Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PREPARING COLLAGEN TUBE

METHOD FOR PREPARING COLLAGEN TUBE (Patent unpublished to the public) NEW_EN meetings

Patent code P180015745
File No. P18-006
Posted date Dec 26, 2018
Application number P2018-093710
Date of filing May 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)山田真澄
  • (In Japanese)関 実
  • (In Japanese)鵜頭理恵
  • (In Japanese)佐伯琴音
  • (In Japanese)矢嶋祐也
  • (In Japanese)榎本紗希子
Applicant
  • Chiba University
Title METHOD FOR PREPARING COLLAGEN TUBE (Patent unpublished to the public) NEW_EN meetings
Abstract (In Japanese)
【課題】
 直径が100マイクロメートル程度以下であり、さらに厚みが20マイクロメートル以下であり、さらに細胞を内腔に生きたまま導入できるコラーゲンチューブを簡便に作製かつ再現性良く作製する新規手法を提供する。
【解決手段】
 少なくとも4つの導入口および少なくとも1つの排出口を有する流路構造Xに対して、4種類の水溶液A~Dをそれぞれ連続的に導入する方法であって、流路構造Xは、
流路構造Xに対して水溶液A~Dを連続的に導入した際、流れ方向に垂直な断面Sにおいて、水溶液Bが水溶液Aの外周を囲むように配置され、かつ、水溶液Cが水溶液Bの外周に少なくとも部分的に接触するように配置され、かつ、水溶液Dが水溶液Bの外周に対して接触することなく水溶液Cの外周に少なくとも部分的に接触するように配置される地点Pを少なくとも1か所有しており、さらに、水溶液Bにはコラーゲンが0.1%以上溶解されており、さらに、水溶液Dには水溶液Bをゲル化する成分が含まれている、コラーゲンチューブの作製方法を利用する。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close