Top > Search of Japanese Patents > SURFACE MODIFICATION SUBSTRATE

SURFACE MODIFICATION SUBSTRATE

Patent code P180015591
File No. 4931
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2015-065153
Publication number P2016-183434A
Date of filing Mar 26, 2015
Date of publication of application Oct 20, 2016
Inventor
  • (In Japanese)木村 俊作
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title SURFACE MODIFICATION SUBSTRATE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel surface modification substrate capable of being used preferably when fixing a bioactive substance to a substrate, especially, making a substrate surface carry an antigen, therefore capable of being used preferably in a wide range of applications such as immunity activation, and a production method of the same.
SOLUTION: The production method of the surface modification substrate is configured to: radiate ultraviolet light to a mixture of a substrate (fibrous material), a substrate binding polymer containing a reaction unit and a cluster forming polymer unit 1, and a surface forming polymer containing a surface modification unit and a cluster forming polymer unit 2. An immunity activation material contains the surface modification group. A surface modification substrate in which the substrate binding polymer is a compound expressed by the formula (1).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

基材はその用途に応じて、種々の特性が要求される。その要求に応えるため、汎用の基材を表面修飾することで、その表面に様々な特性を付与し、その用途に適した基材を開発する方法が多く研究されている。

従来、不織布等の繊維基材を表面修飾する方法として、繊維表面からグラフト鎖を伸張させ、繊維表面を修飾する方法が知られている。該方法は、繊維表面上に固定化された開始剤からの重合反応により表面を修飾する方法(グラフトフロム法)及び予め合成したポリマーと繊維表面上に固定化した官能基とを反応により繋ぐ方法(グラフトツー法)に大別される。これらの方法のうち、特にグラフトフロム法は、ポリマーブラシ構造を繊維表面に形成できる点に特色を有している。

例えば、不織布にハロアセトアミノアルカン化剤を用いたリンカーを介して、繊維表面に抗体を担持する方法が報告されている(特許文献1)。

しかしながら、これらの方法では、表面修飾が繊維表面での重合反応又は修飾用ポリマー(グラフト鎖となるポリマー)と繊維表面との固定化反応に依存しているため、修飾膜の厚み及び構造が不均一になることを回避できない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、表面修飾基材に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
1)基材、
2)反応ユニット及び集合体形成ポリマーユニット1を有する基材結合ポリマー、並びに
3)表面修飾ユニット及び集合体形成ポリマーユニット2を有する表面形成ポリマー
を含む表面修飾基材。

【請求項2】
 
前記基材が、繊維質材料である、請求項1に記載の表面修飾基材。

【請求項3】
 
前記集合体形成ポリマーユニット1及び2が、共にステレオコンプレックスを形成している、
請求項1又は2に記載の表面修飾基材。

【請求項4】
 
前記表面修飾ユニットが、LewisYである、請求項1~5のいずれかに記載の表面修飾基材。

【請求項5】
 
請求項1~4に記載の表面修飾基材を含む、免疫賦活化材料。

【請求項6】
 
基材、基材結合ポリマー及び表面形成ポリマーを混合し、紫外線を照射する工程を含む、請求項1~4に記載の表面修飾基材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015065153thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close