Top > Search of Japanese Patents > RADIO COMMUNICATION SYSTEM, TRANSCEIVER, AND PROGRAM

RADIO COMMUNICATION SYSTEM, TRANSCEIVER, AND PROGRAM

Patent code P180015633
File No. 5648
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2016-239288
Publication number P2018-098563A
Date of filing Dec 9, 2016
Date of publication of application Jun 21, 2018
Inventor
  • (In Japanese)藤原 純
  • (In Japanese)川田 拓也
  • (In Japanese)坂元 賢太郎
  • (In Japanese)土屋 創太
  • (In Japanese)原田 博司
  • (In Japanese)水谷 圭一
  • (In Japanese)奥村 亮太
Applicant
  • (In Japanese)東京瓦斯株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title RADIO COMMUNICATION SYSTEM, TRANSCEIVER, AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To restrain reduction in communication success rate, even if communication frequency increases.
SOLUTION: A transceiver 110a (first transceiver) includes a transmission control section becoming first reception standby state (shown by hatching) when there is an object data TDFa, i.e., data becoming transmission object, and transmitting the object data TDFa to a second transceiver, upon receiving a frame RFb from a transceiver 110b (second transceiver) in the first reception standby state, and a reception control section for transmitting a frame RFa, and becoming a second reception standby state for a prescribed period WD after transmission. The transceiver 110b includes a transmission control section becoming first reception standby state when there is an object data, and transmitting the object data TDFb to the transceiver 110a, upon receiving a frame RFa from the transceiver 110a in the first reception standby state. The reception control section transmits the frame RFa to the transceiver 110b at the transmission timing of the frame RFa, even if in the first reception standby state.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、RIT(Receiver Initiated Transmission)を利用した方式が検討されている(例えば、特許文献1)。RIT方式は、受信機から送信機にRIT Data Request Frameを周期的に送信し、送信機は、受信したRIT Data Request Frameに同期して、送信対象となる対象データを送信する方式である。

従来のCSL(Coordinated Sampled Listening)方式では、受信機が所定間隔ごとに受信待受状態となり、送信機は対象データが発生すると、所定間隔以上の期間、連続してWakeup Sequenceを送信し続ける。一方、RIT方式においては、RIT Data Request Frame同士の間隔が長くなっても、CSL方式のようにWakeup Sequenceを連続送信する必要がなく、電波帯域を占有することがない。そのため、RIT方式では、CSL方式に比べて通信成功率が向上する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複数の無線機がRIT方式の通信を行う無線通信システム、無線機、および、プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1無線機が第2無線機に周期的にRIT Data Request Frameの送信を試みるRIT方式の通信を行う無線通信システムであって、
前記第1無線機は、
送信対象となるデータである対象データがあれば第1受信待受状態となり、該第1受信待受状態において前記第2無線機から前記RIT Data Request Frameを受信すると、該対象データを該第2無線機に送信する送信制御部と、
前記RIT Data Request Frameを送信し、送信後の所定期間、第2受信待受状態となる受信制御部と、
を備え、
前記第2無線機は、
前記対象データがあれば前記第1受信待受状態となり、該第1受信待受状態において前記第1無線機から前記RIT Data Request Frameを受信すると、該対象データを該第1無線機に送信する送信制御部
を備え、
前記第1無線機の受信制御部は、
前記第1受信待受状態であっても、前記RIT Data Request Frameの送信タイミングになると、該RIT Data Request Frameを前記第2無線機に送信する無線通信システム。

【請求項2】
 
周期的にRIT Data Request Frameの送信を試みるRIT方式の通信を行う無線機であって、
送信対象となるデータである対象データがあれば第1受信待受状態となり、該第1受信待受状態において他の無線機から前記RIT Data Request Frameを受信すると、該対象データを該他の無線機に送信する送信制御部と、
前記RIT Data Request Frameを送信し、送信後の所定期間、第2受信待受状態となる受信制御部と、
を備え、
前記受信制御部は、
前記第1受信待受状態であっても、前記RIT Data Request Frameの送信タイミングになると、該RIT Data Request Frameを前記他の無線機に送信する無線機。

【請求項3】
 
周期的にRIT Data Request Frameの送信を試みるRIT方式の通信を行うコンピュータを、
送信対象となるデータである対象データがあれば第1受信待受状態となり、該第1受信待受状態において他の無線機から前記RIT Data Request Frameを受信すると、該対象データを該他の無線機に送信する送信制御部と、
前記RIT Data Request Frameを送信し、送信後の所定期間、第2受信待受状態となる受信制御部と、
して機能させ、
前記受信制御部は、
前記第1受信待受状態であっても、前記RIT Data Request Frameの送信タイミングになると、該RIT Data Request Frameを前記他の無線機に送信するプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016239288thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close