Top > Search of Japanese Patents > HEAT SEPARATION METHOD, HEAT RECOVERY METHOD, GAS-HEAT SEPARATION METHOD, GAS-HEAT SEPARATION AND RECOVERY METHOD, HEAT SEPARATION DEVICE, GAS-HEAT SEPARATION DEVICE, GAS-HEAT SEPARATION AND RECOVERY DEVICE, AND FUSION DEVICE

HEAT SEPARATION METHOD, HEAT RECOVERY METHOD, GAS-HEAT SEPARATION METHOD, GAS-HEAT SEPARATION AND RECOVERY METHOD, HEAT SEPARATION DEVICE, GAS-HEAT SEPARATION DEVICE, GAS-HEAT SEPARATION AND RECOVERY DEVICE, AND FUSION DEVICE

Patent code P180015672
File No. 5332
Posted date Nov 22, 2018
Application number P2016-046149
Publication number P2017-161364A
Patent number P6750777
Date of filing Mar 9, 2016
Date of publication of application Sep 14, 2017
Date of registration Aug 17, 2020
Inventor
  • (In Japanese)興野 文人
  • (In Japanese)笠田 竜太
  • (In Japanese)小西 哲之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title HEAT SEPARATION METHOD, HEAT RECOVERY METHOD, GAS-HEAT SEPARATION METHOD, GAS-HEAT SEPARATION AND RECOVERY METHOD, HEAT SEPARATION DEVICE, GAS-HEAT SEPARATION DEVICE, GAS-HEAT SEPARATION AND RECOVERY DEVICE, AND FUSION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a heat separation method, a heat recovery method, a gas-heat separation method, a gas-heat separation and recovery method, a heat separation device, a gas- heat separation device, a gas-heat separation and recovery device, and a fusion device which can prevent or avoid corrosion of a device and penetration of radioactive substances.
SOLUTION: The fusion device according to the present invention includes the gas-heat separation device (container 13) according to the present invention. The gas-heat separation device according to the present invention can separate and recover tritium and includes a nuclear fusion plasma 11 for nuclear-fusing the recovered tritium.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

核融合装置に於いては発生する熱エネルギーのみならず運転時に生成される燃料トリチウムを媒体である液体金属から抽出する必要がある。また熱エネルギーの回収効率及び液体金属の融点の制約から生成媒体の運転温度は最低でも300℃以上、一般的な設計では500℃以上の高温が必要である(例えば、非特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、熱分離方法、熱の回収方法、気体および熱の分離方法、気体および熱の分離回収方法、熱分離装置、気体および熱分離装置、気体および熱分離回収装置、ならびに核融合装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
真空中に形成または真空中に射出された液滴からのふく射熱放射によって、液の保持する熱を液滴と分離する熱分離工程と、
前記ふく射熱放射によって前記液滴と分離された前記熱を回収する熱回収工程とを含み、
前記熱分離工程により分離した熱を、前記熱回収工程において、前記真空の周囲の壁面を介して熱媒体に吸収させ、前記熱媒体とともに回収することを特徴とする、熱の分離回収方法。

【請求項2】
 
前記液滴が、金属の液滴である請求項1記載の熱分離回収方法。

【請求項3】
 
前記液滴が、リチウム含有液体の液滴である請求項1または2記載の熱分離回収方法。

【請求項4】
 
前記液滴が、リチウム鉛(PbLi)の液滴である請求項1から3のいずれか一項に記載の熱分離回収方法。

【請求項5】
 
前記液滴が、伝熱液体の液滴である請求項1記載の熱分離回収方法。

【請求項6】
 
前記伝熱液体が、溶融塩または有機液体である請求項5記載の熱分離回収方法。

【請求項7】
 
前記熱媒体が、ヘリウムである請求項1から6のいずれか一項に記載の熱分離回収方法。

【請求項8】
 
真空中に形成または真空中に射出された液滴中に溶存している気体を、前記気体の拡散放出により前記液滴から分離回収する気体分離回収方法と、請求項1から7のいずれか一項に記載の熱分離回収方法とを同一の反応系中で行なうことにより、前記液滴から前記気体および前記熱をそれぞれ個別に分離し、さらに、前記気体と前記熱とが分離された状態でそれぞれを個別に回収することを特徴とする、気体および熱の分離回収方法。

【請求項9】
 
請求項1から7のいずれか一項に記載の熱分離回収方法を行なう熱分離回収手段を含むことを特徴とする、熱分離回収装置。

【請求項10】
 
請求項8記載の気体および熱の分離回収方法を行なう気体および熱分離回収手段を含むことを特徴とする、気体および熱の分離回収装置。

【請求項11】
 
請求項10記載の気体および熱分離回収装置を含み、
前記気体および熱分離回収装置が、トリチウムを分離回収可能であり、
さらに、前記回収トリチウムを核融合させる核融合プラズマを含むことを特徴とする、
核融合装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016046149thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close