Top > Search of Japanese Patents > BLOOD PURIFICATION DEVICE

BLOOD PURIFICATION DEVICE

Patent code P190015784
File No. S2017-0678-N0
Posted date Jan 23, 2019
Application number P2017-089961
Publication number P2018-186904A
Date of filing Apr 28, 2017
Date of publication of application Nov 29, 2018
Inventor
  • (In Japanese)佐野 吉彦
  • (In Japanese)鵜川 豊世武
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title BLOOD PURIFICATION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a blood purification device that can be carried by a patient who needs a dialysis treatment so that regular hospital visits or restriction over a long time are not required, and, therefore, a burden on the patient is reduced.
SOLUTION: A blood purification device 1 includes: a filtration part 3 for receiving blood B1 to be treated including a waste product A, and generating diluted blood B2 that does not contain a blood component BC and concentrated blood B3 that contains the blood component BC from the blood B1 to be treated respectively by ultrafiltration; and a reabsorption part 4 for discharging the diluted blood B2 whose moisture is reduced by causing the concentrated blood B3 to absorb the moisture contained in the diluted blood B2 as artificial urine U, and discharging the concentrated blood B3 that has absorbed the moisture as purified blood B4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

腎臓は、血液から老廃物や余分な水分などの人体に不要な成分を取り除く機能を有する。例えば、特許文献1に開示されている透過型濾過システムは、この機能を補助又は代替するいわゆる人工透析装置である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、血液浄化装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
除去対象成分を含む血液又は前記血液を含む液体である被処理液を受け入れて、限外濾過によって前記被処理液から前記除去対象成分を含み且つ血液成分を含まない第1処理液を生成すると共に前記血液成分を含む第2処理液を生成する濾過部と、
前記第1処理液及び前記第2処理液を受け入れて、前記第1処理液が含む水分を前記第2処理液に吸収させることにより、前記水分が減少した前記第1処理液を排液として排出すると共に前記水分を吸収した前記第2処理液を浄化血液として排出する再吸収部と、を備える、血液浄化装置。

【請求項2】
 
前記濾過部は、
前記被処理液を受け入れる受入部と、
前記第1処理液を排出する第1排出部と、
前記第2処理液を排出する第2排出部と、
前記受入部と前記第1排出部とを互いに隔てるように配置された第1処理膜と、を有し、
前記再吸収部は、
前記第1処理液を受け入れて、前記第1処理液を保持する第1保持部と、
前記第2処理液を受け入れて、前記第2処理液を保持する第2保持部と、
前記第1保持部と前記第2保持部とを互いに隔てるように配置された第2処理膜と、有し、
前記第1処理膜は、前記血液成分より小さい第1細孔を有し、前記第1細孔より小さい前記除去対象成分を前記水分と共に通過させ、
前記第2処理膜は、前記除去対象成分よりも小さい第2細孔を有し、前記第2細孔よりも小さい前記水分を通過させる、請求項1に記載の血液浄化装置。

【請求項3】
 
前記第1処理膜の分画分子量は66,000以下であり、かつ、前記第2処理膜の分画分子量は20以上100以下である請求項2に記載の血液浄化装置。

【請求項4】
 
前記第2保持部に接続されて、前記第2処理液に電解質を提供する電解質提供部をさらに備える、請求項2又は3に記載の血液浄化装置。

【請求項5】
 
前記濾過部の前記受入部に接続されて、前記被処理液に対して圧力を提供するポンプをさらに備える、請求項2~4の何れか一項に記載の血液浄化装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017089961thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close