Top > Search of Japanese Patents > FLOW VELOCITY MEASUREMENT SYSTEM AND PROGRAM

FLOW VELOCITY MEASUREMENT SYSTEM AND PROGRAM

Patent code P180015597
File No. 4699
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2015-219306
Publication number P2016-102785A
Date of filing Nov 9, 2015
Date of publication of application Jun 2, 2016
Priority data
  • P2014-229450 (Nov 12, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)山上 路生
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title FLOW VELOCITY MEASUREMENT SYSTEM AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a flow velocity measurement system capable of measuring easily and highly accurately flow velocity of water.
SOLUTION: A flow velocity measurement system 1 includes a measuring boat 2 having a motor 23 for moving autonomously in a place where water W flow, an output measuring part 24 for measuring an output MP of the motor 23, a ground speed measuring part 27 for measuring ground speed GS of the measuring boat 2, and a flow velocity operation part 32 for operating flow velocity of water W based on the output MP and the ground speed GS.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

河川の流量観測とそのデータベース構築は、適切な河川整備計画や治水事業を進めるにあたって必要不可欠である。また河川洪水時においては正確なダム操作が求められるため、流況のリアルタイム観測は極めて重要である。現在、実河川における流速観測は、浮子流下の目視や曳航式浮体に取り付けた計測装置による方法(浮子法)が主流である。しかしながら、台風襲来時のような暴風河川における観測作業は危険を伴い、正確かつ迅速な情報が得られないのが実情である。

これに対し、洪水流量観測の新しい手段としてビデオ画像を用いた方法が注目されている(非特許文献1)。この方法は、河川表面の波紋パターンの時空間変化より、多点における流速を同時に算出するものである。リモートコントロールによってビデオ撮影ができるため、安全かつ迅速に緊急災害時の洪水データを得ることができる。また、遠赤外線カメラを使用しているため、通常カメラでは困難であった夜間における河川表面の画像を取得して、画像を解析することにより、流速を算出することができる。これにより画像計測法の時間的な制約条件が緩和され、実用性を向上させている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、河川などの流速を計測する技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水の流速を計測する流速計測システムであって、
前記水が流れている場所を自律的に移動するための推進機構を備えた移動装置と、
前記推進機構の推進力を計測する推進力計測手段と、
前記移動装置の対地速度を計測する対地速度計測手段と、
前記推進力および前記対地速度に基づいて、前記水の流速を演算する流速演算手段と、
を備えることを特徴とする流速計測システム。

【請求項2】
 
前記流速演算手段は、前記対地速度が0であるときの前記推進力に基づいて、前記流速を演算することを特徴とする請求項1に記載の流速計測システム。

【請求項3】
 
前記推進機構は、プロペラと、前記プロペラを回転させるモータとを備え、
前記推進力計測手段は、前記モータの出力を前記推進力として計測することを特徴とする請求項1または2に記載の流速計測システム。

【請求項4】
 
前記移動装置は潜水可能であることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の流速計測システム。

【請求項5】
 
前記場所は河川であることを特徴とする請求項1~4のいずれかに記載の流速計測システム。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれかに記載の流速計測システムの前記推進力計測手段、前記対地速度計測手段および前記流速演算手段としてコンピュータを動作させるプログラム。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015219306thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close