Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING SiC SINTERED BODY

METHOD FOR PRODUCING SiC SINTERED BODY

Patent code P180015657
File No. 5413
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2016-116796
Publication number P2017-222520A
Date of filing Jun 13, 2016
Date of publication of application Dec 21, 2017
Inventor
  • (In Japanese)鹿野 文寿
  • (In Japanese)兵藤 義浩
  • (In Japanese)垣内 一雄
  • (In Japanese)小此木 一成
  • (In Japanese)檜木 達也
  • (In Japanese)近藤 創介
Applicant
  • (In Japanese)東芝エネルギーシステムズ株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title METHOD FOR PRODUCING SiC SINTERED BODY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a SiC sintered body, in which corrosion resistance can be improved.
SOLUTION: The method for producing a SiC sintered body includes a slurry production step and a sintering step. In the method, slurry including a SiC powder and a sintering aid powder is produced in the slurry production step, and a SiC sintered body is obtained by sintering the slurry in the sintering step. The sintering aid powder includes Al2O3 and Y2O3, and the weight X of Al2O3 and the weight Y of Y2O3 have a relationship represented by the following Expression (A): 37/63≤X/Y≤44/56 (Expression (A)).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

SiC/SiC複合材は、SiC繊維とSiCマトリクス等とによって構成されたセラミックス基繊維複合材料であって、強度が高く、靭性、耐熱性、および、耐食性が優れる。このため、SiC/SiC複合材などのSiC焼結体は、原子力エネルギーシステムおよび核融合エネルギーシステムなどの各システムを構成する構造物に適用されることが期待されている。

SiC焼結体の製造方法は、主に、CVD法(化学気相蒸着法)、PIP法(ポリマー溶融含浸熱分解法)、RS法(反応焼結法)、LPS法(液相焼結法)である。このうち、LPS法は、成形体に機械的加圧を高温で行うことによってSiC焼結体を形成する方法であって、緻密なSiC焼結体を比較的に短時間で合成することが可能である。

SiCは、共有結合性が高い化合物であって、難焼結性である。このため、SiC焼結体を形成する際には、SiC焼結体を緻密にするために、一般に、焼結助剤(液相焼結助剤)が用いられている。たとえば、Al-B-C系の粉末、Y2O3(イットリア)-Al2O3(アルミナ)系の混合粉末などが、焼結助剤として用いられる。

Y2O3-Al2O3系の混合粉末は、焼結温度を低下させるために、Y2O3とAl2O3とが共晶点(1760℃)で共晶する組成であって、60重量%のY2O3と40重量%のAl2O3とが混合されている。Y2O3-Al2O3系の混合粉末の反応生成物は、主に、YAG(イットリウム・アルミニウム・ガーネット(Y3Al5O12))、および、Al2O3である。反応生成物において、両者の割合は、YAGが68.8mol%であり、Al2O3が31.2mol%である。反応生成物において、Al2O3は、YAGよりも耐食性が低いため、SiC焼結体の耐食性を低下させる要因になることをわれわれは見出した。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明の実施形態は、SiC焼結体の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
SiC粉末と焼結助剤粉末とを含むスラリーを作製するスラリー作製工程と、
前記スラリーを焼結することによってSiC焼結体を得る焼結工程と
を有し、
前記スラリーにおいて、前記焼結助剤粉末は、Al2O3とY2O3とを含み、Al2O3の重量XとY2O3の重量Yとが下記式(A)に示す関係にある SiC焼結体の製造方法。
37/63≦X/Y≦44/56 ・・・式(A)

【請求項2】
 
SiC繊維の表面にSiCアモルファス層をポリマー溶融含浸熱分解法で形成するSiCアモルファス層形成工程
を含み、
前記焼結工程では、前記SiCアモルファス層の表面に前記スラリーを設けた後に当該スラリーを焼結することによってSiCモノリシック層を形成すると共に、前記SiCアモルファス層が結晶化する、
請求項1に記載のSiC焼結体の製造方法。

【請求項3】
 
前記SiC焼結体が原子炉の材料として使用される、
請求項1または2に記載のSiC焼結体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016116796thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close