Top > Search of Japanese Patents > TRANSITION CONFLICT COLLECTING DEVICE, METHOD, AND PROGRAM

TRANSITION CONFLICT COLLECTING DEVICE, METHOD, AND PROGRAM

Patent code P180015582
File No. 5028
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2015-100347
Publication number P2016-218581A
Patent number P6347519
Date of filing May 15, 2015
Date of publication of application Dec 22, 2016
Date of registration Jun 8, 2018
Inventor
  • (In Japanese)東中 竜一郎
  • (In Japanese)松尾 義博
  • (In Japanese)高畠 悠
  • (In Japanese)河原 大輔
  • (In Japanese)黒橋 禎夫
Applicant
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title TRANSITION CONFLICT COLLECTING DEVICE, METHOD, AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To efficiently acquire a transition conflict pair using crowd sourcing.
SOLUTION: An assignment sentence presentation part 18 presents a screen for making a worker input a sentence indicating a situation which is requisite for the situation shown by the assignment sentence. An input part 20 receives the sentence showing the inputted requisite situation. A negative form converter 22 converts the sentence showing the inputted requisite situation into a negative form. An output part 24 outputs a pair of the sentence showing the requisite situation which is converted into the negative form and an assignment sentence as a transition conflict pair as antecedent negation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

自然言語処理における言語生成の分野では一貫した内容を持つ文章を生成することが重要である。しかし、コンピュータの生成する文章が一貫した内容を持つかを判定することは常識的な知識が必要となり簡単ではない。

たとえば、一貫性を欠く場合として、生成された文章に矛盾が含まれる場合がある。たとえば、「パリに行ったことがないが、エッフェル塔に登った」という文は矛盾を含んでいる。「パリに行ったことがない」ことと「エッフェル塔に登ったこと」は矛盾するからである。

このような矛盾を含む文章の生成を避けるためには、矛盾の知識を用いてチェックする必要がある。

たとえば、「パリに行ったことがない」ことと「エッフェル塔に登ったこと」が矛盾しているという知識をコンピュータが持っていれば、先の例のような文は生成されることはない。

このような矛盾知識を取得する方法論として,コーパスから自動獲得する方法(非特許文献1参照)やクラウドソーシング(インターネット上のユーザにデータ作成を依頼する手法)を用いる方法などがある(非特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、推移矛盾収集装置、方法、及びプログラムに係り、特に、推移矛盾ペアを収集するための推移矛盾収集装置、方法、及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
課題文が表す事態の前提となる事態を表す文をワーカーに入力させるための画面を提示する課題文提示部と、
入力された前記前提となる事態を表す文を受け付ける入力部と、
前記入力された前記前提となる事態を表す文を否定形に変換し、前記否定形に変換された前記前提となる事態を表す文と前記課題文とのペアを、前件否定となる推移矛盾ペアとして出力する否定形変換部と、
を含む推移矛盾収集装置。

【請求項2】
 
課題文が表す事態の後に通常起こる事態を表す文をワーカーに入力させるための画面を提示する課題文提示部と、
入力された前記後に通常起こる事態を表す文を受け付ける入力部と、
前記入力された前記後に通常起こる事態を表す文を否定形に変換し、前記課題文と、前記否定形に変換された前記後に通常起こる事態を表す文とのペアを、後件否定となる推移矛盾ペアとして出力する否定形変換部と、
を含む推移矛盾収集装置。

【請求項3】
 
前記課題文を過去形に変換する過去形変換部を更に含み、
前記課題文提示部は、前記過去形変換部によって過去形に変換された前記課題文が表す事態の後に通常起こる事態を表す文をワーカーに入力させるための画面を提示する請求項2記載の推移矛盾収集装置。

【請求項4】
 
課題文提示部、入力部、及び否定形変換部を含む推移矛盾収集装置における推移矛盾収集方法であって、
前記課題文提示部が、課題文が表す事態の前提となる事態を表す文をワーカーに入力させるための画面を提示し、
前記入力部が、入力された前記前提となる事態を表す文を受け付け、
前記否定形変換部が、前記入力された前記前提となる事態を表す文を否定形に変換し、前記否定形に変換された前記前提となる事態を表す文と前記課題文とのペアを、前件否定となる推移矛盾ペアとして出力する
推移矛盾収集方法。

【請求項5】
 
課題文提示部、入力部、及び否定形変換部を含む推移矛盾収集装置における推移矛盾収集方法であって、
前記課題文提示部が、課題文が表す事態の後に通常起こる事態を表す文をワーカーに入力させるための画面を提示し、
前記入力部が、入力された前記後に通常起こる事態を表す文を受け付け、
前記否定形変換部が、前記入力された前記後に通常起こる事態を表す文を否定形に変換し、前記課題文と、前記否定形に変換された前記後に通常起こる事態を表す文とのペアを、後件否定となる推移矛盾ペアとして出力する
推移矛盾収集方法。

【請求項6】
 
過去形変換部が、前記課題文を過去形に変換することを更に含み、
前記課題文提示部によって前記画面を提示することでは、前記過去形変換部によって過去形に変換された前記課題文が表す事態の後に通常起こる事態を表す文をワーカーに入力させるための画面を提示する請求項5記載の推移矛盾収集方法。

【請求項7】
 
コンピュータを、請求項1~請求項3の何れか1項記載の推移矛盾収集装置を構成する各部として機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015100347thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close