Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)データステッチング装置、データステッチング方法、及びコンピュータプログラム

(In Japanese)データステッチング装置、データステッチング方法、及びコンピュータプログラム achieved

Patent code P180015603
File No. 4345
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2015-549192
Patent number P6508723
Date of filing Nov 20, 2014
Date of registration Apr 12, 2019
International application number JP2014080802
International publication number WO2015076343
Date of international filing Nov 20, 2014
Date of international publication May 28, 2015
Priority data
  • P2013-241001 (Nov 21, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)栗田 光樹夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title (In Japanese)データステッチング装置、データステッチング方法、及びコンピュータプログラム achieved
Abstract (In Japanese)データステッチングにおいて、接続領域の不整合を抑制する。それぞれが複数のデータ要素を有する複数のデータをステッチするためのデータステッチング装置1であって、複数のデータそれぞれを弾性体の形状のデータとみなし、複数のデータに対応する複数の弾性体それぞれに生じる弾性変形を求める処理部11を備える。弾性体の形状は、データが有する複数のデータ要素が示す値を結ぶ形状である。弾性変形は、複数のデータにおいてデータ要素の値が一致すべきデータ要素に対応した弾性体の位置において、前記位置が一致するように複数の弾性体を互いに接続することで生じる弾性変形である。処理部11は、弾性変形が生じた複数の弾性体の形状を示すデータを、複数のデータをステッチしたステッチングデータとして出力する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

計測装置の測定範囲を超える対象を計測する場合、独立した計測データをステッチング(接続)することが必要となる。
例えば、特許文献1,2は、被検面を部分的に測定した形状データをつなぎ合わせて、被検面全体の形状データを計算する方法を開示している。
また、データステッチング(データ接続)は、形状の計測データのステッチングに限らず、複数の画像データのステッチングなど、様々なデータを対象に行われる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複数のデータをステッチング(stitching)するための装置、方法、及びコンピュータプログラムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
それぞれが複数のデータ要素を有する複数のデータをステッチするためのデータステッチング装置であって、
前記複数のデータそれぞれを弾性体の形状のデータとみなし、前記複数のデータに対応する複数の弾性体それぞれに生じる弾性変形を求める処理部を備え、
前記データ要素は、サンプリングポイントを示す座標と、前記座標においてサンプリングされた値と、を含み、
前記弾性体の前記形状は、複数次元の空間において、前記データが有する複数のデータ要素が示す値を結ぶ形状であり、
前記複数次元の空間は、前記座標の座標軸方向と、サンプリングされた前記値の大きさに対応するステッチング方向と、を有し、
前記弾性変形は、前記複数のデータにおいてサンプリングされた前記値を含むデータ要素の値が一致すべきデータ要素に対応した弾性体の位置において、前記位置が一致するように前記複数の弾性体を前記ステッチング方向に変位させて互いに接続することで前記複数の弾性体それぞれに波及して前記ステッチング方向へ生じる弾性変形を含み、
前記処理部は、前記弾性変形が生じた前記複数の弾性体の形状を示すデータを、前記複数のデータをステッチしたステッチングデータとして出力する
データステッチング装置。

【請求項2】
 
前記処理部は、前記複数の弾性体それぞれの弾性率を設定するよう構成されている
請求項1記載のデータステッチング装置。

【請求項3】
 
前記処理部は、複数の弾性体それぞれに異なる弾性率を設定可能である
請求項2記載のデータステッチング装置。

【請求項4】
 
前記処理部は、前記複数のデータそれぞれの信頼度に基づいて、前記複数の弾性体それぞれの弾性率を決定するよう構成されている
請求項2又は3に記載のデータステッチング装置。

【請求項5】
 
前記処理部は、前記複数のデータのうちの少なくとも一つのデータに、前記複数のデータ要素を補間する補間データ要素を加える処理を行うよう構成され、
前記複数のデータにおいてデータ要素の値が一致すべきデータ要素は、前記補間データ要素を含む
請求項1~4のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項6】
 
前記処理部は、前記弾性変形が生じた前記複数の弾性体の内部応力を求め、前記内部応力に基づいて、前記複数のデータのうち不適切なデータを検出するよう構成されている
請求項1~5のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項7】
 
前記処理部は、前記弾性変形が生じた前記複数の弾性体の内部応力を求め、前記内部応力に基づいて、前記複数の弾性体の不適切な接続を検出する
請求項1~6のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項8】
 
前記処理部は、前記複数のデータに基づいて生成された複数の弾性体変形モデルを用いた変形解析によって、前記弾性変形を求める
請求項1~7のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項9】
 
