Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ペプチド

(In Japanese)ペプチド foreign

Patent code P190015777
File No. 5339
Posted date Jan 22, 2019
Application number P2018-503332
Date of filing Feb 28, 2017
International application number JP2017007812
International publication number WO2017150536
Date of international filing Feb 28, 2017
Date of international publication Sep 8, 2017
Priority data
  • P2016-037673 (Feb 29, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)大日向 耕作
  • (In Japanese)中戸 絢也
  • (In Japanese)青木 隼人
  • (In Japanese)岩倉 浩
  • (In Japanese)鈴木 秀幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)公益財団法人かずさDNA研究所
Title (In Japanese)ペプチド foreign
Abstract (In Japanese)N末端にアミノ酸配列LIVTQTMKG(配列番号1)を有するペプチド。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

グレリンは、食欲促進作用と成長ホルモン分泌促進作用を有する消化管ホルモンである。グレリンの分泌を抑制することで、近年に社会的に問題となっている過食、肥満を制御する手段として期待されているが、これまでグレリンの分泌を抑制する手段は報告されていない。

特許文献1には、食欲抑制作用を有する消化管ホルモンであるコレシストキニン(CCK)の分泌を促進する食欲抑制ペプチドが記載されている。しかし、グレリンの分泌を抑制し、食欲を抑制できるペプチドは知られていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、新規なペプチドに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
N末端にアミノ酸配列LIVTQTMKG(配列番号1)を有するペプチド。

【請求項2】
 
牛乳βラクトグロブリンタンパク質のサーモリシン消化物に由来する、請求項1に記載のペプチド。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載のペプチドを有効成分とする医薬組成物。

【請求項4】
 
請求項1または2に記載のペプチドを有効成分とするグレリン分泌抑制剤。

【請求項5】
 
請求項1または2に記載のペプチドを含有する食品。

【請求項6】
 
請求項1または2に記載のペプチドを添加することを特徴とする食品。

【請求項7】
 
食欲抑制のための、請求項5または6に記載の食品。

【請求項8】
 
請求項1または2に記載のペプチドを必要とする患者または予備群に投与する工程を含む、食欲を抑制する方法。

【請求項9】
 
食欲を抑制するための、請求項1または2に記載のペプチド。

【請求項10】
 
食欲を抑制する医薬または食品を製造するための、請求項1または2に記載のペプチドの使用。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018503332thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close