TOP > 国内特許検索 > 多能性幹細胞の心筋分化を促進する化合物

多能性幹細胞の心筋分化を促進する化合物 NEW 実績あり 外国出願あり

国内特許コード P180015604
整理番号 4324
掲載日 2018年11月22日
出願番号 特願2015-536642
登録番号 特許第6333830号
出願日 平成26年9月12日(2014.9.12)
登録日 平成30年5月11日(2018.5.11)
国際出願番号 JP2014074233
国際公開番号 WO2015037706
国際出願日 平成26年9月12日(2014.9.12)
国際公開日 平成27年3月19日(2015.3.19)
優先権データ
  • 特願2013-190462 (2013.9.13) JP
発明者
  • 中辻 憲夫
  • 南 一成
  • 上杉 志成
  • 大塚 慎也
出願人
  • 国立大学法人京都大学
発明の名称 多能性幹細胞の心筋分化を促進する化合物 NEW 実績あり 外国出願あり
発明の概要 本発明は、式(II)



[式中、mは1~4であり、
16およびR17は、それぞれ独立してメトキシ基、エトキシ基、およびプロポキシ基から選択される]を有する化合物またはその塩に関する。
従来技術、競合技術の概要


心臓疾患は世界の死因1位であり、重症心不全患者においては心移植が現在唯一の治療法であるが、心移植はドナー不足という問題を抱えている。心移植に代わる治療法として、多能性幹細胞(iPS/ES細胞等)由来の心筋細胞移植が有望視されており、早急な実現化が望まれている。



iPS細胞由来の分化心筋細胞を再生医療に応用するためには、効率性と安全性向上が必須である。効率性については、分化誘導できる心筋細胞の数が少ないことや、培養液中の増殖因子などのタンパク質が非常に高価でコスト効率が悪いという問題がある。安全性については、心筋細胞の純度が低く、心筋以外の増殖性細胞が混入するため癌化リスクがあることが問題となる。



これらの問題を解決するため、本発明者らは、多能性幹細胞の心筋分化促進活性を有する化合物を開発した(特許文献1、非特許文献1)。中でも、新規化合物KY02111は、既知の心筋分化促進化合物やタンパク質と比べて非常に強い効果を有する。



KY02111は、多能性幹細胞の心筋分化促進剤として非常に有用であるが、十分な心筋分化促進効果を得るためには比較的高濃度で培養液に添加しなければならない。更なるコスト削減と安全性向上の面から、より低濃度で心筋分化促進効果を示す化合物が望ましい。

産業上の利用分野


本発明は、多能性幹細胞の心筋分化を促進する化合物およびその用途に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
式(II)
【化1】


[式中、mは1~4であり、
16およびR17は、それぞれ独立してメトキシ基、エトキシ基、およびプロポキシ基から選択される]
を有する化合物またはその塩。

【請求項2】
16がメトキシ基である、請求項1記載の化合物またはその塩。

【請求項3】
17がメトキシ基またはプロポキシ基である、請求項2記載の化合物またはその塩。

【請求項4】
mが1~3である、請求項1~3のいずれかに記載の化合物またはその塩。

【請求項5】
以下のいずれかの式を有する化合物またはその塩。
【化2】


【化3】


【化4】


【化5】



【請求項6】
請求項1~5のいずれかに記載の化合物またはその塩を含む、多能性幹細胞の心筋分化促進剤。

【請求項7】
【化6】


または
【化7】


を含む、請求項6に記載の多能性幹細胞の心筋分化促進剤。

【請求項8】
前記化合物の最終濃度が0.4~2μMとなるよう多能性幹細胞の心筋分化培地に添加される、請求項6または7に記載の多能性幹細胞の心筋分化促進剤。

【請求項9】
請求項1~5のいずれかに記載の化合物またはその塩を含む、多能性幹細胞の心筋分化促進用キット。

【請求項10】
請求項1~5のいずれかに記載の化合物またはその塩を含む培地中で多能性幹細胞を培養することを含む、多能性幹細胞を心筋細胞に分化誘導する方法。

【請求項11】
【化8】


または
【化9】


を含む培地中で多能性幹細胞を培養することを含む、請求項10に記載の方法。

【請求項12】
前記培地が前記化合物を0.4~2μMで含む、請求項10または11に記載の方法。

【請求項13】
請求項1~5のいずれかに記載の化合物またはその塩を含む培地中で多能性幹細胞を培養することを含む、多能性幹細胞から心筋細胞を製造する方法。

【請求項14】
【化10】


または
【化11】


を含む培地中で多能性幹細胞を培養することを含む、請求項13に記載の方法。

【請求項15】
前記培地が前記化合物を0.4~2μMで含む、請求項13または14に記載の方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015536642thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close