Top > Search of Japanese Patents > VOICE INTERACTION DEVICE AND AUTOMATIC INTERACTION METHOD EMPLOYING VOICE INTERACTION DEVICE

VOICE INTERACTION DEVICE AND AUTOMATIC INTERACTION METHOD EMPLOYING VOICE INTERACTION DEVICE foreign

Patent code P180015613
File No. 5559
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2016-173862
Publication number P2018-040897A
Patent number P6461058
Date of filing Sep 6, 2016
Date of publication of application Mar 15, 2018
Date of registration Jan 11, 2019
Inventor
  • (In Japanese)河原 達也
  • (In Japanese)高梨 克也
  • (In Japanese)中西 亮輔
  • (In Japanese)渡部 生聖
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)トヨタ自動車株式会社
Title VOICE INTERACTION DEVICE AND AUTOMATIC INTERACTION METHOD EMPLOYING VOICE INTERACTION DEVICE foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problem that, it may not be clearly determined from a rhythm analyzed from a speech production of a user whether a next speed production should be performed by a robot or a speed production of the user should be awaited and, in such a case, silence may be continued between both the robot and the user or speech productions of both the robot and the user are overlapped, thereby preventing the user from enjoying a smooth conversation.
SOLUTION: A voice interaction device comprises: an estimation unit for estimating whether a next user speech production should be awaited or a speech production from the device itself should be executed based on a user speech production inputted by an input unit; and a response control unit for making a response by executing at least either filler output that causes an output unit to output a filler of a filler speech production non-associated with an interaction content or a nodding action that moves a dummy head forwards and backwards in a case where the estimation unit can estimate neither that the user speech production should be awaited nor that the speech production from the device itself should be executed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ユーザが音声対話ロボットと日常会話を楽しむための技術が普及しつつある。例えば、違和感のない会話を実現するための技術として、ユーザの韻律を解析することにより、対話ロボットが適当なタイミングで相槌するものが知られている(特許文献1を参照)。また、ユーザとロボットの間で話者が交代するタイミングを模索する研究もなされている(非特許文献1を参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、音声対話装置および音声対話装置を用いた自動対話方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ユーザの発話である入力発話を入力する入力部と、前記ユーザへの発話である出力発話を出力する出力部とを有する音声対話装置であって、
前記入力部が入力した前記入力発話に基づいて、前記入力部による前記入力発話の入力を待つべきか、前記出力部による前記出力発話の出力を実行すべきかを推定する推定部と、
前記推定部が、前記入力部による前記入力発話の入力を待つべきとも、前記出力部による前記出力発話の出力を実行すべきとも推定できなかった場合に、対話内容とは関係の無い繋ぎ発声であるフィラーを前記出力部に出力させるフィラー出力、および疑似頭部を前後させる頷き動作の少なくともいずれかを実行して応答する応答制御部と
を備える音声対話装置。

【請求項2】
 
前記入力部が入力した前記入力発話の韻律を解析する解析部を備え、
前記推定部は、前記解析部が解析した前記韻律に基づいて、前記入力部による前記入力発話の入力を待つべきか、前記出力部による前記出力発話の出力を実行すべきかを推定する請求項1に記載の音声対話装置。

【請求項3】
 
前記推定部は、前記解析部が解析した前記韻律に基づいて、前記入力部による前記入力発話の入力を待つべきか、前記出力部による前記出力発話の出力を実行すべきかを推定する推定値を演算し、
前記応答制御部は、前記推定部が演算した前記推定値が、前記入力部による前記入力発話の入力を待つべきとも、前記出力部による前記出力発話の出力を実行すべきとも推定されない所定範囲に含まれる場合に、前記フィラー出力および前記頷き動作の少なくともいずれかを実行して応答する請求項2に記載の音声対話装置。

【請求項4】
 
前記応答制御部は、推定値が、前記推定値を前記出力発話の出力を実行すべき確率として表した場合の前記所定範囲に前記含まれる場合であって、前記所定範囲に設定される第1閾値よりも小さい場合には前記頷き動作を実行して応答し、前記所定範囲に設定され、前記第1閾値以上の値に設定される第2閾値よりも大きい場合には前記フィラー出力を実行して応答する請求項3に記載の音声対話装置。

【請求項5】
 
前記推定部は、前記出力部による前記出力発話の出力を実行することなく前記応答制御部が前記フィラー出力を続けて実行した場合は、前記出力発話の出力を実行すべきと推定する度合いを高くする請求項1から4のいずれか1項に記載の音声対話装置。

【請求項6】
 
前記推定部は、前記フィラー出力の実行中に前記入力部が前記入力発話を入力したことを検知した場合は、前記入力発話の入力を待つべきと推定する度合いを高くする請求項1から5のいずれか1項に記載の音声対話装置。

【請求項7】
 
ユーザの発話である入力発話を入力する入力部と、前記ユーザへの発話である出力発話を出力する出力部とを有する音声対話装置を用いた自動対話方法であって、
前記入力部が入力した前記入力発話に基づいて、前記入力部による前記入力発話の入力を待つべきか、前記出力部による前記出力発話の出力を実行すべきかを推定する推定ステップと、
前記推定ステップで、前記入力部による前記入力発話の入力を待つべきとも、前記出力部による前記出力発話の出力を実行すべきとも推定できなかった場合に、対話内容とは関係の無い繋ぎ発声であるフィラーを前記出力部に出力させるフィラー出力、および疑似頭部を前後させる頷き動作の少なくともいずれかを実行して応答する応答ステップと
を含む自動対話方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016173862thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close