詞を置き換えることで、矛盾事態ペアを作成する単一名詞置換部と、
を含む矛盾作成装置。

【請求項2】
 
前記作成された矛盾事態ペアに含まれる前記事態を表す文の各々について、大規模テキストコーパスにおける前記事態を表す文の頻度が閾値以上であるかをチェックして、前記作成された矛盾事態ペアに含まれる前記事態を表す文の各々の頻度が閾値以上であれば、前記矛盾事態ペアが適切であると判断するチェック部を更に含む請求項1記載の矛盾作成装置。

【請求項3】
 
矛盾事態ペア取得部及び単一名詞置換部を含む矛盾作成装置における矛盾作成方法であって、
前記矛盾事態ペア取得部が、矛盾する事態を表す文のペアである矛盾事態ペアを格納した矛盾事態ペアデータベースから、前件と後件とで共通する共有名詞を持つ矛盾事態ペアを取得し、
前記単一名詞置換部が、名詞ペア及び前記名詞ペアの関係を格納した名詞関係データベースから、前記矛盾事態ペア取得部によって取得した矛盾事態ペアが持つ共有名詞の同位語を抽出し、前記抽出した同位語により前記矛盾事態ペアの共有名詞を置き換えることで、矛盾事態ペアを作成する
矛盾作成方法。

【請求項4】
 
コンピュータを、請求項1又は2記載の矛盾作成装置を構成する各部として機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015179839thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close