Top > Search of Japanese Patents > MOVING MEANS DETERMINATION APPARATUS, MOVING MEANS DETERMINATION METHOD AND PROGRAM

MOVING MEANS DETERMINATION APPARATUS, MOVING MEANS DETERMINATION METHOD AND PROGRAM

Patent code P180015640
File No. 5564
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2016-191562
Publication number P2018-055461A
Patent number P6644362
Date of filing Sep 29, 2016
Date of publication of application Apr 5, 2018
Date of registration Jan 10, 2020
Inventor
  • (In Japanese)玉城 幹介
  • (In Japanese)木村 篤信
  • (In Japanese)本田 新九郎
  • (In Japanese)松中 亮治
  • (In Japanese)大庭 哲治
  • (In Japanese)中川 大
  • (In Japanese)鈴木 義康
Applicant
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title MOVING MEANS DETERMINATION APPARATUS, MOVING MEANS DETERMINATION METHOD AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To achieve high determination accuracy in determining moving means from a moving path of an object person of behavior investigation.
SOLUTION: The moving means determination apparatus for determining moving means of an object person of behavior investigation includes: a positioning point information storage part for storing a moving path which is an aggregate of positioning points including a position coordinate positioned by a terminal of the object person of behavior investigation and positioning time; a route geographic information storage part for storing routes of the moving means; a neighbor route search part which acquires a moving path of the object person of behavior investigation from the positioning point information storage part and determines it to be a candidate route if the acquired moving path exists within a predetermined range, of routes of the route geographic information storage part; and moving means determination part for determining the moving means of the object person of behavior investigation on the basis of a travel speed calculated from the acquired moving path.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、多くの携帯端末にGPS(Global Positioning System)機能が備えられている。このGPS機能を用いて得られたデータを用いて、行動分析を行うことが検討されている(特許文献1参照)。GPS機能を用いることにより、従来のアンケート調査と比較して精度の高い行動分析が可能になる。例えば、観光客の滞在地の推定や観光客が移動に利用した移動手段を判定することが可能になる。

特許文献1では、GPS等で記録された移動軌跡において、測定値間の速度を予め定めた閾値と比較して移動手段を判定している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、移動手段判定装置、移動手段判定方法及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
行動調査対象者の移動手段を判定する移動手段判定装置であって、
前記行動調査対象者の端末により測位された位置座標及び測位時刻を含む測位点の集合である移動軌跡を蓄積する測位点情報蓄積部と、
移動手段の路線ルートを蓄積する路線地理情報蓄積部と、
移動手段の時刻表情報を蓄積する路線時刻表情報蓄積部と、
前記測位点情報蓄積部から前記行動調査対象者の移動軌跡を取得し、前記路線地理情報蓄積部の路線ルートの中で、予め定めた範囲に前記取得した移動軌跡が存在する場合、候補路線ルートと判断する近傍路線探索部と、
予め算出された移動手段を判定するための閾値と、前記取得した移動軌跡から算出される移動速度に基づいて、前記行動調査対象者の移動手段を判定する移動手段判定部と、
を有し、
前記候補路線ルートにバスの路線ルートが含まれる場合、
前記移動手段判定部は、前記路線時刻表情報蓄積部から前記候補路線ルートの時刻表を取得し、前記候補路線ルートにおいて前記行動調査対象者が存在する区間の表定速度が全区間の表定平均速度より遅い場合、前記移動手段を判定するための閾値に係数を乗算し、前記行動調査対象者の移動手段がバスであるか徒歩であるかを判定する、移動手段判定装置。

【請求項2】
 
前記候補路線ルートに鉄道及びバスの路線ルートが含まれる場合、
前記移動手段判定部は、前記取得した移動軌跡から候補路線ルートまでの距離に基づいて、前記行動調査対象者の移動手段を判定する、請求項1に記載の移動手段判定装置。

【請求項3】
 
前記移動手段判定部は、前記行動調査対象者の端末に備えられた加速度計のデータから、移動手段が徒歩である可能性を推定し、前記行動調査対象者の移動手段が前記候補路線ルートの移動手段であるか徒歩であるかを判定する、請求項1又は2に記載の移動手段判定装置。

【請求項4】
 
行動調査対象者の移動手段を判定する移動手段判定装置における移動手段判定方法であって、
前記行動調査対象者の端末により測位された位置座標及び測位時刻を含む測位点の集合である移動軌跡を測位点情報蓄積部に蓄積するステップと、
移動手段の路線ルートを路線地理情報蓄積部に蓄積するステップと、
移動手段の時刻表情報を路線時刻表情報蓄積部に蓄積するステップと、
前記測位点情報蓄積部から前記行動調査対象者の移動軌跡を取得し、前記路線地理情報蓄積部の路線ルートの中で、予め定めた範囲に前記取得した移動軌跡が存在する場合、候補路線ルートと判断するステップと、
予め算出された移動手段を判定するための閾値と、前記取得した移動軌跡から算出される移動速度に基づいて、前記行動調査対象者の移動手段を判定するステップと、
を有し、
前記候補路線ルートにバスの路線ルートが含まれる場合、
前記判定するステップにおいて、前記路線時刻表情報蓄積部から前記候補路線ルートの時刻表を取得し、前記候補路線ルートにおいて前記行動調査対象者が存在する区間の表定速度が全区間の表定平均速度より遅い場合、前記移動手段を判定するための閾値に係数を乗算し、前記行動調査対象者の移動手段がバスであるか徒歩であるかを判定する、移動手段判定方法。

【請求項5】
 
行動調査対象者の移動手段を判定する移動手段判定装置として、コンピュータを機能させるためのプログラムであって、当該コンピュータを、
前記行動調査対象者の端末により測位された位置座標及び測位時刻を含む測位点の集合である移動軌跡を蓄積する測位点情報蓄積手段、
移動手段の路線ルートを蓄積する路線地理情報蓄積手段、
移動手段の時刻表情報を蓄積する路線時刻表情報蓄積手段、
前記測位点情報蓄積手段から前記行動調査対象者の移動軌跡を取得し、前記路線地理情報蓄積手段の路線ルートの中で、予め定めた範囲に前記取得した移動軌跡が存在する場合、候補路線ルートと判断する近傍路線探索手段、及び
予め算出された移動手段を判定するための閾値と、前記取得した移動軌跡から算出される移動速度に基づいて、前記行動調査対象者の移動手段を判定する移動手段判定手段、
として機能させ
前記候補路線ルートにバスの路線ルートが含まれる場合、
前記移動手段判定手段は、前記路線時刻表情報蓄積手段から前記候補路線ルートの時刻表を取得し、前記候補路線ルートにおいて前記行動調査対象者が存在する区間の表定速度が全区間の表定平均速度より遅い場合、前記移動手段を判定するための閾値に係数を乗算し、前記行動調査対象者の移動手段がバスであるか徒歩であるかを判定する、プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016191562thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close