Top > Search of Japanese Patents > LACRIMAL PASSAGE IMAGING METHOD, LACRIMAL PASSAGE IMAGING DEVICE AND EYE DROPS FOR USE IN THESE

LACRIMAL PASSAGE IMAGING METHOD, LACRIMAL PASSAGE IMAGING DEVICE AND EYE DROPS FOR USE IN THESE

Patent code P180015637
File No. 5599
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2016-244978
Publication number P2018-099142A
Date of filing Dec 19, 2016
Date of publication of application Jun 28, 2018
Inventor
  • (In Japanese)藤本 雅大
  • (In Japanese)宇治 彰人
  • (In Japanese)吉村 長久
  • (In Japanese)樋渡 史子
  • (In Japanese)山田 尚史
  • (In Japanese)大林 康二
Applicant
  • (In Japanese)株式会社システムズエンジニアリング
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title LACRIMAL PASSAGE IMAGING METHOD, LACRIMAL PASSAGE IMAGING DEVICE AND EYE DROPS FOR USE IN THESE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a lacrimal passage imaging method and device that can take two-dimensional and three-dimensional tomographic images of lacrimal passages in the non-contact nor non-invasion manner and also measure a flow rate and a flow quantity of the lachrymal fluid, and thereby can be used for examination or diagnosis of various lacrimal passage diseases such as lacrimal passage obstruction, lacrimal canaliculitis and functional lacrimation, or can be used for therapeutic effect prediction (including surgery adaptive presence or absence) of the lacrimal passage diseases together, and provide eye drops for use in these.
SOLUTION: Eye drops containing a light scattering agent are used for a subject before OCT imaging and the histologic and dynamic optical coherence tomography (OCT) imaging of the eyes of the subject is performed, and then the imaging of the lacrimal passage starting from lacrimal points 12, 13 and reaching total canaliculus 16 via canaliculus 14, 15 is made possible. Also, when performing the Doppler OCT imaging, the rate of the lacrimal flow can be measured. Further, even if not using the eye drops, the palpebral conjunctiva 31 of the subject is exposed and the histologic OCT imaging is performed in a trans-conjunctive manner through the palpebral conjunctiva 31, and then the above imaging of the lacrimal passage is possible.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ヒトを例として、ヒトの涙器図を図1に示す。涙液は涙腺11で産生され眼10の表面に流入する。涙液は眼10の全体に広がり、一部が蒸発し、残りは涙道を通過して鼻腔に排出される。涙道は、上眼瞼内側部に開口した上涙点12とそれにつながる上涙小管14、下眼瞼内側部に開口した下涙点13とそれにつながる下涙小管15、上下の涙小管が合流した総涙小管16、涙嚢17、鼻涙管18から構成される。

涙道のいずれかの個所で閉塞や狭窄が生ずると、涙液が円滑に排出されず滞留するために流涙症(いわゆる涙目)となり、また涙液の滞留は常在菌の増殖・炎症を誘発し、涙小管炎、涙嚢炎、眼瞼縁炎を引き起こす。従って、涙道の状態を把握することは、流涙症やそれに付随する炎症の予防・診断にとって重要である。

涙道内腔の状態を見るためには、一般に涙道内視鏡が用いられる(例えば、特許文献1参照)。涙道内視鏡では、涙点拡張針で涙点を拡張後に、細径の内視鏡を涙道内に挿入し、通水チャネルより蒸留水(もしくは生理食塩水)を注入して内腔を強制的に確保した状態で、狭窄・閉塞の有無と涙道上皮表面を観察する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、被検体の涙道の2次元及び3次元立体断層画像を撮像し、また、撮像した画像を用いて涙液の流れの速度(流速)と流量を計測する涙道撮像方法及び涙道撮像装置、並びにこれらに用いる点眼薬に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
涙道粘膜よりも光を強く散乱する光散乱剤を含む点眼薬を被検体に点眼した後、前記被検体の涙道をオプティカル・コヒーレンス・トモグラフィー(OCT)で撮像する涙道撮像方法。

【請求項2】
 
皮膚内部組織よりも光を強く散乱する光散乱剤を含む点眼薬を被検体に点眼した後、経皮膚的に涙道をOCTで撮像する涙道撮像方法。

【請求項3】
 
涙道粘膜の10分の1以上の強度で光を散乱する光散乱剤を含む点眼薬を被検体に点眼した後、前記被検体の涙道を動的OCTで撮像する涙道撮像方法。

【請求項4】
 
涙道粘膜の10分の1以上の強度で光を散乱する光散乱剤を含む点眼薬を被検体に点眼した後、ドップラーOCTで撮像し、涙液の流速を決定する工程をさらに含む涙道撮像方法。

【請求項5】
 
被検体の涙道をOCTで経結膜的に撮像する涙道撮像方法。

【請求項6】
 
光を散乱する光散乱剤を含む請求項1から4のいずれか記載の涙道撮像方法に使用するOCT撮像用の点眼薬。

【請求項7】
 
前記光の波長が750nm~1900nmの範囲内の赤外線である請求項6に記載の点眼薬。

【請求項8】
 
使用する光の波長が750nm~1900nmの範囲内にあり、被検体への照射光強度が1mW以上であり、OCTプローブの出射光の方向を両眼の中心と角膜頂点を通る面に対して、経下眼瞼結膜の撮像においては上に15度以上、経上眼瞼結膜の撮像においては下に15度以上の角度に設定できることを特徴とする涙道撮像用のOCT装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C316AA11
  • 4C316AB02
  • 4C316AB11
  • 4C316FY08
  • 4C316FZ02
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016244978thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close