TOP > クイック検索 > 国内特許検索 > A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルス感染による気管支喘息の予防又は改善剤

A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルス感染による気管支喘息の予防又は改善剤 UPDATE

国内特許コード P190015762
整理番号 H26-077
掲載日 2019年1月8日
出願番号 特願2015-057538
公開番号 特開2016-175866
出願日 平成27年3月20日(2015.3.20)
公開日 平成28年10月6日(2016.10.6)
発明者
  • 長谷川 俊史
  • 大賀 正一
  • 松重 武志
  • 岡田 清吾
  • 長谷川 明洋
出願人
  • 国立大学法人山口大学
発明の名称 A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルス感染による気管支喘息の予防又は改善剤 UPDATE
発明の概要 【課題】A(H1N1)pdm09感染による気管支喘息の予防又は改善剤や、A(H1N1)pdm09の増殖抑制剤を提供すること。
【解決手段】ロイコトリエン受容体拮抗薬を有効成分として含有する、A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルス感染による気管支喘息の予防又は改善剤や、ロイコトリエン受容体拮抗薬を有効成分として含有する、A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルスの増殖抑制剤を調製する。ロイコトリエン受容体拮抗薬を有効成分としては、プランルカスト水和物、ザフィルルカスト、又はモンテルカストナトリウムであることが好ましい。
【選択図】図5
従来技術、競合技術の概要


2009年に世界的に大流行したA(H1N1)pdm09インフルエンザウイルス(以下、単に「A(H1N1)pdm09」ともいう)感染では呼吸器症状を主訴に受診する患者が多く、ときに致命的となった。気管支喘息がその増悪因子の一つと考えられているが、その病態の詳細については未だ不明である。



本発明者らが、入院したA(H1N1)pdm09感染症例について後方視的に検討したところ、季節性インフルエンザウイルス感染症例に比し、有意に喘息発作、肺炎や無気肺等の肺合併症が多く、また通常の喘息発作症例に比し、高率に重篤な気管支喘息発作を合併していた(非特許文献1参照)。また、肺合併症を来たした全例で血清総IgE値が上昇しており、このうち約70%が気管支喘息と診断されていなかった症例や軽症例であった。



以上のことから、A(H1N1)pdm09感染においては、喘息発作の重症化が気管支喘息の重症度と関係なく生じ、たとえ軽症の気管支喘息であっても重篤な肺合併症の危険因子である可能性が示唆された。しかし、その予防法の科学的根拠は十分まだ立証されていない。



また、本発明者らは、卵白アルブミン(ovalbumin, OVA)により気管支喘息モデルマウスを作製してA(H1N1)pdm09を感染させたところ、非気管支喘息マウスに比して気管支肺胞洗浄液(BAL液)中IL-6、IL-10及びTNF-αが有意に高値であったが、IFN-γ濃度は感染気管支喘息マウスで有意に低値であることを明らかにした(非特許文献2参照)。さらに、感染気管支喘息マウスでは感染非気管支喘息マウスに比してBAL液中ウイルス力価が有意に高値であることも明らかにした(非特許文献2参照)。これらの結果は従来の季節性インフルエンザと異なっており(非特許文献3参照)、A(H1N1)pdm09に感染した気管支喘息小児の臨床所見と相関していると考えられた。



一方、ロイコトリエン受容体拮抗薬は種々の症状や呼吸機能を改善する有用な気管支喘息治療薬であり、例えば、少なくとも一つのロイコトリエンアンタゴニスト又はその薬学的に受容可能な塩の有効量と、少なくとも一つの抗ヒスタミン剤の有効量、とを混合して含有する皮膚疾患、気道疾患等の処置に有用な薬学的組成物(特許文献1参照)や、IL-9アンタゴニストとロイコトリエン調節薬とを投与する、呼吸器感染症又はその症候を管理、治療又は改善する方法(特許文献2参照)や、ロイコトリエン阻害剤と共に、セチリジン、ターフェナジン代謝産物又はノルアステミゾールをヒトに投与することを含む、ヒトの喘息又はその症状を治療または予防する方法(特許文献3~5参照)や、ロイコトリエン阻害剤と抗コリン作用薬とからなる呼吸器疾患の組成物(特許文献6参照)が知られているが、ロイコトリエン受容体拮抗薬とA(H1N1)pdm09との関係は知られていなかった。

産業上の利用分野


本発明は、ロイコトリエン受容体拮抗薬を有効成分として含有する、A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルス感染による気管支喘息の予防又は改善剤や、ロイコトリエン受容体拮抗薬を有効成分として含有する、A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルスの増殖抑制剤に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ロイコトリエン受容体拮抗薬を有効成分として含有する、A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルス感染による気管支喘息の予防又は改善剤。

【請求項2】
ロイコトリエン受容体拮抗薬がプランルカスト水和物、ザフィルルカスト、又はモンテルカストナトリウムであることを特徴とする請求項1記載のインフルエンザウイルス感染による気管支喘息の予防又は改善剤。

【請求項3】
気管支喘息が小児気管支喘息であることを特徴とする請求項1又は2記載のインフルエンザウイルス感染による気管支喘息の予防又は改善剤。

【請求項4】
ロイコトリエン受容体拮抗薬を有効成分として含有する、A(H1N1)pdm09インフルエンザウイルスの増殖抑制剤。

【請求項5】
ロイコトリエン受容体拮抗薬がプランルカスト水和物、ザフィルルカスト、又はモンテルカストナトリウムであることを特徴とする請求項4記載のインフルエンザウイルスの増殖抑制剤。

【請求項6】
気管支喘息が小児気管支喘息であることを特徴とする請求項4又は5記載のインフルエンザウイルスの増殖抑制剤。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015057538thum.jpg
出願権利状態 公開
山口TLOは平成11年11月に山口大学の教官50名の出資により設立された、リエゾン一体型のTLO活動会社です。山口大学を主とし、山口県内の大学・高専の研究成果をご紹介致します。特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close