前記複数の弾性体変形モデルそれぞれは、少なくとも曲げ変形可能な複数の要素を有して構成されている
請求項8に記載のデータステッチング装置。

【請求項10】
 
前記要素は、梁要素を含む
請求項9記載のデータステッチング装置。

【請求項11】
 
前記要素は、シェル要素を含む
請求項9記載のデータステッチング装置。

【請求項12】
 
前記変形解析は、有限要素法によって行われる
請求項8~11のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項13】
 
前記弾性変形は、少なくとも曲げ変形を含む
請求項1~12のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項14】
 
前記複数のデータは、計測対象物の表面を複数の計測パスに沿って計測して得られた複数の形状計測データであり、
前記複数のデータ要素それぞれは、前記計測パス上の計測値を示すデータ要素であり、
前記複数の計測パスそれぞれは、前記複数の計測パスに含まれる他の計測パスとの交点を有し、
前記弾性体の前記形状は、前記形状計測データが有する複数のデータ要素が示す前記計測値を結ぶ線の形状であり、
前記弾性変形は、前記交点の計測値を示すデータ要素に対応した前記弾性体の位置において、前記位置が一致するように前記複数の弾性体を接続することで生じる弾性変形である
請求項1~13のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項15】
 
前記複数のデータは、画像データであり、
前記複数のデータ要素それぞれは、画素であり、
前記複数の画像データの撮影範囲それぞれは、前記複数の画像データに含まれる他の画像データの撮影範囲との重複領域を有し、
前記弾性体の前記形状は、前記画像データが有する複数の画素が示す画素値を結ぶ面の形状であり、
前記弾性変形は、前記重複領域に含まれる画素に対応した前記弾性体の位置において、前記位置が一致するように前記複数の弾性体を接続することで生じる弾性変形である
請求項1~13のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項16】
 
前記複数のデータは、観測装置によって観測対象物を観測して得られた複数の観測データであり、
前記複数の観測データの観測範囲それぞれは、前記複数の観測データに含まれる他の観測データの観測範囲との重複領域を有する
請求項1~13のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項17】
 
前記処理部は、前記観測対象物の観測の仕方を評価する処理を行うよう構成され、
前記評価する処理は、前記複数の弾性体全体に対する固有値解析の結果に基づいて行われる
請求項1~16のいずれか1項に記載のデータステッチング装置。

【請求項18】
 
それぞれが複数のデータ要素を有する複数のデータをステッチする処理をコンピュータが行う方法であって、
前記複数のデータそれぞれを弾性体の形状のデータとみなし、前記複数のデータに対応する複数の弾性体それぞれに生じる弾性変形を求める処理を前記コンピュータが実行すること、
前記弾性変形が生じた前記複数の弾性体の形状を示すデータを、前記複数のデータをステッチしたステッチングデータとして、前記コンピュータが出力すること、
を含み、
前記データ要素は、サンプリングポイントを示す座標と、前記座標においてサンプリングされた値と、を含み、
前記弾性体の前記形状は、複数次元の空間において、前記データが有する複数のデータ要素が示す値を結ぶ形状であり、
前記複数次元の空間は、前記座標の座標軸方向と、サンプリングされた前記値の大きさに対応するステッチング方向と、を有し、
前記弾性変形は、前記複数のデータにおいてサンプリングされた前記値を含むデータ要素の値が一致すべきデータ要素に対応した弾性体の位置において、前記位置が一致するように前記複数の弾性体を前記ステッチング方向に変位させて互いに接続することで前記複数の弾性体それぞれに波及して前記ステッチング方向へ生じる弾性変形を含む
方法。

【請求項19】
 
それぞれが複数のデータ要素を有する複数のデータをステッチする処理をコンピュータに実行させるためのコンピュータプログラムであって、
前記処理は、
前記複数のデータそれぞれを弾性体の形状のデータとみなし、前記複数のデータに対応する複数の弾性体それぞれに生じる弾性変形を求めることと、
前記弾性変形が生じた前記複数の弾性体の形状を示すデータを、前記複数のデータをステッチしたステッチングデータとして出力することと、
を含み、
前記データ要素は、サンプリングポイントを示す座標と、前記座標においてサンプリングされた値と、を含み、
前記弾性体の前記形状は、複数次元の空間において、前記データが有する複数のデータ要素が示す値を結ぶ形状であり、
前記複数次元の空間は、前記座標の座標軸方向と、サンプリングされた前記値の大きさに対応するステッチング方向と、を有し、
前記弾性変形は、前記複数のデータにおいてサンプリングされた前記値を含むデータ要素の値が一致すべきデータ要素に対応した弾性体の位置において、前記位置が一致するように前記複数の弾性体を前記ステッチング方向に変位させて互いに接続することで前記複数の弾性体それぞれに波及して前記ステッチング方向へ生じる弾性変形を含む
コンピュータプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015549192thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close