Top > Search of Japanese Patents > STRUCTURE EVALUATION DEVICE, STRUCTURE EVALUATION SYSTEM, AND STRUCTURE EVALUATION METHOD

STRUCTURE EVALUATION DEVICE, STRUCTURE EVALUATION SYSTEM, AND STRUCTURE EVALUATION METHOD foreign

Patent code P180015619
File No. 5277
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2016-052944
Publication number P2017-167002A
Patent number P6571033
Date of filing Mar 16, 2016
Date of publication of application Sep 21, 2017
Date of registration Aug 16, 2019
Inventor
  • (In Japanese)高峯 英文
  • (In Japanese)渡部 一雄
  • (In Japanese)塩谷 智基
Applicant
  • (In Japanese)株式会社東芝
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title STRUCTURE EVALUATION DEVICE, STRUCTURE EVALUATION SYSTEM, AND STRUCTURE EVALUATION METHOD foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a structure evaluation device, a structure evaluation system, and a structure evaluation method with which it is possible to evaluate the stable soundness of reinforced concrete.
SOLUTION: The structure evaluation device of an embodiment includes an acquisition unit and an evaluation unit. The acquisition unit acquires shade distribution representing the intensity of a reflected wave obtained by scanning of a reinforced concrete constructed with concrete and other materials by an electromagnetic radar. The evaluation unit calculates the degree of similarity of reference distribution representing the distribution of areas near the other materials that are considered to be sound in the acquired shade distribution with distribution of areas near the other materials in the shade distribution, and thereby evaluates the soundness of the reinforced concrete.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、鉄筋コンクリート構造物(以下、「鉄筋コンクリート」という。)の非破壊検査では、電磁波レーダ法が広く用いられている。電磁波レーダ法では、電磁波レーダ装置が、電磁波パルスを鉄筋コンクリートに照射し、鉄筋コンクリート内部の鉄筋や空隙で反射された電磁波を検出する。この反射波の特性から鉄筋コンクリート内部の鉄筋や空隙などの異物の位置を検出することができる。しかしながら、従来の鉄筋コンクリートの電磁波レーダ計測結果の診断においては、経験や勘に依存する部分が大きい。そのため、定量的に安定した健全性の評価を行うことができない場合があった。なお、このような問題は、鉄筋コンクリートに限らず補強コンクリートすべてに共通する問題である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明の実施形態は、構造物評価装置、構造物評価システム及び構造物評価方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コンクリートと他の素材で構成される補強コンクリートに対する電磁波レーダの走査によって得られる反射波の強度を表す濃淡分布を取得する取得部と、
取得された前記濃淡分布から健全とみられる前記他の素材近傍の領域の分布を表す参照分布を抽出し、抽出した前記参照分布と、前記濃淡分布内の前記他の素材近傍の領域の分布との類似度を算出することによって前記補強コンクリートの健全性を評価する評価部と、
を備える構造物評価装置。

【請求項2】
 
前記評価部による評価結果と、前記濃淡分布とに基づいて前記濃淡分布内の対応する領域に対して前記評価結果に応じた表示を行うことによって得られる類似度分布を出力する出力部をさらに備える、請求項1に記載の構造物評価装置。

【請求項3】
 
前記類似度分布内のいずれかの箇所において選択がなされると、選択された箇所に関する情報を表示する表示制御部をさらに備える、請求項2に記載の構造物評価装置。

【請求項4】
 
前記評価部は、前記参照分布として一つの前記他の素材を含む一定の領域の分布を用いる場合には前記濃淡分布内の前記他の素材近傍の一定の領域の分布のうち一つの前記他の素材を含む一定の領域の分布との類似度を算出し、前記参照分布として交差する前記他の素材を含む一定の領域の分布を用いる場合には前記濃淡分布内の前記他の素材近傍の一定の領域の分布のうち交差する前記他の素材を含む一定の領域の分布との類似度を算出する、請求項1から3のいずれか一項に記載の構造物評価装置。

【請求項5】
 
前記他の素材は、前記コンクリートと誘電率が異なる素材である、請求項1から4のいずれか一項に記載の構造物評価装置。

【請求項6】
 
前記他の素材は、鉄筋である、請求項5に記載の構造物評価装置。

【請求項7】
 
前記評価部は、前記参照分布を、前記参照分布より大きい前記他の素材近傍の領域の分布と比較して相関度が最大となる領域を前記他の素材近傍の領域の分布内から探し、相関度が最大となる領域において前記参照分布と、前記濃淡分布内の前記他の素材近傍の領域の分布との前記類似度を算出する、請求項1から6のいずれか一項に記載の構造物評価装置。

【請求項8】
 
コンクリートと他の素材で構成される補強コンクリートに対する電磁波レーダの走査によって濃度分布を生成する電磁波レーダ装置と、
前記電磁波レーダ装置から濃淡分布を取得する取得部と、取得された前記濃淡分布から健全とみられる前記他の素材近傍の領域の分布を表す参照分布を抽出し、抽出した前記参照分布と、前記濃淡分布内の前記他の素材近傍の領域の分布との類似度を算出することによって前記補強コンクリートの健全性を評価する評価部と、を備える構造物評価装置と、
を備える構造物評価システム。

【請求項9】
 
コンクリートと他の素材で構成される補強コンクリートに対する電磁波レーダの走査によって得られる反射波の強度を表す濃淡分布を取得する取得ステップと、
取得された前記濃淡分布から健全とみられる前記他の素材近傍の領域の分布を表す参照分布を抽出し、抽出した前記参照分布と、前記濃淡分布内の前記他の素材近傍の領域の分布との類似度を算出することによって前記補強コンクリートの健全性を評価する評価ステップと、
を有する構造物評価方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016052944thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close